カテゴリー別アーカイブ: G1

【大阪杯2020】レース回顧をしてみる。

本日行われました、大阪杯2020のレース回顧をしたいと思います。さて、今週、動画にアップしたレースに関しては、湾岸ステークスの本命馬が1着、コーラルステークスの本命馬が1着、ダービー卿チャレンジトロフィーの本命馬が10着、春風ステークスの本命馬が12着、大阪杯の本命馬が2着という結果だったので5レース中3レー…

引用元の詳しい内容はこちら

【大阪杯2020】レース回顧をしてみる。

本日行われました、大阪杯2020のレース回顧をしたいと思います。さて、今週、動画にアップしたレースに関しては、湾岸ステークスの本命馬が1着、コーラルステークスの本命馬が1着、ダービー卿チャレンジトロフィーの本命馬が10着、春風ステークスの本命馬が12着、大阪杯の本命馬が2着という結果だったので5レース中3レー…

引用元の詳しい内容はこちら

【高松宮記念2020】レース回顧をしてみる。

本日行われました、高松宮記念2020のレース回顧をしたいと思います。さて、本日、動画にアップしたレースに関しては、 マーチステークスが順延、高松宮記念の本命馬が6着という結果でした。WIN5は中山が降雪のため順延になったので発売が中止になりました。そのため払い戻しがあります。※火曜日に順延になったので動画は…

引用元の詳しい内容はこちら

【高松宮記念2020予想】高松宮記念2020の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

高松宮記念2013の考察この年の1着は、ロードカナロアでした。この馬は阪急杯(G3)からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの軽い距離短縮ショックだったことになりますね。高松宮記念が年明け2戦目でした。父がキングカメハメハなのでS主体のSC(L)ですね。3連勝と勢いがある中で得意の1200…

引用元の詳しい内容はこちら

【ホープフルステークス2019】レース回顧をしてみる。

土曜日に行われました、ホープフルステークス2019のレース回顧をしたいと思います。今回、動画にアップしたレースに関しては、ベテルギウスステークスの本命馬が1着、東京大賞典の本命馬が1着、ホープフルステークスの本命馬が3着と、3レース中3レース、すべて本命馬が馬券圏内に来てくれましたので良かったと思います。…

引用元の詳しい内容はこちら

【有馬記念2019予想】有馬記念2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

有馬記念2012の考察この年の1着は、ゴールドシップでした。菊花賞(G1)からのローテーションだったので非根幹距離の3000mから非根幹距離の2500mへの距離短縮ショックだったことになりますね。有馬記念はとにかく蓄積疲労との戦いだと常々言っています。この馬は有馬記念が秋3戦目で、神戸新聞杯(G2)を1番人気1着、菊花賞(…

引用元の詳しい内容はこちら

【ジャパンカップ2019】レース回顧をしてみる。

日曜日に行われました、ジャパンカップ2019のレース回顧をしたいと思います。今回、動画にアップしたレースに関しては、キャピタルステークスの本命馬が4着、京都2歳ステークスの本命馬が2着、京阪杯の本命馬が1着、ジャパンカップの本命馬が7着と、4レース中2レース、本命馬が馬券圏内に来てくれましたのでまずまずだ…

引用元の詳しい内容はこちら

【チャンピオンズカップ2019予想】チャンピオンズカップ2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

チャンピオンズカップ2014の考察この年の、1着はホッコータルマエでした。この馬はJBCクラシック(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。チャンピオンズカップが秋2戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後…

引用元の詳しい内容はこちら

【チャンピオンズカップ2019予想】チャンピオンズカップ2019の狙い目の馬はどの馬か?レースの本質を探ってみる!

チャンピオンズカップ2014の考察この年の、1着はホッコータルマエでした。この馬はJBCクラシック(G1)からのローテーションだったので根幹距離の2000mから非根幹距離の1800mへの距離短縮ショックだったことになりますね。チャンピオンズカップが秋2戦目でした。(秋と書いていますが9月以降のレースを秋以降とします。以後…

引用元の詳しい内容はこちら

【マイルチャンピオンシップ2019】レース回顧をしてみる。

日曜日に行われました、マイルチャンピオンシップ2019のレース回顧をしたいと思います。今回、動画にアップしたレースに関しては、アンドロメダステークスの本命馬が5着、東京スポーツ杯2歳ステークスの本命馬が2着、マイルチャンピオンシップの本命馬が5着と、3レース中1レースしか本命馬が馬券圏内に来てくれませんで…

引用元の詳しい内容はこちら