タグ別アーカイブ: 暮らし

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の2018年3Q決算を考察!株価が低迷した時に購入しておけば良かったー – リョウスケが米国株で億万長者を目指す

こんにちわ、リョウスケです。
今回は、現地時間、2018年10月16日に発表されました、世界最大手のヘルスケア企業「ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)」の2018年度第3・四半期決算を考察してみたいと思います。
ジョンソン・エンド・ジョンソンの2018年度3Q決算を考察してみた
<プロモーションドリンク>
まず、結論…

引用元の詳しい内容はこちら

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)の2018年3Q決算を考察!株価が低迷した時に購入しておけば良かったー – リョウスケが米国株で億万長者を目指す

こんにちわ、リョウスケです。
今回は、現地時間、2018年10月16日に発表されました、世界最大手のヘルスケア企業「ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)」の2018年度第3・四半期決算を考察してみたいと思います。
ジョンソン・エンド・ジョンソンの2018年度3Q決算を考察してみた
<プロモーションドリンク>
まず、結論…

引用元の詳しい内容はこちら

キミのお金はどこに消えるのか【特別編】アベノミクスってナニ?|井上純一|note

なぜキミ金でアベノミクスを取り上げないのかと質問されたので、
書き下ろし特別編です。
KADOKAWAとは関係ないプライベートでの更新です。
【↑】画像クリックで1話試し読みに飛びマス

引用元の詳しい内容はこちら

睡眠負債、リボ払いで返済 回天製薬が新薬開発

回天製薬は8日、慢性的な睡眠不足が蓄積する「睡眠負債」を解消するための新薬「リボルビング」を開発したと発表した。服用を続けることで、睡眠負債が返済できるという。
1、2時間程度のわずかな睡眠不足が日々蓄積することで生まれる睡眠負債は、集中力の低下やがん・認知症などの罹患リスクを高めると言われている…

引用元の詳しい内容はこちら

個人投資家がノーリスクで確実に稼げる3つの方法|やさしいお金の増やしかた

個人投資家としての経験が浅い方にとっては、一時的であっても損することはストレスになると思います。毎日の資産の変動が気になって仕方ないですよね!
そこで、本記事では、(ほぼ)ノーリスクで儲けるための方法を公開します。
まずは、この方法で確実に儲けて投資に慣れてもらって、安心して投資を始めてもらえたら…

引用元の詳しい内容はこちら

すでに賞味期限切れ!? 有名大家による「不動産投資」の成功話 | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

サラリーマンの間で「不動産投資ブーム」が巻き起こるなか、「有名大家」のノウハウを真に受けて、不動産投資に失敗してしまった人は多くいます。そこで本記事は、業者の言いなりになって失敗しないために、不動産会社が教えない出口戦略の裏話を紹介します。
サラリーマン投資家は本来、インカムゲイン狙いだった
本連…

引用元の詳しい内容はこちら

吉野家HD赤字転落 「外食4重苦」が重荷に(産経新聞) – Yahoo!ニュース

平成31年2月期に、6年ぶりの通期最終赤字に転落する吉野家ホールディングス。牛丼業界の価格競争が主因だった前回の赤字に対し、今回は「原材料高」「人件費高騰」「コンビニ弁当など中食との競争激化」「消費者の低価格志向」という4重苦が重荷になった。外食産業を取り巻く厳しい経営環境を吉野家が象徴した格好…

引用元の詳しい内容はこちら

吉野家HD赤字転落 「外食4重苦」が重荷に(産経新聞) – Yahoo!ニュース

平成31年2月期に、6年ぶりの通期最終赤字に転落する吉野家ホールディングス。牛丼業界の価格競争が主因だった前回の赤字に対し、今回は「原材料高」「人件費高騰」「コンビニ弁当など中食との競争激化」「消費者の低価格志向」という4重苦が重荷になった。外食産業を取り巻く厳しい経営環境を吉野家が象徴した格好…

引用元の詳しい内容はこちら

鳥越俊太郎氏(78)が電子マネー強制社会に怒り 「私たちは現金世代」 | マネーポストWEB

「人生100歳時代」「生涯現役」と、長生きを肯定的にとらえるフレーズが市民権を得るようになってきたが、世の高齢者たちは、心の中では怒っている。昨今の電子マネーの急速な普及に伴う社会の変化に怒りを感じているのは、ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(78)だ。
「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃない…

引用元の詳しい内容はこちら

鳥越俊太郎氏(78)が電子マネー強制社会に怒り 「私たちは現金世代」 | マネーポストWEB

「人生100歳時代」「生涯現役」と、長生きを肯定的にとらえるフレーズが市民権を得るようになってきたが、世の高齢者たちは、心の中では怒っている。昨今の電子マネーの急速な普及に伴う社会の変化に怒りを感じているのは、ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏(78)だ。
「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃない…

引用元の詳しい内容はこちら