カショーギ事件はシリコンバレーの一つの時代の終焉か――SoftBank新ファンドの行方も不透明 | TechCrunch Japan

事件の進展の速さは驚くばかりだ。きっかり1週間前、われわれはWashington Postのコラムニストがトルコで失踪した事件でサウジアラビアの資金が汚染されたのではないかと疑う記事を掲載した。しかしジャマル・カショーギがイスタンブールのサウジ領事館で消息を絶ったことに関して、シリコンバレーの取材先はほぼ全員が…

引用元の詳しい内容はこちら

IPO株のセカンダリー投資の狙い方 – 先輩トレーダーから学ぶ株の勝ち方

先輩
前回のIPO株を売買するための基礎知識に続き、今日はIPO株のセカンダリー投資について話していく。
たかし
セカンダリーというと、上場後、初値がついてから投資することですね。
先輩
上場直後は激しく値が上下し、とても難しい。
今日は初心者向けということで、上場から値が落ち着いてきたポイントの狙い方をメ…

引用元の詳しい内容はこちら

終身雇用が崩壊しているのに35年ローンで自宅を買う怖さ | 文春オンライン

先日、著名ブロガーのイケダハヤト師が地銀に資金を借りに行って玉砕したというニュースが流れてきて、興味津々でありました。
地銀に融資の相談に行ったら、そこは「紙・電話・FAX」の世界で驚いた話。 http://www.ikedahayato.com/20180915/76968948.html
イケハヤ地銀に行く http://www.haradesugi.com/entry/ikedaha…

引用元の詳しい内容はこちら

終身雇用が崩壊しているのに35年ローンで自宅を買う怖さ | 文春オンライン

先日、著名ブロガーのイケダハヤト師が地銀に資金を借りに行って玉砕したというニュースが流れてきて、興味津々でありました。
地銀に融資の相談に行ったら、そこは「紙・電話・FAX」の世界で驚いた話。 http://www.ikedahayato.com/20180915/76968948.html
イケハヤ地銀に行く http://www.haradesugi.com/entry/ikedaha…

引用元の詳しい内容はこちら

GMO、フリーランス向け金融支援サービス「FREENANCE」開始 ユーザーの請求書を買い取り報酬を即日払い – ねとらぼ

フリーランスに特化した金融支援サービス「FREENANCE(フリーナンス)」を、GMOクリエイターズネットワークが開始しました。収納代行用の振込専用口座を介してクライアントと取引できる仕組み。無料の損害賠償保険や、報酬の即日払いといったサービスが利用できます。
無料アカウントを開設すると、振込専用口座を維持手…

引用元の詳しい内容はこちら

高齢者を抱えた経済の山くだり、野村やMUFGなど老年学で対応模索 – Bloomberg

急速に高齢化が進む日本で、十数年後には高齢者に偏った約215兆円もの個人資産が凍結状態となるかもしれない。認知症の増加に伴い本人の意思確認が難しくなり、預貯金や有価証券などの資産を動かせなくなる恐れがあるためだ。危機感を持つ金融機関は、経済や株式市場への影響を回避する手立てを模索し始めている。
「も…

引用元の詳しい内容はこちら

高齢者を抱えた経済の山くだり、野村やMUFGなど老年学で対応模索 – Bloomberg

急速に高齢化が進む日本で、十数年後には高齢者に偏った約215兆円もの個人資産が凍結状態となるかもしれない。認知症の増加に伴い本人の意思確認が難しくなり、預貯金や有価証券などの資産を動かせなくなる恐れがあるためだ。危機感を持つ金融機関は、経済や株式市場への影響を回避する手立てを模索し始めている。
「も…

引用元の詳しい内容はこちら

景気の転換点は遠くない、設備投資の強さは悪材料-早川元日銀理事 – Bloomberg

日本銀行元理事の早川英男氏は、来年初めに戦後最長となる景気拡大が転換点を迎える時期は遠くないとした上で、最近の設備投資の強さは「悪いニュースだ」との見方を示した。
早川氏は16日のインタビューで、来年10月の消費増税や2020年夏の東京オリンピック終了に伴い、「来年か再来年のどこかが景気転換期と考えるのが…

引用元の詳しい内容はこちら

景気の転換点は遠くない、設備投資の強さは悪材料-早川元日銀理事 – Bloomberg

日本銀行元理事の早川英男氏は、来年初めに戦後最長となる景気拡大が転換点を迎える時期は遠くないとした上で、最近の設備投資の強さは「悪いニュースだ」との見方を示した。
早川氏は16日のインタビューで、来年10月の消費増税や2020年夏の東京オリンピック終了に伴い、「来年か再来年のどこかが景気転換期と考えるのが…

引用元の詳しい内容はこちら

「日本人は投資が嫌い」は本当か? この国のいびつな資産運用の秘密(マネー現代編集部) | マネー現代 | 講談社(1/3)

日本人は投資嫌いだーー。そう指摘する識者は多い。実際、「日本の個人金融資産1800兆円のうち、半分以上が預金である」という調査結果もある(第一生命経済研究所調べ)。
しかし、なぜ我が国は「投資後進国」になってしまったのだろう? そこには日本特有の事情があった。
日英の財務省、マッキンゼーを経て「ロボア…

引用元の詳しい内容はこちら

FXや株に関する情報を集めてまとめています。