カテゴリー別アーカイブ: gpif

年金支給は完全終了へ。史上空前の運用大失敗で2000万不足どころの騒ぎじゃない=今市太郎 | マネーボイス

年金運用の2018年10-12月期における分散投資で、過去に例を見ない大失敗をおかしたことが公表されました。もはや原資は残らない方向に向かっているように思われます。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎) ※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年8月22日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの…

引用元の詳しい内容はこちら

GPIF、18年度運用益2.3兆円 海外株回復が貢献  :日本経済新聞

公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が5日発表した2018年度の運用実績は2兆3795億円の黒字と、3期連続で運用益を確保した。期間の損益率はプラス1.52%(前期はプラス6.90%)となった。18年10~12月期には四半期として最大の14兆円の運用損を計上したが、期末にかけて米連邦準備理事会(FR…

引用元の詳しい内容はこちら

GPIFが14兆8000億円の損失を出したっていうけども・・・。 | 孝信’s Photoブログ

先日、GPIFが2018年度第3四半期の運用で14兆8000億円の損失を出したとニュースになった。 ツイッターでも、老後の命綱の年金がとんでもないことになったと書き込みが散見された。 投資をやったことのある人なら分かると思うけども(デイトレじゃなくて、中長期のもの。私はデイトレは投資ではなくギャンブルたと思ってい…

引用元の詳しい内容はこちら

公的年金運用損、最悪の14.8兆円 昨年10~12月(朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、昨年10~12月期で14兆8039億円の運用損が出たと発表した。四半期ベースの赤字額は過去最大。以前に比べ、年金資産に占める株式の運用比率を高める方針をとっており、株価下落の影響を受けやすくなっている。 赤字になるのは3四半期ぶり…

引用元の詳しい内容はこちら

GPIFの年金運用3か月で14兆円の損失 年金受給に影響も(マネーポストWEB) – Yahoo!ニュース

あの手この手で減らされた年金をどうすれば取り戻せるか――。国民は知恵をしぼらなくてはならないわけだが、政府はその“原資”を都合のいい「打ち出の小槌」にした挙げ句、その失敗のツケを国民に回そうとしている構図がある。 2018年末、日経平均株価は1年3か月ぶりに2万円を割り込んだが、この急落により年金資産に甚大…

引用元の詳しい内容はこちら