カテゴリー別アーカイブ: work

Early Work

初期の作品 — Early Work Paul Graham, October 2020 これは、Paul Graham: Early Work を、原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。 <版権表示> 本和訳テキストの複製、変更、再配布は、この版権表示を残す限り、自由に行って結構です。 (「この版権表示」には上の文も含まれます。すなわち、再配布を禁止しては…

引用元の詳しい内容はこちら

Early Work

初期の作品 — Early Work Paul Graham, October 2020 これは、Paul Graham: Early Work を、原著者の許可を得て翻訳・公開するものです。 <版権表示> 本和訳テキストの複製、変更、再配布は、この版権表示を残す限り、自由に行って結構です。 (「この版権表示」には上の文も含まれます。すなわち、再配布を禁止しては…

引用元の詳しい内容はこちら

発達障害の僕が発見した「向いている職種」「破滅する職種」の見分け方 | 発達障害サバイバルガイド | ダイヤモンド・オンライン

1985年、北海道生まれ。ADHD(注意欠如・多動症)と診断されコンサータを服用して暮らす発達障害者。二次障害に双極性障害。 幼少期から社会適応がまるでできず、小学校、中学校と不登校をくりかえし、高校は落第寸前で卒業。極貧シェアハウス生活を経て、早稲田大学に入学。 卒業後、大手金融機関に就職するが、何ひと…

引用元の詳しい内容はこちら

証券会社の実態! 元証券マンが語る、証券マンの営業が危険である理由|株まとめ@元証券マン|note

閲覧ありがとうございます。 株まとめ@元証券マンと言います。 初めての方は、こちらの自己紹介記事をぜひご覧下さい。 普段は割安株の分析記事を中心に、ほぼ毎日記事を投稿しています。 本記事では少し趣向を変えて、元証券マンという自身の経験から考える、証券マンのセールスの危険性や問題点について解説していきた…

引用元の詳しい内容はこちら

フリーランスになる前に知っておきたいこと(2019年度版)|深津 貴之 (fladdict)|note

2014年にブログに書いていた「社員がフリーランスになる前に教えておきたいこと」の、アップデート。 1: 収入の一定パーセントを貯蓄しよう収入の10%〜20%を、お給料日に自動振り込みで貯蓄する。お金持ちになる唯一の方程式は「収入>消費」。この状態が強制的に維持されるように、仕組みを作る。これが人生を安定させる…

引用元の詳しい内容はこちら

税務署があえて言わない、年金暮らしの人が「手取り」を増やす裏ワザ(週刊現代) | マネー現代 | 講談社(1/5)

「人生100年時代」を旗印に政府は「死ぬまで働け」と音頭を取っている。折からの労働力不足もそれに拍車をかける。だが、賢く働かないと損をする。 「年金制度」変更のウソ 定年退職後、いくら働いても年金は減らしません。だから、どんどんフルタイムで働いてください――。 これがいま日本政府の発している「メッセージ…

引用元の詳しい内容はこちら

ハイテク・バブル崩壊か?卓球台が鳴らす警鐘 – WSJ

【サンフランシスコ】米ツイッターが先週発表した四半期決算は内容が冴えず、投資家を動揺させた。しかし、投資家が一つの「指標」に注目していれば、1年以上前に問題を予測できていたかもしれない。 ツイッターは2014年の終わり頃まで、カリフォルニア州サンノゼに店舗を構える「ビリヤード・ホールセール」から定期的…

引用元の詳しい内容はこちら

ハイテク・バブル崩壊か?卓球台が鳴らす警鐘 – WSJ

【サンフランシスコ】米ツイッターが先週発表した四半期決算は内容が冴えず、投資家を動揺させた。しかし、投資家が一つの「指標」に注目していれば、1年以上前に問題を予測できていたかもしれない。 ツイッターは2014年の終わり頃まで、カリフォルニア州サンノゼに店舗を構える「ビリヤード・ホールセール」から定期的…

引用元の詳しい内容はこちら

給与前払いサービスって大丈夫なのと言っている人は古い – orangeitems’s diary

給与前払いサービス 給与前払いサービスの記事を目にして、何だか悪影響をいろいろ考えだしたのですが、いろいろ調べているうちに考え方が古いことに気が付きました。 mainichi.jp 流通や製造業界などで、従業員の求めに応じて給与を前払いするサービスの利用が広がりつつある。人手不足が深刻さを増す中、貯蓄の少ない…

引用元の詳しい内容はこちら

運転手は従業員か ウーバー、事業モデル崩れるリスク (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】5月の上場を目指す米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズに新たな課題が浮上した。同社が米証券当局に提出した上場申請書類の中では、サービスを担う運転手の一部から雇用関係の認定や、損害賠償を求める訴訟を世界中で起こされている実態が明らかになった。同社は運転手を直接雇用せ…

引用元の詳しい内容はこちら