タグ別アーカイブ: 政治と経済

インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 – たぱぞうの米国株投資

2016 – 11 – 12 インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 投資のヒント 投資のヒント-備忘録 注目株-インド株 スポンサーリンク インドが高額紙幣の使用を廃止 インドで2016年11月8日に高額紙幣の停止を断行しました。下記の記事では病院、鉄道、航空会社、ガソリンスタンドでの使用は認められる、と書いてあります。 しかし、実際にはすでに受け取りを拒否されているケースがほと…

引用元の詳しい内容はこちら

インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 – たぱぞうの米国株投資

2016 – 11 – 12 インドで高額紙幣の使用が突然に廃止。モディ首相の挑戦。 投資のヒント 投資のヒント-備忘録 注目株-インド株 スポンサーリンク インドが高額紙幣の使用を廃止 インドで2016年11月8日に高額紙幣の停止を断行しました。下記の記事では病院、鉄道、航空会社、ガソリンスタンドでの使用は認められる、と書いてあります。 しかし、実際にはすでに受け取りを拒否されているケースがほと…

引用元の詳しい内容はこちら

山崎元氏「トラショック後の日本株は買いだ」 | 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「暴言エロオヤジ」が大統領になることで、当面株は「買い」だという。また、なぜヒラリーに勝ったのかを物語るのは、この写真かもしれない(写真:ロイター/アフロ) 「ショック」だったが、株は「買い」と判断する理由は何か いわゆる「何とかショック」の直後に、この種の原稿を書くのはなかなか難しい。市場は動きが激しく不安定になっているので、自分が書いたことが大外れになったり、あるいは原稿発表までに市場の動きに…

引用元の詳しい内容はこちら

トランプ新大統領の経済政策を考える | 片岡剛士コラム | 片岡剛士のページ | レポート・コラム | シンクタンクレポート | 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

経済政策部 上席主任研究員 片岡 剛士 米大統領選は現地時間の11月8日(日本時間11月9日)に投開票が行われ、共和党候補ドナルド・トランプ氏が大統領就任に必要な選挙人270人以上を獲得し勝利を収めた。今後は12月19日に選挙人による投票が行われて、来年1月20日にトランプ政権が成立する見込みである。合わせて実施された連邦議会選挙では上院・下院ともに共和党が過半数を占め、ねじれ現象が解消されること…

引用元の詳しい内容はこちら

圧迫接客をするセレクトショップや飲食店が増えてきた。 | 隠居系男子

どうも鳥井です。 最近よく思うのですが、お客さんを選ぶお店がめちゃくちゃ増えてきたなと。 普段、町中でそう感じる機会も増えてきましたし、実際に店主の方からそういったお話を聞く機会も多くなりました。 「コンセプトをちゃんと理解している人に来て欲しい。」 というような。 具体的にはどういうことか?今日はそんなお話を少しだけ書いてみようと思います。 デスティネーション・ストアの出現。 近頃、スマホのマッ…

引用元の詳しい内容はこちら

トランプショックで利益を得た人(^^)v損失を被った人(T_T) – マネー報道 MoneyReport

2016 – 11 – 10 トランプショックで利益を得た人(^^)v損失を被った人(T_T) FXトレードスタイル 日々のニュース 世界経済 特集 投資 スポンサーリンク あとで読む 米国トランプ大統領誕生 2016年11月8日(日本時間11月9日)、米国大統領選挙が行われ大方の予想に反して共和党の「ドナルド・トランプ」氏が勝利し、トランプ大統領が誕生する運びとなりました。 投票こそは昨日行われ…

引用元の詳しい内容はこちら

銀行が借り手の将来性に貸すのが難しい理由 | 金融業界 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

金融庁が10月下旬に発表した「平成28事務年度金融行政方針」。その中で、銀行(信用金庫等を含む、以下同様)に対し、「担保・保証がなくても事業に将来性がある先、信用力は高くないが地域になくてはならない先、などに積極的に融資する」ように促しています。 これには銀行が貸出に際し、十分な担保・保証のある先や高い信用力のある先にしか貸していないのではないか、いわゆる「日本型金融排除」が生じているのではないか…

引用元の詳しい内容はこちら

米バンガード訪問 コスト重視、まるで運用業界の生協|マネー研究所|NIKKEI STYLE

低コストで投資できるインデックス(指数)連動型投資信託を、米バンガード社が1976年に個人に初めて販売してから今年で40年。最初は人気がなかったが、最近では日米ともに株式投信残高の3割を占めるまでに拡大、人気は一層加速しつつある。バンガードは今もインデックス型投信の最大手で、運用資産は日本の公的年金の2.4倍にも達する。米ペンシルベニア州の本社を訪ねると、成長を支える特異な会社組織と企業文化が見え…

引用元の詳しい内容はこちら

「ポンド売りでバカ勝ち!」とある大学生が億を稼いだ理由 | ハーバービジネスオンライン

方向性の定まらぬ難しい相場が続いている。そんななか、現役大学生にして、すでに億の利益を稼ぎ出しているスゴ腕トレーダーが颯爽と現れた。しかも、その期間はわずか3か月! 彼が編み出したFX勝利の方程式とは何なのだろうか。その秘技を聞き出してみた! 「投資を始めたのは9年ほど前、中学生時代でした。親が株をやっていたため投資が身近でしたし、金融市場を描いたTVドラマ『ハゲタカ』の影響も大きかったですね」 …

引用元の詳しい内容はこちら