タグ別アーカイブ: 投資

【全部入りまとめ記事】低コストインデックスファンド徹底比較 2018年3月末 – 梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー(インデックス投資実践記)

低コストのインデックスファンド・ETFをバイ&ホールド、下町個人投資家のインデックス投資実践記を見てやってください。 「 低コストインデックスファンド徹底比較 」シリーズ記事で取り上げた資産クラス(日本株式、先進国株式、新興国株式、全世界株式、日本債券)ごとのインデックスファンド比較の図表(2018年3月末時点)を、すべて1本の記事にまとめました。 現時点で、各資産クラスで高評価なインデックスファ…

引用元の詳しい内容はこちら

ストックオプションをすごーく簡単に説明したい|三輪のアウトプット用ブログ(目標1記事30分)|note

一般的にスタートアップは大企業に比べ、働いてくれているメンバーの能力や成果に対して支払える給料が少ないです。そんなときに便利なのがストックオプションですが、スタートアップ界隈でも理解度が高い人は少なく意外と事例の共有もされていません。 弊社も何人かのメンバーにストックオプションを配っていますが正直僕自身あまり理解をしていませんでした。本も記事もたくさん読みましたが、正直良くわからないです。信託SO…

引用元の詳しい内容はこちら

自動積立は本当にストレスフリーです。「積立貯金」ならぬ「積立ETF」をSBI証券で実践します。 – 神経内科医ちゅり男のブログ

2018 – 04 – 18 自動積立は本当にストレスフリーです。「積立貯金」ならぬ「積立ETF」をSBI証券で実践します。 資産形成・投資 インデックス投資 おはようございます。 10年以上に渡って今までに様々な投資法を試してきましたが、 30年以上の長期投資では結局VTやVTIの積み上げが一番時間対効果が高いのかな と思います。 この「時間対効果」というのは投資において見逃せないファクターだと…

引用元の詳しい内容はこちら

預金額水増し、不審な書類次々 マンション投資でも不正:朝日新聞デジタル

不振な書類、次々と 昨年10月、中古マンション1棟を丸ごと売る投資を手がける都内の不動産業者で、当時の社長や従業員ら4人が突然姿を消した。残った幹部が机やパソコンを調べると、不審な書類が次々に見つかった。 残高が異なる2種類の通帳コピ… こちらは 有料会員限定記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 こちらは 有料会員限定記事 です。有料会員になると続きをお読みいただけます。 こちら…

引用元の詳しい内容はこちら

ロコンドの田中裕輔さん、業績と株価とマーケットとの対話に不都合が生じた結果アカウントを削除して逃亡 : 市況かぶ全力2階建

都合が悪くなったら アカウント削除って 社長としてどうなんだろうと思う — 新泉© (@araizumiC) 2018年4月16日 【速報】ロコンド田中社長…『逃げた事なんて一度もありません。戦うため、集中するんです。結果で応えるんです。』というツイートを最後にアカウントを削除( ´_ゝ`) pic.twitter.com/zLdaUVu1CZ — おけら@臆トレManager4545 (@oke…

引用元の詳しい内容はこちら

グリーが総額40億円の「VTuberファンド」開始、1号案件は米国の3Dアバターライブ配信サービス | TechCrunch Japan

つい先日 バーチャルYouTuber(VTuber)市場への参入 を発表し、今後1〜2年で100億円規模の投資をしていくと発表していたグリー。具体的な取り組みの第1弾はバーチャルYouTuberを育成し、動画番組を制作するプロダクション事業だったが、第2弾として投資プロジェクトを始めるようだ。 グリーは4月17日、国内を中心にバーチャルYouTuberに関連するクリエイターやスタートアップ企業へ投…

引用元の詳しい内容はこちら

任天堂が業績悪化しても「スイッチ」開発を継続できた理由 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン

今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ 最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。 バックナンバー一覧 『週刊ダイヤモンド』4月21日号 の第一特集は「マンガと決算書でわかる 会社のしくみ」です。92ページの特大特集で、そのうち40ページがマンガ。ハラハラドキドキの展開で、財務が自然とわかるマンガです。後半…

引用元の詳しい内容はこちら

【書評】『お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計』 投資・投機・ギャンブルの違いって? | ライフハッカー[日本版]

『 お金が勝手に貯まってしまう 最高の家計 』(岩崎淳子著、ダイヤモンド社)とはユニークなタイトルですが、つまりは「お金が増え、心配がなくなる『最強の家計』システム」を紹介したもの。著者は米カリフォルニア州在住の、米国公認会計士/パーソナル・ファイナンシャル・スペシャリスト(CPA/PFS)です。 そんな著者によれば、家計の問題は、計算上の損得だけで解決できるものではなく、ものの考え方や文化にも影…

引用元の詳しい内容はこちら

<つみたてNISA>面従腹背メガバンクに金融庁の怒り(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

企業が新入社員を迎えるシーズンです。新入社員ら若い世代の長期的な資産形成に向け、金融庁は「職場つみたてNISA(少額投資非課税制度)」の普及を進める旗を振ってきました。この制度は普及に向けて動き出しているのでしょうか。金融ジャーナリストの浪川攻さんが報告します。【毎日新聞経済プレミア】 ◇金融界の幹部がそろった会合で 新人社員研修など、若手社員に企業の福利厚生が紹介されるような場で、「職場つみたて…

引用元の詳しい内容はこちら