タグ別アーカイブ: 政治と経済

iDeCoは50歳から始めるには遅い? – たぱぞうの米国株投資

iDeCoは若いときから始めたほうが有利
iDeCoは若いときから始めたほうが有利です。長期投資になり、複利を生かすことができるからです。しかし、10年、20年前は今ほど投資というものが共有されていませんでした。そのため、40代、50代から投資を始めるという人も少なくありません。
私は40代前半ですが、今か…

引用元の詳しい内容はこちら

キャッシュレス時代に日本人が「現金主義」から抜け出せない真因 | 今週もナナメに考えた 鈴木貴博 | ダイヤモンド・オンライン

30年のキャリアを誇る経営戦略コンサルタント。情報分析や業界分析に強く、未来予測やイノベーション分野が得意領域。一方で雑学にも強く、経済エンタテナーとして各方面に寄稿。経済クイズ本『戦略思考トレーニング』シリーズは20万部を超えるベストセラー。マスコミ関係者の地下クイズ集団『夜会』のメンバーとしても…

引用元の詳しい内容はこちら

英高級百貨店「ハロッズ」で24億円買い物の女性、身元判明 – BBCニュース

Image copyright
Getty Images
Image caption
ザミラ・ハジイェバ氏は、ロンドン西部の高級百貨店ハロッズで、わずか1日で15万ポンド(約2220万円)を散財した
英国で新たに施行された反汚職法に基づき、「不明財産に関する命令」がこのほど初めて適用され、ロンドン西部の高級百貨店ハロッズで10年間に1600万ポンド(約…

引用元の詳しい内容はこちら

株価暴落の原因と対応の考え方 – たぱぞうの米国株投資

株価暴落はこれからも繰り返される
昨今の株価の動静を見ていると、買われるときはとことん買われ、売られるときはとことん売られる。こうした流れが強まっているように見えます。特に、昨今ではもともと値動きの激しいハイテクが非常に買われていたため、資金の逃げ足も速いですね。
このところの人気株であったAmazon…

引用元の詳しい内容はこちら

貸株金利の高い銘柄トップ10を比較(楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券)!長期投資をするなら金利が一番高い証券会社を選ぼう。 – クレジットカードの読みもの

今回は大手ネット証券会社(SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券)における貸株金利はどのくらいなのか…という点について、個人的にも興味があったので調べてみました。
これから長期投資をする予定がある方は是非、参考にしてもらえればなと思います(すべて2018年10月11日現在の数値)。
大手ネット証券における貸株金…

引用元の詳しい内容はこちら

貸株金利の高い銘柄トップ10を比較(楽天証券、SBI証券、GMOクリック証券)!長期投資をするなら金利が一番高い証券会社を選ぼう。 – クレジットカードの読みもの

今回は大手ネット証券会社(SBI証券、楽天証券、GMOクリック証券)における貸株金利はどのくらいなのか…という点について、個人的にも興味があったので調べてみました。
これから長期投資をする予定がある方は是非、参考にしてもらえればなと思います(すべて2018年10月11日現在の数値)。
大手ネット証券における貸株金…

引用元の詳しい内容はこちら

【10.11おはぎゃあ祭】日経平均、NYダウ歴代3位の調整(下落幅)にお付き合い : 市況かぶ全力2階建

来る… pic.twitter.com/pThRKkjjA3
— けいしゅう (@keishu_kabu) 2018年10月10日
魔法少女まどか☆マギカ
壮観! pic.twitter.com/SaGE6UpHbW
— 世界の株価チャート・ノート (@WorldChart_note) 2018年10月10日
NYダウ800円下げとるじゃん! pic.twitter.com/LibaAx59WN
— のりたま株.競馬. (@hello_noritama) 2018年10…

引用元の詳しい内容はこちら

株価暴落時は、八木重吉と中原中也の詩が心に沁みる – 知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

ようこそ(^^)/
お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考えるぱんぱんぱぱです。
このかなしみをひとつに統ぶる力はないか
by 八木重吉
2018年10月11日、またもやって来ました。
東証株価大暴落の日です。
( ゚Д゚)
すでに前日ニューヨーク市場で800ドルを超える暴落が起きているので、東証株価が暴落する心の準備はで…

引用元の詳しい内容はこちら

世界的な株価下落局面で「米国株ひとり勝ち」が続く根本的理由(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

欧州株と新興国株が大幅下落
10月に入って世界の株式市場が変調をきたし始めている。9月までは好調に推移してきた「親米国」の株価指数も軒並み大幅な下落を強いられている。
8月23日付の当コラムで筆者は、当時、大幅な通貨・株価下落に見舞われたトルコの次に同様の危機を迎える可能性が高い国・地域として、①反米的な…

引用元の詳しい内容はこちら

米株急落劇再び 「米一人勝ち」終幕か(NY特急便) (写真=AP) :日本経済新聞

10日の米株式市場は大幅安に見舞われた。ダウ工業株30種平均の下げ幅は800ドル台に達し、今年2月上旬の急落時以来の大きさとなった。米長期金利の上昇や世界経済の減速懸念を契機にハイテク株が売られ、これまでハイテク株を大量に買い込んでいたファンド勢を軸に「売りが売りを呼ぶ」状況を呼び込んだ。
米株高を支えた…

引用元の詳しい内容はこちら