カテゴリー別アーカイブ: 記録

ネット証券、口座開設が急増 株価急落で初心者参入  :日本経済新聞

インターネット証券で新規口座を開設する個人が急増している。楽天証券では2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割程度増えそうだという。株式投資の初心者が足元の株安を「投資を始める好機」と捉えている。これまでの相場下落局面でも新規開設は増えたが、個人投資家の広がりは一時的だった。証券会社のアフ…

引用元の詳しい内容はこちら

ドル、34年ぶり高値に 資金確保に世界が殺到 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ニューヨーク=後藤達也】外国為替市場でドルが34年ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)を受け、基軸通貨であるドル資金を確保する動きが加速しているためだ。ドルの急上昇は信用収縮を深める恐れがあり、海外マネーに依存する新興国経済にも打撃を与える。米連邦準備理事会(FRB…

引用元の詳しい内容はこちら

パンデミック、損失「100兆円超」 米欧中の往来分断 (写真=AP) :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染が世界で急拡大している。世界保健機関(WHO)は11日に「パンデミック(世界的な大流行)とみなせる」と表明した。米国は欧州からの入国を30日間禁止すると決めた。米欧中の3大経済圏で人の移動が止まる前例のない事態に発展した。世界経済の損失額は2020年だけで100兆円を超えるとの予測も出て…

引用元の詳しい内容はこちら

株、個人の買い越し1年5カ月ぶり大きさ  :日本経済新聞

東京証券取引所が12日発表した3月第1週(2~6日)の投資部門別売買動向(東京・名古屋2市場)によると、個人投資家の株式の買越額は5554億円と、18年10月以来、1年5カ月ぶりの大きさとなった。日本株の下落が続くなか、多くの個人投資家が「逆張り」の姿勢で押し目買いに動いた。 個人の買越額の内訳は現金取引が4466億…

引用元の詳しい内容はこちら

NYダウ、一時1700ドル安 開始直後に売買停止措置 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ニューヨーク=高橋そら】12日の米株式市場でダウ工業株30種平均は急落した。一時1700ドル安まで下落した。トランプ米大統領が11日夜、新型コロナウイルスの拡大阻止のため、英国を除く欧州からの外国人の入国禁止措置を発表した。世界的な経済活動のさらなる縮小を警戒する売りが続いた。 朝方から大半の銘柄で売りが…

引用元の詳しい内容はこちら

暴れ出した「灰色のサイ」 リーマン危機なぞるか (写真=ロイター) :日本経済新聞

世界の金融・証券市場が、2008年9月のリーマン・ショック時をほうふつとさせる混乱に見舞われている。9日の米ダウ工業株30種平均は2013ドル安と過去最大の下げ幅を記録し、10日午前の東京市場では日経平均株価の下げ幅が一時800円を超えて1万9000円を下回る場面があった。市場がおびえるのは、新型コロナウイルスの感染…

引用元の詳しい内容はこちら

外国為替市場 1ドル103円台に値上がり 3年4か月ぶりの水準 | NHKニュース

9日の東京外国為替市場、円相場はおよそ3年4か月ぶりに1ドル・103円台まで円高ドル安が進んでいます。新型コロナウイルスの感染拡大で世界経済をけん引してきたアメリカをはじめ各国の経済に深刻な影響が及ぶのではないかという懸念からドルを売って円を買う動きが強まっているためです。 市場関係者は、「アメリカ…

引用元の詳しい内容はこちら

FRBが0.5%緊急利下げ 市場安定へ追加緩和の余地 (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は3日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利を0.5%引き下げた。新型コロナウイルスの拡大で市場が混乱し、景気不安が抑える狙いがある。パウエル議長は「今後数カ月の動向を注視し、経済を支えるために適切に行動する」と主張。景気リスクが拭えなければ…

引用元の詳しい内容はこちら

FRBが0.5%緊急利下げ 市場安定へ追加緩和の余地 (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は3日、臨時の米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、政策金利を0.5%引き下げた。新型コロナウイルスの拡大で市場が混乱し、景気不安が抑える狙いがある。パウエル議長は「今後数カ月の動向を注視し、経済を支えるために適切に行動する」と主張。景気リスクが拭えなければ…

引用元の詳しい内容はこちら

外出自粛で消費ブレーキ 新型肺炎で大阪など人出急減  :日本経済新聞

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が個人消費を冷え込ませつつある。通勤や買い物といった外出を控える人が増えているためだ。百貨店やドラッグストアなどの小売店の販売が減り始めたほか、旅行やテーマパークの団体利用のキャンセルも相次いでいる。訪日外国人客の急減に加え、日本の国内総生産(GDP)の6割を占…

引用元の詳しい内容はこちら