カテゴリー別アーカイブ: 健康

「危機管理に強い」というメッキがはがれた菅首相の迷走  置き去りにされた「無症状感染者対策」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

本格的な冬が到来し、日本列島がコロナ「第3波」に見舞われている。急増する重症者に医療は逼迫。だが、政治家たちのメッセージは「経済が大事」「感染対策が大事」と、ブレブレで、国民は戸惑うばかり。日本はどんな道を歩むべきなのか。 【写真】新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長 新型コロナ「第3波」…

引用元の詳しい内容はこちら

世界同時火柱、ファイザーのコロナワクチンが世界を救う勢いで : 市況かぶ全力2階建

ありゃりゃ@aryaryaバイアグラのファイザーがワクチンで世界を救うの? 2020/11/09 20:48:47 BBC News Japan@bbcnewsjapan新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーとドイツBioNTechは9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表しまし…

引用元の詳しい内容はこちら

世界同時火柱、ファイザーのコロナワクチンが世界を救う勢いで : 市況かぶ全力2階建

ありゃりゃ@aryaryaバイアグラのファイザーがワクチンで世界を救うの? 2020/11/09 20:48:47 BBC News Japan@bbcnewsjapan新型コロナウイルスのワクチンを開発中の米製薬大手ファイザーとドイツBioNTechは9日、治験の予備解析の結果、開発中のワクチンが90%以上の人の感染を防ぐことができることが分かったと発表しまし…

引用元の詳しい内容はこちら

家の中で「着込まず」に過ごすと、物忘れが減り、脳が衰えづらくなる 高知県梼原町の寿命が延びたワケ | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

高知県梼原町の高齢化率は40%以上で世界トップクラスだ。その町で、2002年以降、寿命が延びている。なぜ寿命が延びているのか。その最大のポイントは「室温」を保つことだという。現地を取材したジャーナリストの笹井恵里子氏の著書『室温を2度上げると健康寿命は4歳のびる』(光文社新書)から、一部を紹介しよう——。 …

引用元の詳しい内容はこちら

急転!山口達也元メンバー 株式会社TOKIOに合流OK 復興支援に必要不可欠 | 東スポのジャニーズに関するニュースを掲載

必要とされている山口元メンバー 復興支援のために山口の力が必要!! 先月、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕され、処分保留のまま釈放された「TOKIO」の山口達也元メンバー(48)に“救いの手”を差し出すのは、来年4月から本格始動する「株式会社TOKIO」となりそうだ。決して同情心からでは…

引用元の詳しい内容はこちら

急転!山口達也元メンバー 株式会社TOKIOに合流OK 復興支援に必要不可欠 | 東スポのジャニーズに関するニュースを掲載

必要とされている山口元メンバー 復興支援のために山口の力が必要!! 先月、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕され、処分保留のまま釈放された「TOKIO」の山口達也元メンバー(48)に“救いの手”を差し出すのは、来年4月から本格始動する「株式会社TOKIO」となりそうだ。決して同情心からでは…

引用元の詳しい内容はこちら

【緩募】意外だった体調不良の原因 – Togetter

意外なところに原因があった体調不良の経験について伺いました。さらっと流し読めば、案外ご自身の体質改善のヒントがみつかるかも。 ※すべて個人の経験、感想です。 ※体調不良は自己判断で終わらせず、お医者さんにも相談しましょう

引用元の詳しい内容はこちら

【緩募】意外だった体調不良の原因 – Togetter

意外なところに原因があった体調不良の経験について伺いました。さらっと流し読めば、案外ご自身の体質改善のヒントがみつかるかも。 ※すべて個人の経験、感想です。 ※体調不良は自己判断で終わらせず、お医者さんにも相談しましょう

引用元の詳しい内容はこちら

新型コロナでゆいせきの株暴落まとめ – yuiseki

2019年11月14日 yuiseki.iconつみたてNISAで投資信託をはじめた 2019年12月3日 yuiseki.icon投資信託は順調に伸びているが、ウッカリ買ってしまった国内株で損をしている。国内株なんて買わなければよかった 2019年12月14日 yuiseki.icon投資信託がメチャクチャ伸びていて黒字になっている!投資信託最高!! 2020年1月6…

引用元の詳しい内容はこちら

未来に投資しない国、ニッポン。教育公的支出、35カ国中最下位という恥。国際学力は中国に全て負け、大学教育は世界51位に転落。|木下斉/HitoshiKinoshita|note

ほとんど進まぬ社会保障改革のせいで金融資産を持ちまくっているジジババ世代に金を配りまくる割に、今働く勤労世帯の消費刺激には無関心、ここにきて今度はさらに未来を司る教育分野への公的支出もしないとなれば、亡国も極まるところです。 昨年末にも以下のように、出生数で今更騒いでいるアホさ加減に物申させて頂い…

引用元の詳しい内容はこちら