カテゴリー別アーカイブ: 国内情勢

日本の「一帯一路」、中国の陰でアクセル全開 – WSJ

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 *** 東方のある経済大国が、アジア新興国への金融支援で存在感を増している。いや、あの国ではない。 国際決済銀行(BIS)が今週公表したデータによると、対外融資で「ある通貨」が突出した伸びを示した。日本円だ。2019年1-3月期(第1四半期)に日本国外の円建て…

引用元の詳しい内容はこちら

高齢社会における資産形成・管理を考える – たぱぞうの米国株投資

高齢社会における資産形成・管理を考える 人生100年時代はあながち不可能ではないが、生活の質が問われる 今後予想される、介護のあり方の変容 「オレオレ詐欺」はなぜ無くならないのか 平均すると、毎月5万円の不足が出る年金額 安心安全な老後を迎えるためには適切な投資を 高齢社会における資産形成・管理を考え…

引用元の詳しい内容はこちら

コンビニ 崩れた「出店=成長」モデル  :日本経済新聞

コンビニエンスストアやスーパーマーケットなど小売・外食企業の「出店=成長」モデルが崩れ始めた。ローソンは11日、2019年度の店舗数の純増をゼロにすると明らかにした。セブン&アイ・ホールディングスも19年度の国内コンビニの店舗数の増加幅を150店と40年ぶりの低水準に抑える。背景には、大量出店で、加盟店が昔のよ…

引用元の詳しい内容はこちら

東証1部企業数絞り込み、3割減も 英文開示も義務化  :日本経済新聞

東京証券取引所は、2100社超ある東証1部の上場企業数を絞り込む。時価総額の基準を引き上げ、英文開示なども義務付ける。1部の上場企業数は3割程度減る可能性がある。優良企業が集まる上位市場の位置づけを明確にし、日本市場の国際競争力を高める。中堅と新興企業向けは、現行の3市場から「新興」と「スタンダード」の2…

引用元の詳しい内容はこちら

金融資産課税は格差解消に役立つのか – たぱぞうの米国株投資

金融資産課税は格差解消に役立つのか ウォーレン・バフェット氏が、富の再分配は必要で、富裕層への税の優遇は見直す部分があるという趣旨の発言をしましたね。ここで少々話題になった資産課税というのは、今ある財産に課税をする制度です。富裕層への課税という意味では直接的なものですね。 富裕層の持つ財産に課税を…

引用元の詳しい内容はこちら

セブン、時短営業を実験 FC店の24時間見直し探る  :日本経済新聞

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは24時間営業の見直しに向けた実験を始める。売上高や収益、来店客数などの変化を検証し、全2万店超の約98%を占めるフランチャイズチェーン(FC)加盟店で時短営業を導入するかを検討する。人手不足や働き方改革を背景に、外食や小売りで24時間営業の見直しが広が…

引用元の詳しい内容はこちら

セブン、時短営業を実験 FC店の24時間見直し探る  :日本経済新聞

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンは24時間営業の見直しに向けた実験を始める。売上高や収益、来店客数などの変化を検証し、全2万店超の約98%を占めるフランチャイズチェーン(FC)加盟店で時短営業を導入するかを検討する。人手不足や働き方改革を背景に、外食や小売りで24時間営業の見直しが広が…

引用元の詳しい内容はこちら

金融庁:3メガ銀や農林中金など一斉調査、CLO投資で-関係者 – Bloomberg

今回の調査の対象金融機関はMUFG、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、農林中金、ゆうちょ銀行。うち、事前調査でCLO投資残高の大きかった農林中金、ゆうちょ銀行、MUFGに対してはより重点的な調査を実施したとい…

引用元の詳しい内容はこちら

金融庁:3メガ銀や農林中金など一斉調査、CLO投資で-関係者 – Bloomberg

今回の調査の対象金融機関はMUFG、三井住友フィナンシャルグループ、みずほフィナンシャルグループ、りそなホールディングス、三井住友トラスト・ホールディングス、農林中金、ゆうちょ銀行。うち、事前調査でCLO投資残高の大きかった農林中金、ゆうちょ銀行、MUFGに対してはより重点的な調査を実施したとい…

引用元の詳しい内容はこちら