山本太郎は嫌いでもMMTは嫌わないでください – 森永卓郎|論座 – 朝日新聞社の言論サイト

金融緩和を継続できる余地はまだまだ大きい MMT(近代貨幣理論)への風当たりが強い。MMTというのは、財政均衡の目途を基礎的財政収支に置くのではなく、上限となるインフレ率(例えば3%)になるまでは、財政赤字を許容するという考え方だ。もちろん、そこで生まれた赤字国債は、中央銀行が買い入れる。中央銀行は政府…

引用元の詳しい内容はこちら

山本太郎は嫌いでもMMTは嫌わないでください – 森永卓郎|論座 – 朝日新聞社の言論サイト

金融緩和を継続できる余地はまだまだ大きい MMT(近代貨幣理論)への風当たりが強い。MMTというのは、財政均衡の目途を基礎的財政収支に置くのではなく、上限となるインフレ率(例えば3%)になるまでは、財政赤字を許容するという考え方だ。もちろん、そこで生まれた赤字国債は、中央銀行が買い入れる。中央銀行は政府…

引用元の詳しい内容はこちら

安倍総理が衆議院解散をしなかった“どこも報道しない”その背景 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月26日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。国会会期末を迎え、安倍総理が衆議院解散をしなかった理由について解説した。 国会会期末~内閣不信任決議案は否決 国会はきょう26日に会期末を迎える。25日に野党側から衆議院に提出された内閣不信任決議案は否決された。与野党…

引用元の詳しい内容はこちら

安倍総理が衆議院解散をしなかった“どこも報道しない”その背景 | ニッポン放送 ラジオAM1242+FM93

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月26日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。国会会期末を迎え、安倍総理が衆議院解散をしなかった理由について解説した。 国会会期末~内閣不信任決議案は否決 国会はきょう26日に会期末を迎える。25日に野党側から衆議院に提出された内閣不信任決議案は否決された。与野党…

引用元の詳しい内容はこちら

米アップルが100億円出資へ JDIに大口顧客の支援:朝日新聞デジタル

経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)に対し、米アップルが1億ドル(約107億円)を出資する方向になった。JDIにとって、アップルは直近の売上高の6割を占める大口顧客。中国・台湾の企業連合による金融支援の枠組みが崩れるなか、大口顧客の支援も仰ぎ、再建の道筋をつけることをめざす。 …

引用元の詳しい内容はこちら

米アップルが100億円出資へ JDIに大口顧客の支援:朝日新聞デジタル

経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)に対し、米アップルが1億ドル(約107億円)を出資する方向になった。JDIにとって、アップルは直近の売上高の6割を占める大口顧客。中国・台湾の企業連合による金融支援の枠組みが崩れるなか、大口顧客の支援も仰ぎ、再建の道筋をつけることをめざす。 …

引用元の詳しい内容はこちら

Facebookの仮想通貨「Libra」の登場で考える、お金とはどうあるべきものか? | TechCrunch Japan

Facebookコンソーシアムから、プロジェクトLibraのホワイトペーパーが発表されたことを受けて、インターネット、ハイテク業界、金融サービス業界、そして政策界のすべてが、プロジェクトの可能性についての大激論を重ねている。 私たちはまだ、Libraのある世界の、極めて初期段階に立っているだけだ。なにしろまだこれは…

引用元の詳しい内容はこちら

主役はデータ人材 迫るGAFAの脅威  :日本経済新聞

人工知能(AI)による監査の本格化が迫り、監査法人の現場ではシステムを操り、データを読み解く能力が急速に求められるようになっている。財務諸表などの書類を定型的に読み解くイメージはすでに過去のものとなりつつある。 「監査の現場も魅力的だったが、AIなどを使って監査のシステム全体を変える仕事に魅力を感じた…

引用元の詳しい内容はこちら

主役はデータ人材 迫るGAFAの脅威  :日本経済新聞

人工知能(AI)による監査の本格化が迫り、監査法人の現場ではシステムを操り、データを読み解く能力が急速に求められるようになっている。財務諸表などの書類を定型的に読み解くイメージはすでに過去のものとなりつつある。 「監査の現場も魅力的だったが、AIなどを使って監査のシステム全体を変える仕事に魅力を感じた…

引用元の詳しい内容はこちら

税収最高の60兆円超 18年度、バブル期上回る  :日本経済新聞

国の2018年度の税収が60兆円超になることが26日、分かった。バブル期の1990年度(60.1兆円)を超えるのは確実で過去最高となる。18年度は世界経済が好調で株式の配当収入などが増え、所得税が伸びた。 財務省は18年12月に閣議決定した第2次補正予算案で18年度の税収を59.9兆円と見込んでいたが、数千億円上振れする見通…

引用元の詳しい内容はこちら