カテゴリー別アーカイブ: 研究

Nagamura ∩|∵|∩ Naoka on Twitter: “選択と集中の弊害について文科省の人の話を聴く機会があったんだけど、「どんな基礎研究に将来的な技術のブレイクスルーが眠っているか分からないので、その芽を潰さないためにある程度は運営交付金で研究費を賄う余裕は必須」という研究者の至極もっともな主張に対する返答として、(続く)”

選択と集中の弊害について文科省の人の話を聴く機会があったんだけど、「どんな基礎研究に将来的な技術のブレイクスルーが眠っているか分からないので、その芽を潰さないためにある程度は運営交付金で研究費を賄う余裕は必須」という研究者の至極もっともな主張に対する返答として、(続く)

引用元の詳しい内容はこちら

Nagamura ∩|∵|∩ Naoka on Twitter: “選択と集中の弊害について文科省の人の話を聴く機会があったんだけど、「どんな基礎研究に将来的な技術のブレイクスルーが眠っているか分からないので、その芽を潰さないためにある程度は運営交付金で研究費を賄う余裕は必須」という研究者の至極もっともな主張に対する返答として、(続く)”

選択と集中の弊害について文科省の人の話を聴く機会があったんだけど、「どんな基礎研究に将来的な技術のブレイクスルーが眠っているか分からないので、その芽を潰さないためにある程度は運営交付金で研究費を賄う余裕は必須」という研究者の至極もっともな主張に対する返答として、(続く)

引用元の詳しい内容はこちら

銀行が不動産担保に頼らない貸出ができると思いますか?~包括的担保法制導入の動き~ – 銀行員のための教科書

金融庁が「事業者を支える融資・再生実務のあり方に関する研究会」の第1回会合を開催しました。 現在、担保は不動産(有形資産)などの個別資産が中心だが、ノウハウや顧客基盤などの無形資産を含む「事業全体の価値」を包括的に担保とする仕組みの導入を目指すとしています。 この包括的担保の仕組みを導入しようとする…

引用元の詳しい内容はこちら

オープンソースに本腰入れる中国 政府系シンクタンクが白書を発行:日経ビジネス電子版

中国の政府系シンクタンク、中国情報通信研究院は2020年10月16日、オープンソースエコシステム白書を公表した。同白書が発行されるのは初めてのことだ。 中国情報通信研究院は1957年に設立された郵電科学研究院を前身とする、情報通信分野で中国を代表するシンクタンクの1つだ。工業情報化省の下、外国の通信規格の中国…

引用元の詳しい内容はこちら

オープンソースに本腰入れる中国 政府系シンクタンクが白書を発行:日経ビジネス電子版

中国の政府系シンクタンク、中国情報通信研究院は2020年10月16日、オープンソースエコシステム白書を公表した。同白書が発行されるのは初めてのことだ。 中国情報通信研究院は1957年に設立された郵電科学研究院を前身とする、情報通信分野で中国を代表するシンクタンクの1つだ。工業情報化省の下、外国の通信規格の中国…

引用元の詳しい内容はこちら

【全文公開記事】GDP(2020年4-6月期)一次速報解説|飯田泰之|note

本日(2020年8月17日)は国民経済計算の一次速報公表日.前期比の年率換算27.8%という衝撃的な数字が速報で流れています. まず.この「年率換算」という謎の習慣はやめるべき……「仮に今後も同じ経済成長率が続いたなら1年後にGDPが何%減るか」という換算ですが,今次のような大きなショックが1年間持続するという想定は…

引用元の詳しい内容はこちら

夢の「光熱費ほぼゼロ」にまた一歩。無人ヨットで水素を運搬したいテック企業が、2m級のドローンでテスト帆走に成功 | ギズモード・ジャパン

夢の「光熱費ほぼゼロ」にまた一歩。無人ヨットで水素を運搬したいテック企業が、2m級のドローンでテスト帆走に成功2020.08.09 14:30 西谷茂リチャード Image: everblue.tech (無人ヨットのコンセプト図) 逗子に無人ヨット来た。 「エネルギーを限りなくタダ」にするために、水素をタダで生産→運搬→提供することを狙う日本…

引用元の詳しい内容はこちら

夢の「光熱費ほぼゼロ」にまた一歩。無人ヨットで水素を運搬したいテック企業が、2m級のドローンでテスト帆走に成功 | ギズモード・ジャパン

夢の「光熱費ほぼゼロ」にまた一歩。無人ヨットで水素を運搬したいテック企業が、2m級のドローンでテスト帆走に成功2020.08.09 14:30 西谷茂リチャード Image: everblue.tech (無人ヨットのコンセプト図) 逗子に無人ヨット来た。 「エネルギーを限りなくタダ」にするために、水素をタダで生産→運搬→提供することを狙う日本…

引用元の詳しい内容はこちら

AIブーム終焉の意味するところ|Ryota Kanai|note

この前の日経の記事でプリファードの西川CEOが「AIブームはもう終わる」と発言していたのが、とても象徴的なできごとだと感じた。AIブームが終わるというのは、誰もが分かっていて、話題にも良くなっていたが、AIに直接関わっている当事者としては、言い出しにくい雰囲気があった。 そのような状況の中で、この西川CEOの…

引用元の詳しい内容はこちら

AIブーム終焉の意味するところ|Ryota Kanai|note

この前の日経の記事でプリファードの西川CEOが「AIブームはもう終わる」と発言していたのが、とても象徴的なできごとだと感じた。AIブームが終わるというのは、誰もが分かっていて、話題にも良くなっていたが、AIに直接関わっている当事者としては、言い出しにくい雰囲気があった。 そのような状況の中で、この西川CEOの…

引用元の詳しい内容はこちら