カテゴリー別アーカイブ: OECD

訂正:消費税最大26%まで引き上げを=OECD対日報告 – ロイター

[東京 15日 ロイター] – 経済協力開発機構(OECD)が15日公表した対日経済審査報告書は、日本経済の人口減少に対して警鐘を鳴らし、プライマリーバランス(財政の基礎的収支)を黒字化するためには消費税率を最大26%まで引き上げる必要があると指摘した。 4月15日、経済協力開発機構(OECD)が公…

引用元の詳しい内容はこちら

言ってはいけない!「日本人の3分の1は日本語が読めない」 | 文春オンライン

OECDによる国際調査で「先進国の成人の半分が簡単な文章を読めない」という衝撃の結果が明らかになった。人間社会のタブーを暴いた『もっと言ってはいけない』の著者が知能格差が経済格差に直結する知識社会が、いま直面しつつある危機に警鐘を鳴らす。 ◆◆◆ 「国際成人力調査」の結果概要 (1)日本人のおよそ3分の1は日…

引用元の詳しい内容はこちら

2年で3割アップの韓国最低賃金、呆れる国際機関(団藤保晴) – 個人 – Yahoo!ニュース

2年間で29%も最低賃金を上げると決めた韓国。大統領選の公約実現に突っ走る無謀さにIMFやOECDから「速すぎる」と諌める声が出ています。改定された東京の最低賃金をも上回り、日本の地方と大差になります。貧困層救済を掲げても、売上増が伴わないのに人件費だけ大幅増加すれば商品やサービスの値上げや雇っている人員…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由 | 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層 | ダイヤモンド・オンライン

くまの・ひでお/第一生命経済研究所経済調査部首席エコノミスト。 山口県出身。1990年横浜国立大学経済学部卒。90年日本銀行入行。2000年より第一生命経済研究所に勤務。主な著書に『バブルは別の顔をしてやってくる』(日本経済新聞出版社)など。
経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層
リーマンショック後の大不…

引用元の詳しい内容はこちら

2年で3割アップの韓国最低賃金、呆れる国際機関(団藤保晴) – 個人 – Yahoo!ニュース

2年間で29%も最低賃金を上げると決めた韓国。大統領選の公約実現に突っ走る無謀さにIMFやOECDから「速すぎる」と諌める声が出ています。改定された東京の最低賃金をも上回り、日本の地方と大差になります。貧困層救済を掲げても、売上増が伴わないのに人件費だけ大幅増加すれば商品やサービスの値上げや雇っている人員…

引用元の詳しい内容はこちら