カテゴリー別アーカイブ: 日経

「日銀ETF」個人へ譲渡案 導入関与のOBが出口策  :日本経済新聞

日銀が買った上場投資信託(ETF)は、最終的に個人に直接譲渡して保有してもらうのが望ましい――。かつてETF購入の立案にかかわった日銀OBからそんな出口政策案が出てきた。導入決定から10年が過ぎ、持続性に疑問も指摘され始めたETF買い入れ策。個人への売却案は投資家育成の効果も期待できる。出口に関するアイデアのひ…

引用元の詳しい内容はこちら

「日銀ETF」個人へ譲渡案 導入関与のOBが出口策  :日本経済新聞

日銀が買った上場投資信託(ETF)は、最終的に個人に直接譲渡して保有してもらうのが望ましい――。かつてETF購入の立案にかかわった日銀OBからそんな出口政策案が出てきた。導入決定から10年が過ぎ、持続性に疑問も指摘され始めたETF買い入れ策。個人への売却案は投資家育成の効果も期待できる。出口に関するアイデアのひ…

引用元の詳しい内容はこちら

ファストリ、時価総額で任天堂逆転 「DX」化に評価  :日本経済新聞

ファーストリテイリングへの成長期待が高まっている。2021年8月期の連結純利益(国際会計基準)が過去最高になる見通しで、株価は16日に上場来高値を更新。時価総額は任天堂を抜き国内7位に浮上した。新型コロナウイルス下での電子商取引(EC)拡大やデータ分析に基づく生産管理などの「DX」化や中国などでの出店拡大が…

引用元の詳しい内容はこちら

ファストリ、時価総額で任天堂逆転 「DX」化に評価  :日本経済新聞

ファーストリテイリングへの成長期待が高まっている。2021年8月期の連結純利益(国際会計基準)が過去最高になる見通しで、株価は16日に上場来高値を更新。時価総額は任天堂を抜き国内7位に浮上した。新型コロナウイルス下での電子商取引(EC)拡大やデータ分析に基づく生産管理などの「DX」化や中国などでの出店拡大が…

引用元の詳しい内容はこちら

菅首相がメス、“限界地銀”はなぜ放置されてきたのか:日経ビジネス電子版

菅義偉新首相は、9月2日の自民党総裁選の出馬表明会見で「地方の銀行について、将来的には数が多すぎるのではないか」と発言。翌3日には「再編も一つの選択肢になる」と明言し、収益力に乏しい“限界地銀”にメスを入れる意志を示した。第一地銀が加盟する全国地方銀行協会(64行)の損益合計をみると、本業から得た利益と…

引用元の詳しい内容はこちら

菅首相がメス、“限界地銀”はなぜ放置されてきたのか:日経ビジネス電子版

菅義偉新首相は、9月2日の自民党総裁選の出馬表明会見で「地方の銀行について、将来的には数が多すぎるのではないか」と発言。翌3日には「再編も一つの選択肢になる」と明言し、収益力に乏しい“限界地銀”にメスを入れる意志を示した。第一地銀が加盟する全国地方銀行協会(64行)の損益合計をみると、本業から得た利益と…

引用元の詳しい内容はこちら

日本経済新聞の「株安による減損、金融庁が容認」記事、いつの間にかタイトルと中身が訂正されて全くの別物に : 市況かぶ全力2階建

株価下落の減損見送り容認とか愚策でしかない、銀行とかソフバンの決算が歪む、しかも下落が一時的かどうか企業と監査法人のさじ加減とかIFRSもやるの?(・ω・) — あくあん (@aquan_trade) 2020年4月2日 簿価から50%程度までの株安の場合、新型コロナによる一時的な下落だと企業と監査法人が判断すれば、持ち合い株の減損…

引用元の詳しい内容はこちら

日経平均、午前終値1276円安 1年2カ月ぶり2万円割れ  :日本経済新聞

9日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、取引時間中として2019年1月7日以来、約1年2カ月ぶりに2万円を割り込んだ。午前終値は前週末比1276円68銭(6.15%)安い1万9473円07銭だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大懸念から外国為替市場で円相場が一時1ドル=101円まで上昇し、日本企業の業績への懸念が…

引用元の詳しい内容はこちら

中国に漂い始めた“戦勝”気分:日経ビジネス電子版

専制と民主、どちらの対策が有効か 新型コロナウイルス(COVID-19)のまん延とその対策について、昨今の中国では「これは専制と民主のどちらが優れた政治体制か、判断する絶好の機会だ」といった趣旨の議論が出てきている。言うまでもなく、中国と日本の感染対策を比較してのことである。 中国では発生地の武漢を含む湖…

引用元の詳しい内容はこちら

中国に漂い始めた“戦勝”気分:日経ビジネス電子版

専制と民主、どちらの対策が有効か 新型コロナウイルス(COVID-19)のまん延とその対策について、昨今の中国では「これは専制と民主のどちらが優れた政治体制か、判断する絶好の機会だ」といった趣旨の議論が出てきている。言うまでもなく、中国と日本の感染対策を比較してのことである。 中国では発生地の武漢を含む湖…

引用元の詳しい内容はこちら