カテゴリー別アーカイブ: 中東

サウジ、一転石油増産へ 協調決裂でシェア重視に転換 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ドバイ=岐部秀光】世界最大の石油輸出国であるサウジアラビアは自主的な減産を取りやめ、石油増産に転じる見込みだ。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国の減産交渉が決裂したことが背景にある。2016年ごろから実施する価格下支えの取り組みをやめシェア重視の戦略に転換したもようだ。新型コロナウ…

引用元の詳しい内容はこちら

ゴーンが逃亡した「レバノン」のヤバすぎる現状 | 外交・国際政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「中東のパリ」と呼ばれるレバノンの首都ベイルート。高級ショッピングモールや通りは現在、閑散としている(写真:ロイター/アフロ) カルロス・ゴーン元日産会長が、自らの「母国」に逃亡してから約2カ月。ゴーンは、2022年ごろ引退した後、コンサルタントとして世界中の裕福な顧客を相手に商売する未来を思い描いて…

引用元の詳しい内容はこちら

イランリスク、東京市場だけ上下に踊らされる : 市況かぶ全力2階建

哀れな栄光のペルシャ帝国。アメリカ人の70%以上が地球のどこにイランが位置しているかを知らない。日本人にも難しい質問かもしれないけど、「イギリス」に印つけているアメリカ人は、もう少し勉強した方がいいんだろうな。 pic.twitter.com/5cDnqGeo2L — 滝澤伯文 (@OsafumiT) 2020年1月8日 ※日本株、米国イラン対立激…

引用元の詳しい内容はこちら

OPEC総会よりも心配なサウジのメルトダウン 絵空事ではない原油供給ストップ、日本の備えは大丈夫か(1/5) | JBpress(Japan Business Press)

サウジアラビア首都リヤドにある高級ホテル「リッツ・カールトン」。身柄拘束された王子らの「留置場」になっているとされる(2017年11月5日撮影)。(c)AFP/FAYEZ NURELDINE 〔AFPBB News〕 キーストンパイプライン(カナダからサウスダコダ州、オクラホマ州などを経てテキサス州へ輸送)の原油漏れ事故の影響で11月17日…

引用元の詳しい内容はこちら

ファーウェイ副会長、違法金融取引か 英HSBCが通報 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=鳳山太成】米国の要請に応じてカナダ当局に逮捕された中国の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を巡り、ロイター通信は6日、違法な金融取引の疑いで捜査されていると報じた。イランとの金融取引を禁じた米国の制裁を回避するための仕組みづくりに関った疑いがあるという。 …

引用元の詳しい内容はこちら

ファーウェイ副会長、違法金融取引か 英HSBCが通報 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【ワシントン=鳳山太成】米国の要請に応じてカナダ当局に逮捕された中国の華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)を巡り、ロイター通信は6日、違法な金融取引の疑いで捜査されていると報じた。イランとの金融取引を禁じた米国の制裁を回避するための仕組みづくりに関った疑いがあるという。 …

引用元の詳しい内容はこちら

OPEC総会よりも心配なサウジのメルトダウン 絵空事ではない原油供給ストップ、日本の備えは大丈夫か

サウジアラビア首都リヤドにある高級ホテル「リッツ・カールトン」。身柄拘束された王子らの「留置場」になっているとされる(2017年11月5日撮影)。(c)AFP/FAYEZ NURELDINE 〔AFPBB News〕
キーストンパイプライン(カナダからサウスダコダ州、オクラホマ州などを経てテキサス州へ輸送)の原油漏れ事故の影響で11月17日…

引用元の詳しい内容はこちら

トマ・ピケティ氏「われわれ西洋諸国がテロを生んでいる」

ピケティ氏は「We(私たち)」という主語を使っているが、かなり明確に、ここ30年間におけるアメリカの外交政策について言及している。ピケティ氏は湾岸戦争とイラク戦争を例に出し、どちらも西洋諸国の石油の利権のために起こった戦争で、中東の方が西洋諸国よりも犠牲者が多くなった「アシンメトリー(不均衡)な戦争…

引用元の詳しい内容はこちら

イラン産原油輸入停止 元売り「八方ふさがり」 金融決済や海運、埋められた外堀(写真=ロイター) :日本経済新聞

日本の石油元売りが5日までにイラン産原油の輸入を一時停止した。イラン制裁を再開した米トランプ政権が各国にイラン産原油の輸入停止を求め、元売り各社が応じた。日本は2度の石油危機以降、安定供給のため原油の調達先を増やしてきたが、米国の外交圧力に抗しきれなかった。元売りを揺さぶった輸入停止までの内幕を…

引用元の詳しい内容はこちら