カテゴリー別アーカイブ: ハウツー

Apple株高、3つの理由 時価総額2兆ドルを突破 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】米アップルの時価総額が19日、一時2兆ドル(約210兆円)を突破した。2018年8月に米国企業で初めて1兆ドルを超えてから2年。2兆ドルの大台突破でもライバルに先んじた。新型コロナウイルスにも揺るがない業績と積極的な株主還元、ESG(環境・社会・企業統治)への配慮がハイテク銘柄の中でア…

引用元の詳しい内容はこちら

Apple株高、3つの理由 時価総額2兆ドルを突破 (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】米アップルの時価総額が19日、一時2兆ドル(約210兆円)を突破した。2018年8月に米国企業で初めて1兆ドルを超えてから2年。2兆ドルの大台突破でもライバルに先んじた。新型コロナウイルスにも揺るがない業績と積極的な株主還元、ESG(環境・社会・企業統治)への配慮がハイテク銘柄の中でア…

引用元の詳しい内容はこちら

【全文公開記事】GDP(2020年4-6月期)一次速報解説|飯田泰之|note

本日(2020年8月17日)は国民経済計算の一次速報公表日.前期比の年率換算27.8%という衝撃的な数字が速報で流れています. まず.この「年率換算」という謎の習慣はやめるべき……「仮に今後も同じ経済成長率が続いたなら1年後にGDPが何%減るか」という換算ですが,今次のような大きなショックが1年間持続するという想定は…

引用元の詳しい内容はこちら

分散投資が効かない 人気ファンドにコロナの誤算  :日本経済新聞

2019年の投資信託市場で最大のヒット商品となった、あるファンドが逆境に立たされている。日興アセットマネジメントが運用する「グローバル3倍3分法ファンド」は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた市場の混乱が直撃し、基準価格が急落した。売れ筋不足に悩まされてきた投信業界の「救世主」とまで呼ばれた人気ファン…

引用元の詳しい内容はこちら

「コロナは貧しい人から犠牲に」ハーバード大教授が不都合な真実を警告 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

すぎもと・りゅうこ/神戸市出身。北海道新聞社記者を経て、2002年に北京留学。06年に東洋経済新報社に入社、記者や『中国会社四季報』編集長、週刊東洋経済副編集長などを経て2019年6月にダイヤモンド社に入社。グローバル担当副編集長。猫とテクノ音楽を愛好し、エリック・ホッファーを心の師とあがめている。 有料記…

引用元の詳しい内容はこちら

「コロナは貧しい人から犠牲に」ハーバード大教授が不都合な真実を警告 | 有料記事限定公開 | ダイヤモンド・オンライン

すぎもと・りゅうこ/神戸市出身。北海道新聞社記者を経て、2002年に北京留学。06年に東洋経済新報社に入社、記者や『中国会社四季報』編集長、週刊東洋経済副編集長などを経て2019年6月にダイヤモンド社に入社。グローバル担当副編集長。猫とテクノ音楽を愛好し、エリック・ホッファーを心の師とあがめている。 有料記…

引用元の詳しい内容はこちら

レオス藤野英人氏「SBI傘下入りは、メリットの方が大きい」:日経ビジネス電子版

藤野英人(ふじの・ひでと) 1966年生まれ。国内や外資の大手投資運用会社でファンドマネジャーを務めた後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。主に日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用している。33歳の頃にぜんそくを患い、完全な下戸に。19年6月にフェイスブックで下戸が集ま…

引用元の詳しい内容はこちら

ネット証券、口座開設が急増 株価急落で初心者参入  :日本経済新聞

インターネット証券で新規口座を開設する個人が急増している。楽天証券では2月の開設数が初めて10万を超え、3月は2月比で3割程度増えそうだという。株式投資の初心者が足元の株安を「投資を始める好機」と捉えている。これまでの相場下落局面でも新規開設は増えたが、個人投資家の広がりは一時的だった。証券会社のアフ…

引用元の詳しい内容はこちら

株、「AKIRA」予言におびえる投資家 五輪延期を示唆か  :日本経済新聞

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日の終値(1万6726円)から124円安の1万6602円で終えた。欧州中央銀行(ECB)が7500億ユーロ(約90兆円)の資産買い入れ策を導入すると発表したことで買いが先行したものの、次第に売りが優勢となり一時165円安に沈んだ。新型コロナウイルスを背景にした東京五輪の延期を見込ん…

引用元の詳しい内容はこちら

株、「AKIRA」予言におびえる投資家 五輪延期を示唆か  :日本経済新聞

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は前日の終値(1万6726円)から124円安の1万6602円で終えた。欧州中央銀行(ECB)が7500億ユーロ(約90兆円)の資産買い入れ策を導入すると発表したことで買いが先行したものの、次第に売りが優勢となり一時165円安に沈んだ。新型コロナウイルスを背景にした東京五輪の延期を見込ん…

引用元の詳しい内容はこちら