カテゴリー別アーカイブ: biz

ビジネス特集 パナソニックはどこに向かうか? | NHKニュース

大手電機メーカー、パナソニックが揺れている。創業103年目、グループ全体で26万人が働く、日本を代表するものづくり企業だ。しかし、ここ数年、事業売却や撤退の表明が相次いでいる。会社は来年4月に経営トップが9年ぶりに交代する。そして2022年4月には持ち株会社へと移行するという。巨大メーカーは一体どこに向かう…

引用元の詳しい内容はこちら

サウジアラビア皇太子がSNKを買収、ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子が保有するゲーム会社がSNKと株式譲渡契約を締結 : チゲ速

チゲ速 格ゲーまとめサイト。eスポーツとか格ゲーム関連のネタを記事にします。「ストリートファイターV」関連のネタが多いです。

引用元の詳しい内容はこちら

サウジアラビア皇太子がSNKを買収、ムハンマド・ビン・サルマーン・アール=サウード皇太子が保有するゲーム会社がSNKと株式譲渡契約を締結 : チゲ速

チゲ速 格ゲーまとめサイト。eスポーツとか格ゲーム関連のネタを記事にします。「ストリートファイターV」関連のネタが多いです。

引用元の詳しい内容はこちら

トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘 | EVsmartブログ

トヨタ自動車の『第2四半期決算説明会』に豊田章男社長が出席。質疑応答でテスラを評した発言について、アメリカの『CleanTechnica』が「トヨタの社長はテスラとその使命を理解していない」と指摘しています。どういうことか? 電気自動車ユーザーの視点で整理してみます。 中間決算への社長出席は「異例」のこと 2020年…

引用元の詳しい内容はこちら

トヨタ中間決算での豊田章男社長の発言に「テスラを理解していない」という指摘 | EVsmartブログ

トヨタ自動車の『第2四半期決算説明会』に豊田章男社長が出席。質疑応答でテスラを評した発言について、アメリカの『CleanTechnica』が「トヨタの社長はテスラとその使命を理解していない」と指摘しています。どういうことか? 電気自動車ユーザーの視点で整理してみます。 中間決算への社長出席は「異例」のこと 2020年…

引用元の詳しい内容はこちら

「オリンパス」旧経営陣3人に594億円賠償命令判決確定 最高裁 | NHKニュース

9年前に発覚した大手精密機器メーカー「オリンパス」の巨額の損失隠しをめぐって会社や株主が旧経営陣を訴えた裁判で、最高裁判所は、双方の上告を退ける決定をし、元社長ら旧経営陣3人に594億円の賠償を命じた判決が確定しました。 オリンパスは、バブル期の投資の失敗などで生じた1000億円を超える損失を隠していたこ…

引用元の詳しい内容はこちら

ソフトバンクG、英アーム売却で米エヌビディアと交渉  :日本経済新聞

ソフトバンクグループ(SBG)が傘下の英半導体設計大手アーム売却を巡り、米半導体大手エヌビディアと交渉入りしたことが31日分かった。投資先の企業価値低迷で財務改善に取り組むSBGは資産売却を進めている。半導体設計で高いシェアを持つアームを手放せば、人工知能(AI)時代を見据えたSBGの戦略は転換を迫られる。 …

引用元の詳しい内容はこちら

マクドナルド「客単価爆上げ」の理由。6月に株価も上場来高値更新 | LIMO | くらしとお金の経済メディア

Gilmanshin / Shutterstock.com 日本マクドナルドの株価がついに上場来高値を更新 約1カ月前の6月15日、日本マクドナルドホールディングス(以下、日本マクドナルド)の株価が上場来高値(6,270円)を付けました。2001年7月の株式上場以来、約19年目での高値更新です。 6月中旬と言えば、3月の株式相場大暴落からの株価…

引用元の詳しい内容はこちら

Zoomでセミナーを見るのが、なぜか疲れる2つの理由 | 自分だけは損したくない人のための投資心理学 | ダイヤモンド・オンライン

1952年、大阪府生まれ。野村證券で個人資産運用業務や企業年金制度のコンサルティングなどに従事した後、2012年にオフィス・リベルタス設立。日本証券アナリスト協会検定会員、行動経済学会会員。資産運用やライフプラニング、行動経済学に関する講演・研修・執筆活動を行っている。『定年楽園』(きんざい)『その損の9…

引用元の詳しい内容はこちら

米テスラの時価総額、VW上回る 自動車で世界2位に (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラの時価総額が22日、独フォルクスワーゲン(VW)を超え自動車メーカーでトヨタ自動車に次ぐ世界2位になった。2019年末に世界最大のEV市場である中国で主力小型車「モデル3」の生産が始まり、成長が加速するとの期待が高まっている。欧州でも21年に新工場の…

引用元の詳しい内容はこちら