カテゴリー別アーカイブ: プログラム

【翻訳】技術的負債という概念の生みの親 Ward Cunningham 自身による説明 – t-wadaのブログ

システム開発の世界において「技術的負債(Technical Debt)」は繰り返し話題になり、しばしば炎上しています。 技術的負債という概念の生みの親は Ward Cunningham (ウォード・カニンガム)です。彼は 1992 年にオブジェクト指向の国際カンファレンス OOPSLA ’92 の Experience Report でコードの初回リリースを負債に…

引用元の詳しい内容はこちら

GMOあおぞらネット銀、個人に開発環境を開放  :日本経済新聞

GMOあおぞらネット銀行は7日、フィンテック企業に銀行のシステムを開放する「オープンAPI」を個人でも利用できるようにする環境「sunabar(スナバー)」を無償で公開した。同社の口座を持つユーザーであれば、職業や年齢の制限なく銀行システムを操作するプログラムの開発が可能になる。 スナバーは銀行システムの中核で…

引用元の詳しい内容はこちら

GMOあおぞらネット銀、個人に開発環境を開放  :日本経済新聞

GMOあおぞらネット銀行は7日、フィンテック企業に銀行のシステムを開放する「オープンAPI」を個人でも利用できるようにする環境「sunabar(スナバー)」を無償で公開した。同社の口座を持つユーザーであれば、職業や年齢の制限なく銀行システムを操作するプログラムの開発が可能になる。 スナバーは銀行システムの中核で…

引用元の詳しい内容はこちら

GMOあおぞらネット銀、個人に開発環境を開放  :日本経済新聞

GMOあおぞらネット銀行は7日、フィンテック企業に銀行のシステムを開放する「オープンAPI」を個人でも利用できるようにする環境「sunabar(スナバー)」を無償で公開した。同社の口座を持つユーザーであれば、職業や年齢の制限なく銀行システムを操作するプログラムの開発が可能になる。 スナバーは銀行システムの中核で…

引用元の詳しい内容はこちら

ブロックチェーンが普及した世界を妄想してみる。|yoshinori fukushima|note

これは何(お久しぶりです。1月は忙しくて0投稿でした。今後は2週間に1回のペースできちんと投稿していきます) ブロックチェーンって結局生活をどう変えるの?という話ってあまり語られてるようで語られてません。 「決済システムが変わるんです、お金がなめらかに流れるようになるんです、信用コストが下がるんです」 ……

引用元の詳しい内容はこちら