タグ別アーカイブ: 経済指標

ファンダメンタルズ分析のために知っておく必要がある経済指標の3つの分類

どうも、HAKUMAです。
経済を知るということは、多い少ないに関わらず、あなたの大切な資産を守ることに繋がります。
また、自分の資産を守ることは、投資で成功するための大原則です。
30代や40代のサラリーマンが、家族の将来を考え、そして自分の老後のことなどをしっかりと計画していくのであれば、銀行に預けるだけ…

引用元の詳しい内容はこちら

「安倍政権は経済重視」という印象操作 – Think outside the box

安倍内閣総理大臣が2012年末の就任記者会見で
強い経済は、日本の国力の源であります。強い経済の再生なくして財政再建も日本の将来もありません。
内閣の総力を挙げて、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略、この三本の矢で経済政策を力強く進めて結果を出してまいります。頑張った人が報わ…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクス・4月はロケットスタート – 経済を良くするって、どうすれば

4月の経済指標は極めて好調だ。2.2%成長を達成した1-3月期は、2次速報で上方修正が予想されており、4-6月期に入っても、その勢いは続いている。「雇用は増えても、消費は」と言われてきたが、消費中心の成長となっている。次は、物価上昇が見られるだろう。日本経済は、0% 台前半の成長力しかないと見限られていたが、大…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクス、完全に成功…戦後3番目の長期好景気突入、「失われた20年」を脱出 | ビジネスジャーナル 2017.05.02 文=高橋洋一/政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授 

「首相官邸 HP」より
2012年12月に始まったアベノミクス景気が、バブル期を超えて戦後3番目の長さになった。現在の景気は、安倍政権の経済政策が功を奏しているのか。
これについて日本経済新聞は、景気回復の実感が乏しいとして、その理由に潜在成長率の低下を挙げている。マクロ経済分析の問題であるにもかかわらず、…

引用元の詳しい内容はこちら

エンゲル係数、29年ぶり高水準 食文化の変化が影響か:朝日新聞デジタル

消費支出のうち食費が占める割合を示す「エンゲル係数」が急伸している。総務省の家計調査によると、2016年(2人以上世帯)は25・8%と前年から0・8ポイント上昇し、29年ぶりの高水準になった。かつて学校で、低下することが「豊かさを測る尺度の一つ」と教わった係数がなぜ今、上昇しているのか。
東京都江…

引用元の詳しい内容はこちら

経済指標ダッシュボード:日本経済新聞 – 日経ビジュアルデータ

日本経済の動向を把握するのに役に立つ経済指標を一覧できます。国内総生産(GDP)成長率や物価上昇率など政府・日銀が注目する指標から金融市場の指標まで、データやグラフの保存もできます。

引用元の詳しい内容はこちら

ハイテク・バブル崩壊か?卓球台が鳴らす警鐘 – WSJ

【サンフランシスコ】米ツイッターが先週発表した四半期決算は内容が冴えず、投資家を動揺させた。しかし、投資家が一つの「指標」に注目していれば、1年以上前に問題を予測できていたかもしれない。
ツイッターは2014年の終わり頃まで、カリフォルニア州サンノゼに店舗を構える「ビリヤード・ホールセール」から定期的…

引用元の詳しい内容はこちら

株式投資家必見!情報収集に欠かせないTwitterアカウント10選 | ZUU online

情報収集が命取りともなる株式投資。とは言え、実際に周囲の投資家がどのような経済情報を収集して投資に役立てているのか見えにくい部分も多い。SNSが世に広まるまでは、そうした情報は公にされることは少なかったが、今や個人でもSNSを通して世に発信できる時代。そこで今回は、株式投資をする際に、フォローしておき…

引用元の詳しい内容はこちら

2014年7−9月期のGDPを押し下げた本当の要因 : 経済ニュースゼミ

経済ニュースゼミ
小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。
ようこそ「経済ニュースゼミ」へ。当ブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。私は2004年以…

引用元の詳しい内容はこちら

FX初心者必見。米国の重要経済指標14指標のまとめ – 株式、FXのまとめ解説

米国経済指標は超重要

経済指標の発表はしばしば為替・株式市場で大きな話題になります。特に米国経済は、(世界経済に占めるシェアが低下し続けているとはいえ)世界最大の経済大国の指標であり、大きな注目が集まります。
今回は比較的重要な経済指標をなるべく網羅的に取り上げ、その特徴を紹介することにします。

引用元の詳しい内容はこちら