タグ別アーカイブ: テクノロジー

『銀行ATMのあいつらなんであんな絵柄なんだろう』→『この右下のやつ俺が18歳か19歳の頃バイトで描いたドット絵なんだよな……』『元は野球ゲームのアナウンサーなんだけど……』 意

東京三菱UFJ銀行のATM。機種にもよると思うけど、画面に登場する行員のイラストが未だにキャラデザとかも含めて90年代中盤の256色ドット絵みたいな感じになってるの、あれ何とかならないのか。

引用元の詳しい内容はこちら

【独占取材】テスラの生産体制を空から丸ハダカにした米テックのスゴさ 連載:米国経済から読み解くビジネス羅針盤 |ビジネス+IT

ロンドンでわかった、世界中で「路線バス」を使い倒す外国人が増えている理由 篠崎彰彦教授のインフォメーション・エコノミー(101)

引用元の詳しい内容はこちら

インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま) インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(法人のお客さま)改定のお知らせ

インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま)
インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(法人のお客さま)改定のお知らせ
2018年12月14日より、インターネット・バンキングによる口座不正使用補てん規定(個人のお客さま)および
インターネット・バンキングによる口座不…

引用元の詳しい内容はこちら

書評:Bad Blood――地道な調査報道が暴いたシリコンバレー最大の嘘 | TechCrunch Japan

シリコンバレーでは毎年千の単位でスタートアップが生まれている。その中で全国で名前を知られた会社になるというのはそれだけで大変なことだ。
指から一滴の血を絞り出すだけで多数の病気が検査できると主張したTheranosはそうした稀有なスタートアップとなり、続いて真っ逆さまに転落した。
Wall Street Journalの記者…

引用元の詳しい内容はこちら

キャッシュレス決済、災害に脆さ 停電でカードなど使えず – ITmedia NEWS

北海道で最大震度7を観測した地震の影響で現金を使わないキャッシュレス決済が利用できなくなり、災害時の非現金決済の脆弱(ぜいじゃく)性が浮き彫りになった。道内全域で停電が発生し、決済情報を処理できなくなったことから、“買い物難民”に陥る人が発生した。
北海道で最大震度7を観測した地震の影響で現金を使わな…

引用元の詳しい内容はこちら

テスラ、幹部2人の退任とマスク氏の大麻騒動で株価下落 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米電気自動車大手テスラのイーロン・マスクCEO(2018年7月22日撮影)。(c)Robyn Beck / AFP
【9月8日 AFP】米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)は7日、幹部2人の退任が明らかになったほか、深夜にポッドキャストで配信されたインタビュー番組の最中にイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がマリフアナ(大麻)を吸…

引用元の詳しい内容はこちら

IT業界でプライベートで勉強するかどうかの理想と現実 – 文系プログラマによるTIPSブログ

例のシャッチョさんの第二弾的な記事が賑わっていたので、見てみました〜
axia.co.jp
こちらの記事になります。
雑な概要
多かった主張
Aさんは必敗する環境に悩む
Aさんの環境
周りの人の環境
理想
業務時間内にどんどん勉強しよう
業務時間外に勉強するという事
現実
業務時間内に勉強する事への抵抗勢力
業務時間外に…

引用元の詳しい内容はこちら

Kyash Visaカードはなぜガソリンスタンドやホテルで使えないのか – Kyash Blog

Kyashサーバーエンジニアの井上です。
Kyash Visaカードは、実は一部店舗でご利用いただけません。
その理由をカード決済の仕組みと合わせてご説明します。
ちなみにサポートページで利用できない店舗を載せているので、こちらもご覧ください。
カード決済の流れ
カード決済の仕組みが大きく関係しているので、まずクレ…

引用元の詳しい内容はこちら

アマゾン、アップルに続き時価総額1兆ドルを突破 – CNET Japan

Amazonは米国時間9月4日、一時的に時価総額が1兆ドルに達し、Appleの仲間入りを果たした。
Amazonの株価は4日午前、2050.50ドルの高値を記録した。Amazonが7月に発表した最新の四半期決算報告書によると、同社の株式総数は4億8774万1189株で、時価総額1兆ドルに達するには2050.27ドルを超える必要があった。
Amazonは、…

引用元の詳しい内容はこちら

家計から仮想通貨まで、お金の専門家に無料で相談できる「おかねアンサー」正式リリース | TechCrunch Japan

専門家に、スマホやウェブから気軽に相談できるサービスが日本でも増えている。中でも分野を絞った専門家による相談サイトとしては、草分け的な存在の「弁護士ドットコム」や医師相談サービスの「アスクドクターズ」、AIの通知との組み合わせで中小企業の課題に専門家が答える「SHARES(シェアーズ)」など、さまざまな…

引用元の詳しい内容はこちら