カテゴリー別アーカイブ: 投資家

米「株主第一主義」に転機 社会の分断に危機感  :日本経済新聞

米国型の資本主義が大きな転機を迎えつつある。米国のトップ企業が名を連ねるビジネス・ラウンドテーブルは19日、従来の「株主第一主義」を見直す提言をまとめた。金融危機後の10年間で最も力強い回復をみせた米国の企業社会だが、深まる格差や環境問題に向き合わざるをえなくなってきた。 【関連記事】米経済界「株主第…

引用元の詳しい内容はこちら

米「株主第一主義」に転機 社会の分断に危機感  :日本経済新聞

米国型の資本主義が大きな転機を迎えつつある。米国のトップ企業が名を連ねるビジネス・ラウンドテーブルは19日、従来の「株主第一主義」を見直す提言をまとめた。金融危機後の10年間で最も力強い回復をみせた米国の企業社会だが、深まる格差や環境問題に向き合わざるをえなくなってきた。 【関連記事】米経済界「株主第…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀、日本株の最大株主に 来年末にも  :日本経済新聞

株式市場で日銀の存在感が一段と大きくなっている。日本経済新聞の推計では、日銀は2020年末にも公的年金を上回り、日本最大の株主となる見通しだ。機関投資家・外国人が主導して発展してきた日本の資本市場は、中央銀行が主導するこれまでにない段階に入る。 日銀は、日本株に投資する上場投資信託(ETF)を年間約6兆円…

引用元の詳しい内容はこちら

世界の株主還元、10年で倍増 18年度、最高の265兆円  :日本経済新聞

世界の企業が株主に回すお金を増やしている。配当と自社株買いの合計額は2018年度に過去最高の2兆3786億ドル(約265兆円)と金融危機前の08年度比倍増する見通しだ。世界の設備投資額にも匹敵する規模に膨らんでおり、企業のお金の使い方、資金配分の長期的な変化を表している。緩和的な金融環境のうえに、企業のお金が…

引用元の詳しい内容はこちら

世界の株主還元、10年で倍増 18年度、最高の265兆円  :日本経済新聞

世界の企業が株主に回すお金を増やしている。配当と自社株買いの合計額は2018年度に過去最高の2兆3786億ドル(約265兆円)と金融危機前の08年度比倍増する見通しだ。世界の設備投資額にも匹敵する規模に膨らんでおり、企業のお金の使い方、資金配分の長期的な変化を表している。緩和的な金融環境のうえに、企業のお金が…

引用元の詳しい内容はこちら

やまねメディカル、RSC、WASHハウスなどが久々に市場を賑わすS高! RIZAPグループは遂にS安地獄を脱出! – いきなり無職!

こんばんは、ふくろう主です。 ちょっと驚くニュースが入ってきました。 あの日産自動車のカルロス・ゴーン会長が 自分の報酬を過少申告していたとして 東京地検特捜部に任意同行されたとか。 過少申告の金額は億単位になるそうです。 これだけの大物ですから、おそらく確たる証拠があるのでしょう。 容疑が固まれば逮捕…

引用元の詳しい内容はこちら

ファンダメンタルズ分析のために知っておく必要がある経済指標の3つの分類

どうも、HAKUMAです。
経済を知るということは、多い少ないに関わらず、あなたの大切な資産を守ることに繋がります。
また、自分の資産を守ることは、投資で成功するための大原則です。
30代や40代のサラリーマンが、家族の将来を考え、そして自分の老後のことなどをしっかりと計画していくのであれば、銀行に預けるだけ…

引用元の詳しい内容はこちら

リーマン10年「債務危機に備えよ」ジム・ロジャーズ氏  :日本経済新聞

世界の金融・資本市場を大混乱に陥れた米リーマン・ブラザーズの経営破綻から15日で10年。中央銀行による未曽有の金融緩和で主要国の株式相場は息を吹き返した。当時導入された危機対応策の解除も進み「リーマン・ショック」は過去のものになったかにみえる。一方、近年は欧米でポピュリズム(大衆迎合主義)の嵐が吹き…

引用元の詳しい内容はこちら

優待+配当利回り4%は買い 株主優待狙いで「連勝」|マネー研究所|NIKKEI STYLE

日経マネーの個人投資家調査で、2015年から3年連続でリスク資産の運用成績が5%以上プラスだった「3連勝さん」。また、16年と17年の2年連続で20%以上プラスの「大勝ちさん」。彼らは、15年の世界同時株安や16年のブレグジット・ショック、その後のトランプ米大統領の言動に振り回される相場などを乗り越え、勝ちを収め…

引用元の詳しい内容はこちら

ファンダメンタルズ分析のために知っておく必要がある経済指標の3つの分類

どうも、HAKUMAです。
経済を知るということは、多い少ないに関わらず、あなたの大切な資産を守ることに繋がります。
また、自分の資産を守ることは、投資で成功するための大原則です。
30代や40代のサラリーマンが、家族の将来を考え、そして自分の老後のことなどをしっかりと計画していくのであれば、銀行に預けるだけ…

引用元の詳しい内容はこちら