タグ別アーカイブ: economics

ポール・クルーグマン 『私が東京で言ったこと』:niconicoffeeのブロマガ – ブロマガ

クルーグマン教授がこのツイート(日本時間2016年3月26日21時ごろの投稿)で公開した議事録を全文和訳しました。こちらが原文(PDF)です。
私が一番乗りだと嬉しいんですが、もう誰か訳しちゃいましたかね?
誤訳などあればご指摘いただけますと幸甚に存じます。
==========================…

引用元の詳しい内容はこちら

『経済政策で人は死ぬか?』4章までレビュー:IMFの罪とアイスランドの逆転劇 – Togetter

デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バス『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』のレビュー。あまりにも読み応えのある本だったので久しぶりに連ツイ。
2018/05/07 追記:原著は2013年に発行された本のため、現在ではIMFも各国の状況もまた変わっている可能性があります。

引用元の詳しい内容はこちら

東工大、金融市場トレーダーの行動法則をボルツマン方程式を用いて解明 | マイナビニュース

東京工業大学(東工大)は、同大の研究グループが、ドル円市場の売買注文のトレーディング・ログをトレーダー個々のレベルで分析し、注文行動時に共通する統計法則を発見したことを発表した。また、それに基づいた市場の数理モデルを構築し、ボルツマン方程式を用いて市場のさまざまな特性を理論的に導出することに成功し…

引用元の詳しい内容はこちら

「安倍政権は経済重視」という印象操作 – Think outside the box

安倍内閣総理大臣が2012年末の就任記者会見で
強い経済は、日本の国力の源であります。強い経済の再生なくして財政再建も日本の将来もありません。
内閣の総力を挙げて、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、この三本の矢で経済政策を力強く進めて結果を出してまいります。頑張った人が報わ…

引用元の詳しい内容はこちら

2014年7−9月期のGDPを押し下げた本当の要因 : 経済ニュースゼミ

経済ニュースゼミ
小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。
ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以…

引用元の詳しい内容はこちら

世界のマクロ経済指標の変化が超わかりやすいアプリ – My Life in MIT Sloan

これはMITの先生に教えてもらったサイト。
世界の国々のマクロ経済指標の変化がひと目でわかる、という優れものアプリ-GapMinder
http://www.gapminder.org/world/
あらゆる経済学のサイトの中でも、特に優れている、ということで近年注目を浴びているサイトだ。
経済指標の歴史がすぐ分かる視認性の良さだけでなく、見…

引用元の詳しい内容はこちら

サイモン・レン=ルイス「マクロ経済安定化には政策金利か財政政策か」 — 経済学101

[Simon Wren-Lewis, “Interest rate vs fiscal policy stabilisation,” Mainly Macro, August 15, 2018]
主流経済学者と現代貨幣理論 (Mondern Monetary Theory; MMT) 経済学者をわかつのは、「マクロ経済の安定化に金融政策と財政政策のどちらを用いるべきか(需要を制御してインフレ率と産出に影響を及ぼす方法として…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀資産、初のGDP超え=大規模緩和で548兆円:時事ドットコム

日銀資産、初のGDP超え=大規模緩和で548兆円
株式市場
国内総生産
日銀が保有する国債などの総資産が548兆9408億円に達し、2017年の名目GDP(国内総生産、546兆円)を上回ったことが14日、分かった。異次元緩和で国債などを大量に購入したのが要因。総資産が通年ベースのGDPを上回るのは初…

引用元の詳しい内容はこちら

アングル:米株の強気相場いつ終わるか、転換点を占う12の指標 | ロイター

[ニューヨーク 25日 ロイター] – 記録的な長さとなった米国の景気拡大と米国株の強気相場はいつ終わり、下降期に入るのか──。エコノミストと投資家はその転換点を知るため、いくつかの指標を注視している。
7月25日、記録的な長さとなった米国の景気拡大と米国株の強気相場はいつ終わり、下降期に入るのか。写…

引用元の詳しい内容はこちら

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。
内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という…

引用元の詳しい内容はこちら