カテゴリー別アーカイブ: america

COBOLのコードは未だに我々の金を握っており、バリバリ現役である – YAMDAS現更新履歴

www.wealthsimple.com この文章は、1969年にトロントの高校を出たばかりの、特に人生の目標もなかったトーマスの話から始まる。彼の父親は大工だったが、あいにく彼は不器用ときた。そこで母親が彼に新奇なものを勧めた。「コンピュータプログラミング……とかどう?」 トーマスはカナダの大きな銀行に入行し、1978年にプ…

引用元の詳しい内容はこちら

COBOLのコードは未だに我々の金を握っており、バリバリ現役である – YAMDAS現更新履歴

www.wealthsimple.com この文章は、1969年にトロントの高校を出たばかりの、特に人生の目標もなかったトーマスの話から始まる。彼の父親は大工だったが、あいにく彼は不器用ときた。そこで母親が彼に新奇なものを勧めた。「コンピュータプログラミング……とかどう?」 トーマスはカナダの大きな銀行に入行し、1978年にプ…

引用元の詳しい内容はこちら

巨大IT産業時代の終焉なのか―中国で重大な地殻変動が起きつつある(野口 悠紀雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

中国で重大な地殻変動が起きつつあるのかもしれない。共産党内部の権力抗争ではない。共産党と新しい民間新興勢力との衝突である。これは、長期的には中国の成長の阻害要因となり、米中バランスに本質的な影響を与える可能性がある。 アントの上場中止事件 共産党と新しい民間新興勢力との確執がはっきりした形で現れた…

引用元の詳しい内容はこちら

巨大IT産業時代の終焉なのか―中国で重大な地殻変動が起きつつある(野口 悠紀雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

中国で重大な地殻変動が起きつつあるのかもしれない。共産党内部の権力抗争ではない。共産党と新しい民間新興勢力との衝突である。これは、長期的には中国の成長の阻害要因となり、米中バランスに本質的な影響を与える可能性がある。 アントの上場中止事件 共産党と新しい民間新興勢力との確執がはっきりした形で現れた…

引用元の詳しい内容はこちら

日経平均株価 終値で2万4325円 29年ぶりの高値 | 株価・為替 | NHKニュース

6日の東京株式市場は、多くの銘柄に買い注文が出て、日経平均株価の終値は2万4325円23銭と1991年11月以来、29年ぶりの高値となりました。アメリカ大統領選挙で民主党のバイデン前副大統領が当選に必要な選挙人の獲得に近づき、投資家の間で不透明感がひとまず和らぐとの見方が広がったためです。

引用元の詳しい内容はこちら

北京は大戦略を3回変えた : 地政学を英国で学んだ

8月、米国家情報局長室は、中国が「トランプ大統領ーー北京が予測不可能と見ているーーの再選を望んではいない」と公式に発表している。しかし、この評価は話の半分しか伝えておらず、中国の公開情報によれば、その実態はもっと複雑であり、さらに注意して見ていく必要がある。 たしかに中国の指導者たちは、最近のドナ…

引用元の詳しい内容はこちら

北京は大戦略を3回変えた : 地政学を英国で学んだ

8月、米国家情報局長室は、中国が「トランプ大統領ーー北京が予測不可能と見ているーーの再選を望んではいない」と公式に発表している。しかし、この評価は話の半分しか伝えておらず、中国の公開情報によれば、その実態はもっと複雑であり、さらに注意して見ていく必要がある。 たしかに中国の指導者たちは、最近のドナ…

引用元の詳しい内容はこちら

テスラ、EV量産軌道に 5四半期連続黒字 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラの収益が改善している。21日発表した2020年7~9月期決算は最終利益が3億3100万ドル(約345億円)と前年同期の2.3倍に伸びた。米国の環境規制に伴う"副収入"に頼らなくても稼ぐ力がつきはじめ、量産車メーカーとしての安定感を示しつつある。 「テスラの将…

引用元の詳しい内容はこちら

テスラ、EV量産軌道に 5四半期連続黒字 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】米電気自動車(EV)メーカー、テスラの収益が改善している。21日発表した2020年7~9月期決算は最終利益が3億3100万ドル(約345億円)と前年同期の2.3倍に伸びた。米国の環境規制に伴う"副収入"に頼らなくても稼ぐ力がつきはじめ、量産車メーカーとしての安定感を示しつつある。 「テスラの将…

引用元の詳しい内容はこちら

ハイテク株、過熱一転 テスラのオプション9割安  :日本経済新聞

米国のハイテク株の調整が続いている。8日の米国市場ではテスラ株が前週末比21%下げ、ハイテク株の多いナスダック総合指数は2日の最高値から1割下げた。調整が大きい背景には、個人投資家などが「マネーゲーム」の様相を強めていた反動がある。テスラ株の金融派生商品には、わずか1週間で9割安となったものもある。急激…

引用元の詳しい内容はこちら