ジミー・ペイジ、来日イベントで演奏せず観客が抗議 「理由は問い合わせ中」と主催者

ジミーペイジ氏、2014年撮影 (Photo by Jon Furniss/Invision/AP) | Jon Furniss/Invision/AP 11月11日に両国国技館で行われた「THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE」について、ジャムセッションに参加すると告知されていたジミー・ペイジ氏の演奏が実際にはなかったことについて、主催者の…

引用元の詳しい内容はこちら

ニュース – みずほFGの佐藤社長が「開発完了が数カ月遅れる」と明言、システム統合は2度目の延期へ:ITpro

みずほフィナンシャルグループ(FG)は2016年11月14日、2017年3月期の中間決算を発表した。会見の席上で同社の佐藤康博社長は、2016年12月の開発完了を目指していた次期勘定系システムについて、「一部の開発完了確認が数カ月遅れる」ことを明かした。 次期勘定系システムの開発を巡っては、開発完了を延期する検討に入ったと一部で報道されていた( 関係記事 )。進捗が遅れている原因としては、振込業務…

引用元の詳しい内容はこちら

日本のバブル時代のすごさ&バブル発生〜崩壊の理由をわかり易く解説

現在からおよそ半世紀前 1974年 第一次石油ショックにより 世界中の人々は、 突然、物価の上昇と不況に同時に襲われた。 この問題を解決するため、 アメリカ大統領ジミー・カーターを中心に、 日米独の3カ国が協調。 大規模な財政刺激政策を行い、 世界経済を回復させようとした。 しかしわずか5年後の1979年、 第二次石油ショックにより再び不況に突入。 日本は単独で大規模な財政拡張計画を採用。 その結…

引用元の詳しい内容はこちら

昭和シェル石油、たな卸資産評価が改善で黒字転換 2016年1-9月期決算 | レスポンス(Response.jp)

昭和シェル石油、たな卸資産評価が改善で黒字転換 2016年1-9月期決算 自動車 ビジネス 企業動向 2016年11月14日(月) 13時15分 昭和シェル石油が発表した2016年1~9月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が272億円の黒字となった。前年同期は27億円の赤字だった。 売上高は前年同期比24.3%減の1兆2637億円と大幅減収となった。国内石油製品の販売は堅調だったものの、原油価…

引用元の詳しい内容はこちら

魑魅魍魎蠢く不動産の世界より、クソ物件オブザイヤー2016(心が震えた傑作選) : 市況かぶ全力2階建

昨年名誉あるクソ物件オブザイヤー2015最優秀賞を頂いた者です。ボブディラン級の小生としては授賞式辞退しようか悩みましたが、当日は地主の婆さんを落とす為に舐め回す舌の特訓の為副賞に干し葡萄頂き大変役に立ちましたが、トゥームストーンは置き場に困り未だ妻子への説明が上手く出来てません pic.twitter.com/hBzdjoK3fU — 次郎丸(´・_・`)哲戸 (@_Jiro70) 2016年1…

引用元の詳しい内容はこちら

中国のGDP操作疑惑 経済専門家「ヤラセではないか」 | ZUU online

(写真=Thinkstock/Getty Images) 米国では、2008年の金融危機以来、国内総生産(GDP)の伸びが年率2%台あたりをさまよい、米連邦準備制度理事会(FRB)が自信をもって金融正常化と利上げ加速に踏み切れない最大の理由となっている。だが、そんな米国を尻目に、中国では年率6%代後半の成長が安定的に継続し、世界を驚かせている。それでも、以前の二桁台よりは経済拡大スピードが落ちてい…

引用元の詳しい内容はこちら

見えない非効率 ー 今、動いているんだからいいじゃないか : タイム・コンサルタントの日誌から

新任の取締役が、あるとき担当する事業部の支社を見に行った。一通り見学し、支社長らと懇談した後、かえろうとしたら、ある部署だけ灯りがついているのを見つけた。…新任の取締役が、あるとき担当する事業部の支社を見に行った。一通り見学し、支社長らと懇談した後、かえろうとしたら、ある部署だけ灯りがついているのを見つけた。現場仕事はもう終業しているのに、管理部門の1セクションだけ、忙しそうに机にむかって仕事…

引用元の詳しい内容はこちら

山一證券を潰した「たった1枚の通達」の威力|「平成元年」驚きの回顧録|ダイヤモンド・オンライン

バブル退治のために平成元年(1989年)末、矢継ぎ早に打たれたさまざまな施策は、いずれも効果は大きかったものの、“やり過ぎた”側面も大きかった。後に「失われた10年(20年)」と呼ばれる大不況につながっていった、平成元年末の国の方針転換を改めて振り返ってみよう。 バブル退治の「バズーカ砲」が 効きすぎた 1989年12月末は、株価が史上最高値となる3万8915円87銭を付けた。バブルのピークとなっ…

引用元の詳しい内容はこちら

「大戸屋」はなぜ「やよい軒」に勝てないのか? | 外食 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

「大戸屋は儲からない。投資が重たい割に回収が少ないので、既存のフランチャイズ(FC)オーナーはこれ以上店舗を出したがらない」――。こう嘆くのは定食チェーン「大戸屋」の関係者だ。 これまでに何度も報じてきたように、大戸屋HDでは2015年7月の実質創業者・三森久実会長の急逝を機にお家騒動が勃発。役員人事を巡り、会社側と創業家側が対立している。 15年間、利益はゼロ成長 お家騒動の陰に隠れて目立ってい…

引用元の詳しい内容はこちら

米大統領選、1000分の1秒争う 膨張アルゴリズム取引  :日本経済新聞

コンピューターで自動売買する「アルゴリズム取引」。米大統領選後の相場急変を招くなど負の側面も見られるが、ヘッジファンドの運用資産は90兆円を超え市場を席巻している。人から機械へのシフトはどこまで進むのか。現状と展望を読む。 ■ プログラムが即反応、90兆円超す規模に  「フロリダ州でトランプ氏がクリントン氏より優勢になった」。米大統領選の“異変”を告げるニュースが流れたのは日本時間の9日朝10時半…

引用元の詳しい内容はこちら