カテゴリー別アーカイブ: セルクマ

「総理であり続けた人」がやめた – 読む国会

安倍晋三首相にはやりたいことがなかった。彼の政治的テーマは可能な限り長く首相をやることだった。 七年半の政治的リソースのほとんどは自身の権力維持に使われ、成立した大きな法案は共謀罪や安保法制、入管法改正など、出来が悪くとうていレガシーと言えるレベルのものではなかった。退任会見でも安保法制という言葉…

引用元の詳しい内容はこちら

「総理であり続けた人」がやめた – 読む国会

安倍晋三首相にはやりたいことがなかった。彼の政治的テーマは可能な限り長く首相をやることだった。 七年半の政治的リソースのほとんどは自身の権力維持に使われ、成立した大きな法案は共謀罪や安保法制、入管法改正など、出来が悪くとうていレガシーと言えるレベルのものではなかった。退任会見でも安保法制という言葉…

引用元の詳しい内容はこちら

「不適切投信」という悲しきパワーワード – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

ゆうちょ銀行が70歳以上の高齢者に販売する投資信託で、不適切な契約が約1万9千件に上ることがわかったとの報道です。 具体的には、70歳以上の高齢者に販売する投資信託で、健康状態や商品の理解度を確認する社内規定に違反しているとのこと。 銀行での高齢者に対するアコギな投信販売は、もう何年も前から(悪い意味で…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株式一本が最強!という主張の謎 – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

インデックス投資といっても、S&P500(米国株式インデックス)のみへの投資をすすめる人が、ここ2~3年で急増している印象です。 米国株式に限定した投資が容易になってきたのはついここ数年のことです。それまでは、米国株式に低コストで投資できる手段(インデックスファンドやETF)が限られていました。また、米国を…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投信だけでなく、国内株式(ETF含む)も買えるように! – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

楽天証券は、 2019年10月28日(月)より、 国内株式(現物)において、 「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円として、購入代金および取引手数料に利用できる「ポイント投資」サービス開始すると発表しました。 国内株式の購入でポイントが利用できるのは、 業界で初めてとのこと。 楽天証券WEBサイト プレスリリー…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投信だけでなく、国内株式(ETF含む)も買えるように! – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

楽天証券は、 2019年10月28日(月)より、 国内株式(現物)において、 「楽天スーパーポイント」を1ポイント=1円として、購入代金および取引手数料に利用できる「ポイント投資」サービス開始すると発表しました。 国内株式の購入でポイントが利用できるのは、 業界で初めてとのこと。 楽天証券WEBサイト プレスリリー…

引用元の詳しい内容はこちら

公的年金の運用実績報告に対する各メディアの取り上げ方の違いには雲泥の差が! – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

先日、公的年金を運用するGPIF(年金積立金管理運用独立行政法)が、2018年第3四半期の運用状況報告を公開しました。 上記GPIFの運用実績報告では、以下の情報が公開されています。 ◆2018年度第3四半期 期間収益率 -9.06% 収益額 -14兆8,039億円 ◆市場運用開始以降(2001年度~2018年度第3四半期) 年率収益率 +2.7…

引用元の詳しい内容はこちら

なぜ相場が下がっても放置すると儲けられるのか、その秘訣を教えてくれるコラム – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

なぜ相場が下がっても放置すると儲けられるのか、その秘訣を教えてくれるコラムが、現代マネーに掲載されていたのでご紹介します。 日本株の「クリスマス暴落相場」で株を投げ売った素人投資家の末路(山崎 俊輔) 日本株市場では昨年12月のクリスマスの急落相場で、驚いて自分の証券口座にログイン、損失額に真っ青にな…

引用元の詳しい内容はこちら

投資信託の制度・規制緩和の年表、インデックス投資の(勝手)年表 – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

(2018/12/13 残高は国家予算を超える101.28兆円!誕生から振り返る平成の投資信託 | トウシルより引用) 1951年の日本初の投信が国内株式クラスだけだったところ、1961年に国内債券の組み入れが可能になり、1970年に外国証券の組み入れが可能になり、1978年に為替ヘッジ先物予約が可能になり、2003年にはREITが解禁に…

引用元の詳しい内容はこちら

マイナンバーの届出経過措置の期限迫る。使っていない証券口座を断捨離 – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

2016年1月に始まった投資信託口座へのマイナンバー届出に関する経過措置は2018年末で終了するとのこと。
野村総合研究所(NRI) WEBサイト
金融ITフォーカス2018年10月号 マイナンバーの2019年問題
現在は、たとえば「eMAXIS Slim」シリーズや「ニッセイ購入・換金手数料なし」シリーズなどの様々な資産クラスのインデッ…

引用元の詳しい内容はこちら