カテゴリー別アーカイブ: 国際

コラム:パンデミックが生む長期株高 過去の歴史が再現か=木野内栄治氏 | ロイター

[東京 15日] – いまだに終息の兆しを見せない新型コロナウイルスの感染拡大は、数多くの犠牲者を生み、その家族を悲しませ、事業者や働く人々を困窮に追い込んでいる。そうした悲惨さとは裏腹に、世界の株式市場には資金流入が続き、高値を追う展開になっている。 12月15日、いまだに終息の兆しを見せない新型…

引用元の詳しい内容はこちら

アングル:世界株に「売り」シグナル、ワクチンの高揚感一服へ | ロイター

[ロンドン 7日 ロイター] – 世界の株式市場は今月に入り、新型コロナウイルスワクチンの実用化を好感して幾度か過去最高値を更新した。しかし一部では複数の「売りシグナル」が点灯しており、最高値更新の動きは間もなく一服する可能性が高まっている。 12月7日、世界の株式市場は今月に入り、新型コロナウイル…

引用元の詳しい内容はこちら

アングル:世界株に「売り」シグナル、ワクチンの高揚感一服へ | ロイター

[ロンドン 7日 ロイター] – 世界の株式市場は今月に入り、新型コロナウイルスワクチンの実用化を好感して幾度か過去最高値を更新した。しかし一部では複数の「売りシグナル」が点灯しており、最高値更新の動きは間もなく一服する可能性が高まっている。 12月7日、世界の株式市場は今月に入り、新型コロナウイル…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の外交敗北――中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相(遠藤誉) – 個人 – Yahoo!ニュース

王毅外相が尖閣を中国の領土としたのに対して日本がその場で反論しなかったことを中国は外交勝利と狂喜している。GDP規模が2025年にはアメリカの9割に及ぶとしたIMF予測を背景に中国は強気に出たのだ。 ◆王毅外相に反論できなかった日本の無残な敗北 11月24日、中国の王毅外相は茂木外相と会談し、会談後の記者会見で…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の外交敗北――中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相(遠藤誉) – 個人 – Yahoo!ニュース

王毅外相が尖閣を中国の領土としたのに対して日本がその場で反論しなかったことを中国は外交勝利と狂喜している。GDP規模が2025年にはアメリカの9割に及ぶとしたIMF予測を背景に中国は強気に出たのだ。 ◆王毅外相に反論できなかった日本の無残な敗北 11月24日、中国の王毅外相は茂木外相と会談し、会談後の記者会見で…

引用元の詳しい内容はこちら

NYダウ、コロナバブルで史上初の3万ドル突破 : 市況かぶ全力2階建

Q.バイデンが次のアメリカ大統領に なったら世の中はどうなるの? A.知らん。少なくとも刃牙シリーズ恒例の 範馬勇次郎への友好条約宣誓が読める pic.twitter.com/tNq7dip3Ov — エクレア (@Anna_botbot) November 5, 2020 グラップラー刃牙 全42巻 もっち@motti1234バイデンどうこうより、トランプと比較してバイデンの…

引用元の詳しい内容はこちら

NYダウ、コロナバブルで史上初の3万ドル突破 : 市況かぶ全力2階建

Q.バイデンが次のアメリカ大統領に なったら世の中はどうなるの? A.知らん。少なくとも刃牙シリーズ恒例の 範馬勇次郎への友好条約宣誓が読める pic.twitter.com/tNq7dip3Ov — エクレア (@Anna_botbot) November 5, 2020 グラップラー刃牙 全42巻 もっち@motti1234バイデンどうこうより、トランプと比較してバイデンの…

引用元の詳しい内容はこちら

日本人が即刻捨てるべき「経済大国」という幻想 | 経済学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

国際競争力の低下と少子高齢化が再三叫ばれる一方、多くの日本人は自国を「大国」であるとなぜか信じている。しかし、数々の統計やランキングは、日本が間違いなく「小国」になることを冷徹に示している。『日本は小国になるが、それは絶望ではない』を上梓した加谷珪一氏が、日本が小国に転じる未来と、「小国・日本」…

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:「疑似MMT」実践する主要国、問われる長期リスク管理能力 | ロイター

[東京 20日 ロイター] – 新型コロナウイルスのパンデミックのもと、主要国は積極的な金融財政支援策に踏み込み、昨年議論を呼んだ「現代貨幣理論(MMT)」を結果的に実践しつつある。コロナ不安が一段落した際に、各国当局は市場に混乱を与えず出口戦略を実行できるのか、中長期的なリスク管理能力が問われてい…

引用元の詳しい内容はこちら

焦点:「疑似MMT」実践する主要国、問われる長期リスク管理能力 | ロイター

[東京 20日 ロイター] – 新型コロナウイルスのパンデミックのもと、主要国は積極的な金融財政支援策に踏み込み、昨年議論を呼んだ「現代貨幣理論(MMT)」を結果的に実践しつつある。コロナ不安が一段落した際に、各国当局は市場に混乱を与えず出口戦略を実行できるのか、中長期的なリスク管理能力が問われてい…

引用元の詳しい内容はこちら