カテゴリー別アーカイブ: bloomberg

ソフトバンクG、柳井社外取が退任へ-本業に専念、18年超在任 – Bloomberg

柳井氏はファーストリテイリングの会長兼社長で、ソフトバンクGの取締役を2001年6月から務めた。ソフトバンクGの広報担当者によれば、退任は柳井氏から本業に専念したいとの意向があったためという。 16年4月の日本経済新聞電子版に掲載されたインタビューでは、柳井氏はソフトバンクGの孫正義社長の投資手法につい…

引用元の詳しい内容はこちら

孫社長と銀行の蜜月に変化の兆し、ソフトバンクGの投資手法に疑念 – Bloomberg

ソフトバンクグループの孫正義社長に向けた銀行の視線が厳しくなりつつある。米ウィーワークなど新興企業投資の失敗が表面化し、10兆円規模のビジョン・ファンドを中心とした孫氏の投資手法に疑問符が付いたからだ。巨額投資を繰り広げる孫氏と金融機関の二人三脚の歩みに変化の兆しが出てきた。 ソフトバンクGは最大30…

引用元の詳しい内容はこちら

三菱商:約345億円の損失発生へー海外の原油デリバティブ取引で – Bloomberg

この社員は1月以降デリバティブ取引を繰り返しており、リスク管理システム上のデータを改ざんし、中国の顧客向けの原油取引に関連したヘッジ取引であるかのように装い発生した損失が社内で認識されなくなるようにしていたという。8月中旬以降同社員は欠勤しており、担当していた取引を精査したところ不正が判明した。 …

引用元の詳しい内容はこちら

高齢者を抱えた経済の山くだり、野村やMUFGなど老年学で対応模索 – Bloomberg

急速に高齢化が進む日本で、十数年後には高齢者に偏った約215兆円もの個人資産が凍結状態となるかもしれない。認知症の増加に伴い本人の意思確認が難しくなり、預貯金や有価証券などの資産を動かせなくなる恐れがあるためだ。危機感を持つ金融機関は、経済や株式市場への影響を回避する手立てを模索し始めている。
「も…

引用元の詳しい内容はこちら

高齢者を抱えた経済の山くだり、野村やMUFGなど老年学で対応模索 – Bloomberg

急速に高齢化が進む日本で、十数年後には高齢者に偏った約215兆円もの個人資産が凍結状態となるかもしれない。認知症の増加に伴い本人の意思確認が難しくなり、預貯金や有価証券などの資産を動かせなくなる恐れがあるためだ。危機感を持つ金融機関は、経済や株式市場への影響を回避する手立てを模索し始めている。
「も…

引用元の詳しい内容はこちら