カテゴリー別アーカイブ: スマートフォン

LINEペイがタッチ決済 スマホとカード連携加速  :日本経済新聞

乱立するキャッシュレス決済でクレジットカードとQRコードの垣根を越えた連携が加速してきた。LINEの子会社であるLINEペイ(東京・品川)は三井住友カードと連携し、年内にもスマートフォンを読み取り機にかざす「タッチ決済」に対応する。利用者はQRコード以外にも支払い方法を選べるようになり、決済できる店舗の裾野…

引用元の詳しい内容はこちら

LINEペイがタッチ決済 スマホとカード連携加速  :日本経済新聞

乱立するキャッシュレス決済でクレジットカードとQRコードの垣根を越えた連携が加速してきた。LINEの子会社であるLINEペイ(東京・品川)は三井住友カードと連携し、年内にもスマートフォンを読み取り機にかざす「タッチ決済」に対応する。利用者はQRコード以外にも支払い方法を選べるようになり、決済できる店舗の裾野…

引用元の詳しい内容はこちら

「友だちがフォートナイトの課金を自慢してくる……」 小学生にフォートナイトの課金をさせるか迷う保護者の漫画に考えさせられる (1/2) – ねとらぼ

8歳、6歳、3歳の3人のお子さんを育てるたぷりく(@taprikoo)さんが、ゲーム「フォートナイト」の課金について、漫画にしています。子どものゲーム課金をどの程度許可するのか、多くの保護者が迷っているようです。 フォートナイトの課金が子どものトラブルに? ゲーム「フォートナイト」は、小学生にも大人気のオンライ…

引用元の詳しい内容はこちら

体力勝負のスマホ決済、勝者はどこか?  :日本経済新聞

スマートフォンを専用機器にかざして支払いを済ませるスマホ決済が拡大している。2020年4~6月期決算では、各社とも登録者数や取扱高を大きく伸ばした。だが、先行投資もあり、各社とも赤字が続く。利益なき競争を抜け出すのはどこか。 「まずは規模を大きくしたい」。傘下のヤフーを通じて「PayPay」の運営会社PayPay(…

引用元の詳しい内容はこちら

体力勝負のスマホ決済、勝者はどこか?  :日本経済新聞

スマートフォンを専用機器にかざして支払いを済ませるスマホ決済が拡大している。2020年4~6月期決算では、各社とも登録者数や取扱高を大きく伸ばした。だが、先行投資もあり、各社とも赤字が続く。利益なき競争を抜け出すのはどこか。 「まずは規模を大きくしたい」。傘下のヤフーを通じて「PayPay」の運営会社PayPay(…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天モバイルに聞く「Rakuten Mini」開発秘話 なぜ自社ブランド端末が必要だったのか (1/3) – ITmedia Mobile

楽天モバイルがMVNO時代から注力していたのが端末ラインアップだ。MNOのサービス開始に合わせて、自社ブランドの「Rakuten Mini」を投入した。Rakuten Miniの開発や販売に携わった楽天モバイルのメンバーに、同モデルの特徴やラインアップ全体の方向性を聞いた。 データ容量無制限の「Rakuten UN-LIMIT」プランを引っ提…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天モバイルに聞く「Rakuten Mini」開発秘話 なぜ自社ブランド端末が必要だったのか (1/3) – ITmedia Mobile

楽天モバイルがMVNO時代から注力していたのが端末ラインアップだ。MNOのサービス開始に合わせて、自社ブランドの「Rakuten Mini」を投入した。Rakuten Miniの開発や販売に携わった楽天モバイルのメンバーに、同モデルの特徴やラインアップ全体の方向性を聞いた。 データ容量無制限の「Rakuten UN-LIMIT」プランを引っ提…

引用元の詳しい内容はこちら

ソフトバンクグループ 1兆3646億円の赤字 過去最大 | NHKニュース

ソフトバンクグループは、ことし3月期のグループ全体の決算を発表し、営業損益は2兆円を超える黒字だった前の年から一転し、1兆3646億円の巨額の赤字になりました。最終的な損益も9615億円の赤字でした。

引用元の詳しい内容はこちら

スマホ少額決済、気づけば借金 若者に多重債務リスク  :日本経済新聞

多重債務者が再び増え始めている。融資額に規制ができた2010年度から減少して2年前には115万人程度になったが、足元は約120万人と増加基調に転じている。背景にあるのが、スマートフォンを使う買い物と簡単な借り入れの増加だ。キャッシュレス決済の普及もあり、個人が気づかないうちに多額の借金を抱えるリスクにさらさ…

引用元の詳しい内容はこちら

スマホ少額決済、気づけば借金 若者に多重債務リスク  :日本経済新聞

多重債務者が再び増え始めている。融資額に規制ができた2010年度から減少して2年前には115万人程度になったが、足元は約120万人と増加基調に転じている。背景にあるのが、スマートフォンを使う買い物と簡単な借り入れの増加だ。キャッシュレス決済の普及もあり、個人が気づかないうちに多額の借金を抱えるリスクにさらさ…

引用元の詳しい内容はこちら