タグ別アーカイブ: 学び

拡大続いた世界経済は曲がり角に IMF最新報告 | NHKニュース

IMF=国際通貨基金は世界経済についての最新の報告で、日本やヨーロッパでは成長のペースがピークに達したようだと指摘し、今後はアメリカと各国の間の貿易摩擦がエスカレートする可能性が強まっていることなどから、世界経済は曲がり角を迎えるという見方を示す方針です。
さらに、今後はアメリカのトランプ政権と各…

引用元の詳しい内容はこちら

これが今売れているビジネス・経済書200冊だ | Amazon週間ビジネス・経済書ランキング | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

いま多くの読者に支持されているビジネス書、経済書は何か。3月13~19日のアマゾンの売れ筋ランキングをみていこう。
トップはホイチョイ・プロダクションズの『電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり』。電通営業マン36人への取材から抽出した「どんな人でも努力しないで必ず成功する気くばり」のポイントを36…

引用元の詳しい内容はこちら

『経済政策で人は死ぬか?』4章までレビュー:IMFの罪とアイスランドの逆転劇 – Togetter

デヴィッド・スタックラー&サンジェイ・バス『経済政策で人は死ぬか?: 公衆衛生学から見た不況対策』のレビュー。あまりにも読み応えのある本だったので久しぶりに連ツイ。
2018/05/07 追記:原著は2013年に発行された本のため、現在ではIMFも各国の状況もまた変わっている可能性があります。

引用元の詳しい内容はこちら

ハイテク・バブル崩壊か?卓球台が鳴らす警鐘 – WSJ

【サンフランシスコ】米ツイッターが先週発表した四半期決算は内容が冴えず、投資家を動揺させた。しかし、投資家が一つの「指標」に注目していれば、1年以上前に問題を予測できていたかもしれない。
ツイッターは2014年の終わり頃まで、カリフォルニア州サンノゼに店舗を構える「ビリヤード・ホールセール」から定期的…

引用元の詳しい内容はこちら

ノーベル賞候補に聞く 次の“危機”と“備え”|NHK NEWS WEB

未曽有の金融危機から10年。その手の特集が、連日紙面や画面をにぎわせています。あのショックを理論的に分析して注目される経済学者がいます。しかも日本人です。「ノーベル経済学賞」の候補の一人ともいわれている、プリンストン大学の清滝信宏教授にインタビューする機会に恵まれました。「テレビの取材は初めてかな…

引用元の詳しい内容はこちら

地球最高にクレイジーで贅沢なパトロンによる、アートプロジェクト。 #dearMoon | milieu(ミリュー)

混乱と興奮と喜び、あとはお恥ずかしながら山のような嫉妬が同時に吹き出てきて、手が震えてしまった。
イーロンマスクが率いるSpaceXが初の民間月旅行客と契約。それがZOZOの前澤友作氏であることが明らかになった。
「BFR」による月周回イメージ
とんでもないお金の使い方をされる人であり、社長業ながらも前に出るこ…

引用元の詳しい内容はこちら

父は楽しくお金の勉強を教えてくれました。色んな失敗もさせてもらいました。大人になった今、どうやってお金の教育をすればいいのか?そんな悩みをもった人に届けたい…

引用元の詳しい内容はこちら

post-17141

大手投資会社GMOの共同創業者Jeremy Grantham氏が、米社会に絶望しそうだ。
資本主義や経済学が社会の失敗を助長し、それが国境を越えて世界に広まりつつあるという。
1万年前、いやわずか100年前でも、この問題は小さいか存在しなかった。
今日、これは危機に発展すべく加速している。
グランサム氏がGMO White Paperで…

引用元の詳しい内容はこちら