【米国株】失業保険手当は7月末、来週注目は小売り売上! – ”もみあげ”の米国株投資-お金で幸せになる!-

先週はパウエルショックともいえる史上4番目の暴落率の暴落が発生、そして金曜日は反発して上昇など、最近の米国株のボラティリティの激しさを象徴するような週になりました。 先週の指数の変動を確認しながらも、コロナの感染率の拡大やFEDの金融政策以外で来週以降に注目したい点を少しおさらいしながら来週の展望を少…

引用元の詳しい内容はこちら

大手銀行の定期預金金利が0.01%⇒0.002%に!?金利が高いネット銀行に預け替えるべき? – 現役投資家FPが語る

コロナ禍の中、大手銀行の定期預金金利が下がったことをご存知でしょうか? 三井住友銀行は2020年4月1日に定期預金金利を年0.01%から0.002%に引き下げています。 100万円を預けて利息は20円(税引前)という悲惨な状態です。 更に、ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行などが追随して定期預金金利を引き…

引用元の詳しい内容はこちら

苦境地銀に「永久」公的資金 消えない9月不安説  :日本経済新聞

新型コロナウイルスの感染拡大で、金融庁が危機モードに転換した。12日に成立した改正金融機能強化法は公的資金の申請期限を4年間延ばし、2026年3月にする。金融庁は競争を促し、退出すべき銀行をあぶり出す地銀改革を一丁目一番地に置いてきた。返済義務の免除も売り物にしたコロナ特例は、行政方針の転換とも取られか…

引用元の詳しい内容はこちら

ビジネス特集 米株高 “ひとり旅”のなぜ | NHKニュース

アメリカの株高が止まらない。 新型コロナウイルスの感染拡大で2月末に暴落したはずのダウ平均株価は、その後、空前の悪化指標が相次ぐ中でも値上がりを続け、気がつけば27000ドルを回復。ナスダック株価指数は、なんと6月に入って史上最高値を更新する勢いだ。なぜ、こんなに上がるのか。「実体経済とのかい離」の声も…

引用元の詳しい内容はこちら

遺産で1350万円貰える事になった

まぁ不労所得なんで何か有意義に使えないか悩んでいる。 はてなーからしたら1350万円なんてはした金だろうけど、俺には結構な大金なんだ。 そんな俺が少ない脳みそ使って、お金の有意義な使い方を考えて見たんだけどあんまりいい案が浮かばない。 一応結婚してて子供もいる、まだ小さいけどね。 出来れば貯金するとか株…

引用元の詳しい内容はこちら

遺産で1350万円貰える事になった

まぁ不労所得なんで何か有意義に使えないか悩んでいる。 はてなーからしたら1350万円なんてはした金だろうけど、俺には結構な大金なんだ。 そんな俺が少ない脳みそ使って、お金の有意義な使い方を考えて見たんだけどあんまりいい案が浮かばない。 一応結婚してて子供もいる、まだ小さいけどね。 出来れば貯金するとか株…

引用元の詳しい内容はこちら

茨城に480万円で家を買って東京で働く話 – すぎやまたいちのブログ

概要 都内で働き、都内に住んでいたが、茨城県の中古一戸建てを購入して引っ越した。 家自体の値段は480万円、追加でリフォーム費用が200万円ほど。 郊外暮らしもそこまで不便ではないので選択肢の一つに入れても良いのではなかろうか。 背景 地方から上京し、妻と当時2歳の息子と同居していた。 8万円で2DKのマンション…

引用元の詳しい内容はこちら

月に配当5万円を得る投資は、実はさほど難しいことではない – たぱぞうの米国株投資

月に5万円の配当は、意外とすぐ手の届くところにある 配当金でセミリタイアをするとなると、それなりに投資額がかさみます。しかし、月に5万円の配当金というのは、意外に手の届くところにありますね。 退職時に1000万円の貯蓄があり、退職金が1000万円あるとします。併せて2000万円です。米国株高配当ETF…

引用元の詳しい内容はこちら

ふるさと納税の基本的知識【やらなきゃ損するレベル】 – 30代大学教員の米国株ブログ

みなさんこんにちは。 白豚です。 みなさん今年のふるさと納税は行いましたか? ふるさと納税は実質2,000円で返礼品がいろいろ頂ける制度なので、絶対に活用すべきです。 普段あまり押しが強くないわたくし白豚でも絶対に活用すべきと言うほどふるさと納税はお得です。 ふるさと納税をやらないと損します。 なかには、翌…

引用元の詳しい内容はこちら

ふるさと納税の基本的知識【やらなきゃ損するレベル】 – 30代大学教員の米国株ブログ

みなさんこんにちは。 白豚です。 みなさん今年のふるさと納税は行いましたか? ふるさと納税は実質2,000円で返礼品がいろいろ頂ける制度なので、絶対に活用すべきです。 普段あまり押しが強くないわたくし白豚でも絶対に活用すべきと言うほどふるさと納税はお得です。 ふるさと納税をやらないと損します。 なかには、翌…

引用元の詳しい内容はこちら