タグ別アーカイブ: 歴史

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争・続き – himaginaryの日記

昨日紹介したバーナンキのエントリに、クルーグマンが「Steeper Versus Deeper (Wonkish)」と題したエントリで反論したほか、ディーン・ベーカーも異を唱えた。
以下はベーカーの論点の概要。
金融危機が、住宅価格の低下と、住宅バブルがもたらした消費ブームの終わりを(いずれも既に進行していたが)早めたことに異論…

引用元の詳しい内容はこちら

金融危機か、住宅バブル崩壊か:大不況の深刻化を巡るバーナンキとクルーグマンの論争 – himaginaryの日記

昨日エントリでは、10年前の危機の本質は信用不安であって住宅バブルの崩壊ではない、というバーナンキ=ポールソン=ガイトナー見解と、財政刺激策こそが対処策として重要、というサマーズの見解を対照させたDavid Warshのエントリを紹介した。一方、クルーグマンがそこで言うサマーズ見解と同じ立場に立ってバーナンキ…

引用元の詳しい内容はこちら

ザイFX! – FXトレーダー、FX初心者に役立つ為替チャートやFX会社比較

【8月20日~の週】為替相場の注目材料スケジュールと焦点
【今週の為替相場の注目材料スケジュールと焦点(ユーロドル及びドル円が中心)】
■8月20日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
▼今週(8/20~)に、オーストラリア、欧州、米国の議事録の公表が予定
▼来週(8/27~)に、主要国の金融政策の発表や議事録…

引用元の詳しい内容はこちら

世界のマクロ経済指標の変化が超わかりやすいアプリ – My Life in MIT Sloan

これはMITの先生に教えてもらったサイト。
世界の国々のマクロ経済指標の変化がひと目でわかる、という優れものアプリ-GapMinder
http://www.gapminder.org/world/
あらゆる経済学のサイトの中でも、特に優れている、ということで近年注目を浴びているサイトだ。
経済指標の歴史がすぐ分かる視認性の良さだけでなく、見…

引用元の詳しい内容はこちら

米国は中国をいたぶり続ける:日経ビジネスオンライン

米中貿易摩擦の展開をどう読みますか。「おとしどころ」は?
真田:米国は中国をいたぶり続けます。「おとしどころ」などありません。台頭する中国を抑えつけるのが目的ですから。これは貿易摩擦ではなく、覇権争いなのです。「終わり」のない戦いです。
鈴置:米国は中国に対し具体的な要求を掲げていません。中国が何…

引用元の詳しい内容はこちら

スティーブン・ローチの見たQEの5つの教訓 – himaginaryの日記

AEIセミナーでの昨日紹介したケビン・ウォーシュ(Kevin Warsh)の講演の後には、元モルスタアジア会長で現イェール大・シニアフェローのスティーブン・ローチが登壇している。ローチもウォーシュと同様、QEにやや懐疑的な立場を示しており*1、以下の5つの論点を挙げている。
QEの効果
QE1は、雇用の最大化と物価の安定…

引用元の詳しい内容はこちら

QE1策定に関わった元FRB理事のQE観 – himaginaryの日記

昨日紹介したQEを巡るAEIセミナーでは、危機時にFRB理事を務めていたKevin Warshも登壇している。Warshは、現時点の彼のQEの評価として以下の5点を挙げている。
QE1は成功だったが、単独で成功したわけではなく、FRBの他の政策との組み合わせの中で効果を発揮した。それも直接的に効果を発揮したというよりは、求められ…

引用元の詳しい内容はこちら

ギャニオン「日本で露わになった量的緩和の限界」 – himaginaryの日記

アメリカン・エンタープライズ研究所が、10年間の量的緩和の教訓をテーマとした講演とパネル討論の会を6月に開催した(H/T Mostly Economics)。その終盤の会場からの質問への回答の中で、ジョー・ギャニオンが日本のこれまでの量的緩和政策に毒を吐いている。
When QE first happened, two central banks went in quick…

引用元の詳しい内容はこちら

ソフトバンク、小が大を呑む買収劇を支えた「執念の資金調達術」の歴史(ダイヤモンド・オンライン) – Yahoo!ニュース

『週刊ダイヤモンド』2018年8月11・18日合併特大号の第一特集は「2018年版 決算書100本ノック!」。特集の発売に合わせた特設サイトでは過去の財務特集の人気記事や漫画などを無料で公開。今回は2015年1月24日号「孫正義 世界を買う」から「ソフトバンク執念の資金調達テクニック」を紹介。小が大を飲み込むソフトバンク…

引用元の詳しい内容はこちら

テスラ上場廃止提案ツイートは財務的リスカに等しい! 桐一葉落ちて天下の秋を知れ! – Market Hack

昨日テスラ(ティッカーシンボル:TSLA)のイーロン・マスクCEOが「一株当たり420ドルで(市場から株式を全部買い上げ)非公開化することを考えている。もう資金の手当てもメドがついている」と突然ツイートし、金融関係者は目が点になりました。
このツイートの直後は、マスクの真意を測りかね(え、これって、冗談?)…

引用元の詳しい内容はこちら