タグ別アーカイブ: 金融

銀行系と消費者金融系の違い | キャッシング即日ガイド

キャッシングを調べてみると、銀行系キャッシングと消費者金融系という言葉が出てくるはずです。 最近ではキャッシングサービスを提供する企業も多くあるので、大まかな分け方であるとは言えますが、具体的にどんな違いがあるのかを考えてみましょう。 銀行系キャッシングと消費者金融系の大きな違いを理解しておこう そもそも話ですが、銀行系キャッシングとは銀行が母体となって行っているキャッシングサービスのことを指しま…

引用元の詳しい内容はこちら

VALUが単なる「ねずみ講」になるのを防ぐには、上場者が他の上場者のVAを購入することに一定の制限を加える必要がある – Market Hack

勘違いしないで欲しいのですが、 僕はVALUを応援しています 。 僕は新しいモノに誰よりも先に飛びつくのが好きです。 一例として日本でキンドル・ダイレクト・パブリッシング(KDP)が始まった時、(一番乗りで試してみよう)と思い、サービス開始直後にキンドル本を出しました。 いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります ニューヨーク三部作 [Kindle版] KDPのCMS(コンテンツ・マネー…

引用元の詳しい内容はこちら

誰にでもできるアルトコイン投機判断 – 西欧の車窓から – Medium

誰にでもできるアルトコイン投機判断 皆さんこんにちは。今日も元気に投機してますか? 投機、楽しいですよね。僕は大好きです。 さて、投機の本質とはなんでしょう?そう、 「安く売って、高く買う」 ことです。俗にキャピタルゲインと呼ばれる利益ですね。 暗号通貨の売買で利益を狙う行為はこの投機です。昨今では「仮想通貨投資」なんて言葉が使われることがよくあるので、特に初心者の間では投資だと考えている方が多い…

引用元の詳しい内容はこちら

預金残高ついに1000兆円 回らぬ経済象徴  :日本経済新聞

金融機関に預金が集まり続けている。銀行や信用金庫などの預金残高は2017年3月末時点で、過去最高の1053兆円となった。日銀のマイナス金利政策で金利はほぼゼロにもかかわらず、中高年が虎の子の退職金や年金を預け続けている。預金は銀行の貸し出しの原資だが、今は活用されないまま積み上がる「死に金」。沸き立たぬ日本経済の今を映し出す。  「預金を集めているわけではないんだが」。大手銀行幹部は苦笑する。メガ…

引用元の詳しい内容はこちら

住信SBIネット銀行で住宅ローンを借り入れるメリット、デメリット|住宅ローンニュース、金利速報を配信!|スマイルローンニュース

こんにちは現役FPのスマイリーかずです。今日は住信SBIネット銀行で住宅ローンを借り入れした場合のメリット・デメリットについて解説します。 住信SBIネット銀行とは? 住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行とネット証券等を行っているSBIホールディングスが共同で出資して出来たネット銀行です。 振込手数料やATMで引き出す手数料が最大月15回まで無料で、預金の金利も好金利ということもあり、2016…

引用元の詳しい内容はこちら

“教祖様”にざんげされた日銀 バーナンキ前FRB議長の反省 | 金融市場異論百出 | ダイヤモンド・オンライン

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学…

引用元の詳しい内容はこちら

不動産の9割が下がっていく : 日経BizGate

本格的な人口減少時代の到来によって、不動産市場が大きく変わろうとしています。「不動産格差」は既に全国各地で顕在化していますが、時間の経過ととともにますます開き続けるでしょう。資産化する「富動産」から、マイナス資産となる「負動産」まで、「勝ち組不動産」と「負け組不動産」がはっきりする時代が到来したのです。いま不動産市場で何が起きているのか、これからどうなるのかを探ります。 不動産は三極化する 不動産…

引用元の詳しい内容はこちら

VISA、目立たぬ「金融の巨人」知られざる正体 | 金融業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

泉田 良輔 :テクノロジーアナリスト/GFリサーチ合同会社 代表 泉田 良輔 Ryosuke Izumida テクノロジーアナリスト/GFリサーチ合同会社 代表 愛媛県松山市生まれ。慶應義塾大学商学部卒業、同大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了(同研究科最優秀賞を受賞)。日本生命保険・国際投資部にて外国株式ポートフォリオマネージャーとしてインターネットやメディア、小売りセクタ…

引用元の詳しい内容はこちら

「日経平均2万円」も風前の灯火、世界景気はもう減速に向かっている(安達 誠司) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

世界景気はピークアウト間近? 6月に入り、日経平均株価もついに2万円の大台に乗り、株式市場にも明るさが戻った。今週になって、再び2万円を割り込んでしまったが、市場関係者の株価の先行きに対する強気の見方は変わっていない。 強いのは、日本株だけではない。アジア新興国を中心に、年初来高値を記録する国が続出している。例えば、日本の経済論壇ですこぶる評判の悪い韓国の株価は非常に強い。韓国の代表的な株価指数で…

引用元の詳しい内容はこちら

ベン・バーナンキ「日本の金融政策に関する考察」 – 道草

以下は、Ben S. Bernanke, “ SOME REFLECTIONS ON JAPANESE MONETARY POLICY “の翻訳になります。 今回、この会議に招待していただき、金融政策に関して学ぶことができた教訓と今後の課題について話す機会を与えてもらったことに感謝します。金融政策の革新と実験の時代の後になって、その間はしばしば日本銀行が最前線に立つことになったわけですが、これまで…

引用元の詳しい内容はこちら