タグ別アーカイブ: 金融

[FT]安全資産・日本円の終わりの始まり?  :日本経済新聞

映画「スター・ウォーズ」に極めて重要な場面がある。見つけられない惑星があるはずの場所で、ヒーローたちが怪しい小惑星の合間を飛行するシーンだ。彼らはゆっくりと、その意味に気づいて身震いする――。外国為替市場は今、日本円について、これと似たような体験をしている。
2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を…

引用元の詳しい内容はこちら

[FT]安全資産・日本円の終わりの始まり?  :日本経済新聞

映画「スター・ウォーズ」に極めて重要な場面がある。見つけられない惑星があるはずの場所で、ヒーローたちが怪しい小惑星の合間を飛行するシーンだ。彼らはゆっくりと、その意味に気づいて身震いする――。外国為替市場は今、日本円について、これと似たような体験をしている。
2000億ドル分の中国製品に10%の追加関税を…

引用元の詳しい内容はこちら

2019年へのドル円のレート推移予想と空売り開始 | グローバルマクロ・リサーチ・インスティテュート

さて、そろそろ新しいポジションを始めてみようと思う。ドル円の空売りである。
2018年、アメリカでは金融引き締めが続いている。利上げによって政策金利は2%まで上昇し、それに加えて量的緩和を逆回転させるマネタリーベース縮小は、量的緩和と同じ速度で世界の金融市場から毎月資金を引き揚げ続けている。
既にリスク…

引用元の詳しい内容はこちら

駅券売機で現金引き出し 東急線で2019年春からスタート、ゆうちょ銀行と横浜銀行など利用可能 – ねとらぼ

東急線の各駅に設置されている券売機で、提携銀行の口座から現金を引き出せるキャッシュアウト(出金)サービスの導入を東京急行電鉄が発表しました
東急各駅の券売機で現金が引き出せるように
このキャッシュアウトサービスはGMOペイメントゲートウェイサービスが開発した「銀行口座と連動したスマホ決済サービス」を活…

引用元の詳しい内容はこちら

日本国債めぐる、かつてないほどの異常事態 | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

このところ、日本国債市場の低迷が話題になっている。10年物国債先物の利回りが10営業日連続で変化なし、といった具合に史上まれに見る膠着状態が続いている。短期国債を対象とした先物取引も取引がまったくない日が出てくるなど、債券市場はじめての低迷相場が続いていると言っていい。
こうした債券市場の低迷は、言う…

引用元の詳しい内容はこちら

東日本銀行、コンプライアンス上等な経営体制に金融庁から業務改善命令 : 市況かぶ全力2階建

浜銀は社内クーデター勃発、東日本は前々から噂されてたガバガバ体制が露呈ってコンコルディアアグレッシブだな
— 浅瀬沖浦 (@LV290JD) 2018年7月12日
http://www.concordia-fg.jp/shareholder/individual/contents01/index.html
東日本銀行の出てましたね。これは…さすがに怒られても仕方ないかな。https://t.co/ghlEOB…

引用元の詳しい内容はこちら

親の成年後見人になった私が後悔している事 | 相続 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

成年後見制度の大きな落とし穴――それは、たとえ子どもが「自分が親の成年後見人になります!」と申し立てても、家庭裁判所が、不適任と判断すれば、専門職後見人(弁護士や司法書士など)が選ばれることです。幸いにして、子どもが後見人に選ばれたとしても、多くの場合、成年後見人を監督する成年後見監督人(弁護士や…

引用元の詳しい内容はこちら

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。
内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という…

引用元の詳しい内容はこちら

磁気不良のカード、ATMで自動修復 三井住友銀行:朝日新聞デジタル

三井住友銀行は11日、磁気不良を起こして読み取りにくくなっているキャッシュカードを現金自動出入機(ATM)が自動で検知し、修復するサービスを始めた。ICチップが付いたキャッシュカードが対象で、三井住友銀の全ATM約5700台で始める。
キャッシュカードは磁石の近くに置くなど、使い方次第で磁気不良を…

引用元の詳しい内容はこちら

磁気不良のカード、ATMで自動修復 三井住友銀行:朝日新聞デジタル

三井住友銀行は11日、磁気不良を起こして読み取りにくくなっているキャッシュカードを現金自動出入機(ATM)が自動で検知し、修復するサービスを始めた。ICチップが付いたキャッシュカードが対象で、三井住友銀の全ATM約5700台で始める。
キャッシュカードは磁石の近くに置くなど、使い方次第で磁気不良を…

引用元の詳しい内容はこちら