タグ別アーカイブ: 政治と経済

“お金に興味ない”という若者は人生が詰む | プレジデントオンライン

お金を持っていないからといって、経済に興味を持たないでいるとどうなるか。経済評論家の横川楓さんと経済記者の高井浩章さんは「お金から逃げていると、人生が詰む」と口をそろえる。なぜ若者ほどお金に興味をもつべきなのか――。 20代のリアルは「貯蓄ゼロ」 【高井】横川さんの新刊の『ミレニアル世代のお金のリアル…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天グループ「金融再編」の圧倒的破壊力。証券トップが語ったポイント投資、ペイ乱立、フィンテックの本質 | BUSINESS INSIDER JAPAN

楽天とグローバルパートナー契約を結んだスペインの名門サッカーチーム、FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」。楽天グループの経済圏は世界に広がりつつある(写真は2017年8月撮影)。 Shutterstock.com 世界の三大金融ディスラプター(破壊者)をアマゾン、アリババ、テンセントとするなら、日本の四大金融ディスラプタ…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天グループ「金融再編」の圧倒的破壊力。証券トップが語ったポイント投資、ペイ乱立、フィンテックの本質 | BUSINESS INSIDER JAPAN

楽天とグローバルパートナー契約を結んだスペインの名門サッカーチーム、FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ」。楽天グループの経済圏は世界に広がりつつある(写真は2017年8月撮影)。 Shutterstock.com 世界の三大金融ディスラプター(破壊者)をアマゾン、アリババ、テンセントとするなら、日本の四大金融ディスラプタ…

引用元の詳しい内容はこちら

2019-04-18(木)売り禁でもマルマエの空売り残高は昨日46万株超 – 株じろう退職金200万円投資で生活費稼ぐ

銘柄コード6264 マルマエは売り禁でも空売り残があり要注意 空売りの踏み上げを狙う仕手 昨日は株価が急騰したマルマエですが、本日は利確の売りにおされたのか株価は軟調でした。 また、信用買いが増えた事から逆日歩も減りましたが、JPX公表の個別銘柄信用取引残高では、4月8日から空売り残高は少しずつ減ってはいます…

引用元の詳しい内容はこちら

無能な味方 松尾匡「反緊縮のマクロ経済政策諸理論とその総合」 |MMT(現代金融理論)「論」ウオッチング!

こちら。PDFになります。 反緊縮のマクロ経済政策諸理論とその総合 これ、「MMT論」というわけではないのですが、松尾はレイのMMT入門の解説(?)を担当されるとことで。 それにしては、見逃せない、どうみても根本的なMMTへの誤解があるので簡単に。 下の引用で、太字にしてアンダーラインを引いたところ。 19 3…

引用元の詳しい内容はこちら

無能な味方 松尾匡「反緊縮のマクロ経済政策諸理論とその総合」 |MMT(現代金融理論)「論」ウオッチング!

こちら。PDFになります。 反緊縮のマクロ経済政策諸理論とその総合 これ、「MMT論」というわけではないのですが、松尾はレイのMMT入門の解説(?)を担当されるとことで。 それにしては、見逃せない、どうみても根本的なMMTへの誤解があるので簡単に。 下の引用で、太字にしてアンダーラインを引いたところ。 19 3…

引用元の詳しい内容はこちら

CLO投資で農中に損失生じれば系統金融機関に甚大影響もー農相懸念 – Bloomberg

農林中央金庫がローン担保証券(CLO)投資を急拡大していることに関連し、吉川貴盛農相は18日の参院農林水産委員会で、仮に損失が発生すればJAバンクなどの系統金融機関に甚大な影響を与える恐れがあるとの認識を示した。立憲民主党の藤田幸久議員への答弁。

引用元の詳しい内容はこちら

CLO投資で農中に損失生じれば系統金融機関に甚大影響もー農相懸念 – Bloomberg

農林中央金庫がローン担保証券(CLO)投資を急拡大していることに関連し、吉川貴盛農相は18日の参院農林水産委員会で、仮に損失が発生すればJAバンクなどの系統金融機関に甚大な影響を与える恐れがあるとの認識を示した。立憲民主党の藤田幸久議員への答弁。

引用元の詳しい内容はこちら

運転手は従業員か ウーバー、事業モデル崩れるリスク (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】5月の上場を目指す米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズに新たな課題が浮上した。同社が米証券当局に提出した上場申請書類の中では、サービスを担う運転手の一部から雇用関係の認定や、損害賠償を求める訴訟を世界中で起こされている実態が明らかになった。同社は運転手を直接雇用せ…

引用元の詳しい内容はこちら

運転手は従業員か ウーバー、事業モデル崩れるリスク (写真=ロイター) :日本経済新聞

【シリコンバレー=白石武志】5月の上場を目指す米ライドシェア最大手ウーバーテクノロジーズに新たな課題が浮上した。同社が米証券当局に提出した上場申請書類の中では、サービスを担う運転手の一部から雇用関係の認定や、損害賠償を求める訴訟を世界中で起こされている実態が明らかになった。同社は運転手を直接雇用せ…

引用元の詳しい内容はこちら