タグ別アーカイブ: 暮らし

「節税保険」実態解明へ 金融庁、商品設計を問題視:朝日新聞デジタル

生命保険各社が「節税」をアピールして中小企業経営者に売り込む保険について、金融庁が商品の設計などを問題視し、実態調査に乗り出した。保険料支払いで課税所得を減らし、将来解約すれば保険料の多くが戻って節税効果を上げる商品。最近は保険会社の営業が過熱しており、金融庁は保険の趣旨を逸脱するおそれがないか…

引用元の詳しい内容はこちら

電話注文で売ったはずの株が売れてない、みずほ証券システム障害の3日間 : 市況かぶ全力2階建

みーずほ!みずほみーずほ!障害!
みーずほみずほで未約定〜!
— はいじん (@haijin88) 2018年6月27日
・1日目
みずほ証券、ログイン画面にも行き着けないぞ pic.twitter.com/pvr25k1Ztk
— (๑╹◡╹๑) (@tsuchie88) 2018年6月26日
みずほ見に行ったら一部システムで不具合って書いてるけど、ユーザー側から見たら全部です…

引用元の詳しい内容はこちら

みずほ証券システム障害、2日経っても解消せず 再開めど「未定」 – ITmedia NEWS

23~24日に新サーバを設定した際に設定ミスがあり、個人向け業務システムと運用管理サーバ間で通信障害が起きたことが原因。これにより、22日夜から25日朝までに行われた予約注文・1万件が処理できなかった。うち約定されるべき1200件は同社が処理し直しており、注文時の価格との差額を補償する。
関連記事
みずほ証券シ…

引用元の詳しい内容はこちら

「かぼちゃの馬車騒動」スルガ銀行員の“ローン偽装”指示LINEを入手  黒幕は計画倒産詐欺師と銀行か (1/3) – ねとらぼ

シェアハウス「かぼちゃの馬車」の経営破綻問題から明るみに出た「スルガ銀行不正融資問題」。ねとらぼ編集部では関係者を取材し、スルガ銀行の複数の行員がローンの審査を不正に通すために「通帳の改ざんを指示した上で添削」したり、「(実際の内容とは異なる)フリーローンの名目の指示」を行っているLINE画像を入手…

引用元の詳しい内容はこちら

「かぼちゃの馬車騒動」スルガ銀行員の“ローン偽装”指示LINEを入手  黒幕は計画倒産詐欺師と銀行か (1/3) – ねとらぼ

シェアハウス「かぼちゃの馬車」の経営破綻問題から明るみに出た「スルガ銀行不正融資問題」。ねとらぼ編集部では関係者を取材し、スルガ銀行の複数の行員がローンの審査を不正に通すために「通帳の改ざんを指示した上で添削」したり、「(実際の内容とは異なる)フリーローンの名目の指示」を行っているLINE画像を入手…

引用元の詳しい内容はこちら

自分のアイデアをいろんな会社のCEOに手紙で送ってみてわかったこととは? – GIGAZINE

「面白いアイデアはあるけど自分には実現できそうにない」と考えてしまい、実行に移すことを諦めている人が多いはず。投資家のジョン・デフェオ氏も同じ悩みを抱えたことがあったのですが、「どうせなら実現できそうな人にアイデアを委ねてみよう」と考え、自身のアイデアを手紙を書き、いろいろな会社のCEOに送ってみた…

引用元の詳しい内容はこちら

自分のアイデアをいろんな会社のCEOに手紙で送ってみてわかったこととは? – GIGAZINE

「面白いアイデアはあるけど自分には実現できそうにない」と考えてしまい、実行に移すことを諦めている人が多いはず。投資家のジョン・デフェオ氏も同じ悩みを抱えたことがあったのですが、「どうせなら実現できそうな人にアイデアを委ねてみよう」と考え、自身のアイデアを手紙を書き、いろいろな会社のCEOに送ってみた…

引用元の詳しい内容はこちら

ワールド再上場へ 成長戦略に向け資金調達 | 繊研新聞

ワールドが株式の上場を東京証券取引所に申請したとの報道が一部あった。仮に申請が通れば、05年にMBO(経営陣が参加する買収)を行い、上場を廃止して以来13年振りの再上場になる。成長事業への投資に向けた資金調達を行うと見られる。
ワールドは今期(19年3月期)、これまでの総合アパレル企業グループから事業領域を…

引用元の詳しい内容はこちら

証券取引等監視委員会の塀の上を爆走中のウルフ村田さん、1400万円返還請求訴訟の本人尋問で独り舞台 : 市況かぶ全力2階建

ウルフ村田さんは今日裁判か。
裁判所で伝説を作るはずだ。
— INAGOファンド (@inagofund_jp) 2018年6月21日
※前回の伝説(その結果、名誉毀損罪で懲役6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決 )
証券取引等監視委員会の塀の上を爆走中のウルフ村田さん、刑事裁判の初公判で独り舞台 https://t.co/zdNhvyN2lo
— 全力2階建 (@kabu…

引用元の詳しい内容はこちら