タグ別アーカイブ: あとで読む

三菱商:約345億円の損失発生へー海外の原油デリバティブ取引で – Bloomberg

この社員は1月以降デリバティブ取引を繰り返しており、リスク管理システム上のデータを改ざんし、中国の顧客向けの原油取引に関連したヘッジ取引であるかのように装い発生した損失が社内で認識されなくなるようにしていたという。8月中旬以降同社員は欠勤しており、担当していた取引を精査したところ不正が判明した。 …

引用元の詳しい内容はこちら

LINEの個人向けローン、顧客の個人情報が漏えい 担当者が「OpenChat」に誤って投稿 – ITmedia NEWS

個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」に申し込んだ顧客の個人情報の一部が、一時的に第三者から閲覧可能な状態に。LINEの担当者が作業中、「OpenChat」に個人情報が入ったExcelファイルを誤って投稿したという。 LINE傘下のLINE Creditは9月18日、個人向けローンサービス「LINE Pocket Money」に申し込んだ顧客…

引用元の詳しい内容はこちら

三菱商事、グループ会社の社員1人で約3.2億ドル(345億円)失う : 市況かぶ全力2階建

原油デリバティブで損失隠蔽されて大損とか三菱商事も油断したね…原油だけに… — 丸順みかん (@bleeAFDYMCcA0WE) 2019年9月20日 2019/08/20 三菱商事 当社海外連結子会社での損失発生について https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000038363.html 生まれ変わったら他人の金でギャンブルして損し…

引用元の詳しい内容はこちら

個人保有の金融資産1860兆円 米中貿易摩擦で株式10%近く減 | NHKニュース

個人が保有する預金や株式などの金融資産は、ことしの6月末時点で1860兆円に上りますが、米中貿易摩擦を背景に株式市場で不安定な値動きが続いたため、株式は10%近く減りました。 内訳をみますと現金・預金は、991兆円で1.9%増加しました。 その一方で「株式」は9.7%減少して195兆円、「投資信託」は3.7%減って70兆…

引用元の詳しい内容はこちら

郵便局員「みまもり」で自爆営業が横行 ノルマが中止に:朝日新聞デジタル

郵便局員が高齢者宅を訪ねる「みまもりサービス」の販売目標(ノルマ)を、日本郵便が今月から一時中止した。かんぽ生命の保険の不適切な販売で、郵便局の姿勢が問われていることが一因だ。現場では、ノルマのために局員が自ら契約する「自爆営業」が横行している実態もあった。 みまもりは高齢の親らと離れて暮らす人向…

引用元の詳しい内容はこちら

預金口座に手数料検討の動き マイナス金利で収益悪化も背景に | NHKニュース

金融業界で、最近、預金口座の維持のため手数料をとることを検討する動きが出ています。日銀のマイナス金利政策で金利が低くなり収益が悪化していることも背景にありますが、利用者の負担が増えるだけに今後、議論となりそうです。 ところが最近、金融機関の間で、利用者から手数料をとることを検討する動きが出ています…

引用元の詳しい内容はこちら

News Up 日本人が都心でマンションが買えなくなる? | NHKニュース

「都心のマンションにはもう手が出せない…」 「オリンピック後もマンション価格は下がらないのでは…」 こんな嘆きの声が多く聞かれるようになりました。実際、公表されたばかりのことしの地価調査でも都内はすべての地点で地価が上昇。これで7年連続です。こうした状況になった要因の1つとしてよく言われるのが、オリ…

引用元の詳しい内容はこちら

登録しないと損かも。PASMOポイント還元サービスの登録が開始。忘れずに登録を – Engadget 日本版

ぜひ登録を。ICOCA利用で5%ポイント還元「キャッシュレスGO!GO!キャンペーン」をJR西日本が実施

引用元の詳しい内容はこちら

日銀の「量的質的緩和政策」は本当に限界を迎えつつあるのか(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/5)

日銀による金融政策の現状 9月17、18日のFOMC(米国FRBによる連邦公開市場委員会)に続き、9月18、19日には日銀の金融政策決定会合が開催される。 FOMCでは25bp(0.25%)程度の利下げが予想されている。一方、日銀会合では、政策変更なしが市場のコンサンサスになっているようだ。本コラムが掲載される頃にはFOMCの結果…

引用元の詳しい内容はこちら

時価総額1兆円バイオベンチャー「セラノス」の栄光と崩壊(山崎繭加)|翻訳書ときどき洋書|note

山崎繭加の「華道家のアトリエから」第3回 “Bad Blood: Secrets and Lies in a Silicon Valley Startup” (悪い血:シリコンバレーベンチャーの秘密) by John Carreyrou (ジョン・キャリユー)   2018年5月出版 *日本語版は集英社より刊行予定 「そうなるまで、そうであるふりをせよ」“Fake it, until you make it.”は、…

引用元の詳しい内容はこちら