カテゴリー別アーカイブ: usa

FRB10年半ぶり利下げ、0.25% 資産縮小も終了  :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で政策金利を0.25%引き下げ、10年半ぶりの利下げに踏み切った。貿易戦争のリスクを警戒し、景気悪化を未然に防ぐ。パウエル議長は「景気循環の途中の調整」と述べ、長期の利下げ局面入りは否定した。ただ、基軸通貨ドルを抱えるFRB…

引用元の詳しい内容はこちら

サンフランシスコでは年収10万ドル以下は生活が厳しいとのことですが、マクドナルドのアルバイトや清掃する人たちなどはどうやって生活しているのでしょうか? – Quora

サンフランシスコでは年収10万ドル以下は生活が厳しいとのことですが、マクドナルドのアルバイトや清掃する人たちなどはどうやって生活しているのでしょうか? 昨年末、アメリカ西海岸を車縦断してきました。出発がちょうどサンフランシスコで、サンフランシスコは3年振りでした。 え?3年でこんなになってしまったの…

引用元の詳しい内容はこちら

サンフランシスコでは年収10万ドル以下は生活が厳しいとのことですが、マクドナルドのアルバイトや清掃する人たちなどはどうやって生活しているのでしょうか? – Quora

サンフランシスコでは年収10万ドル以下は生活が厳しいとのことですが、マクドナルドのアルバイトや清掃する人たちなどはどうやって生活しているのでしょうか? 昨年末、アメリカ西海岸を車縦断してきました。出発がちょうどサンフランシスコで、サンフランシスコは3年振りでした。 え?3年でこんなになってしまったの…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株大暴落が「リーマンショック級」どころでは済まない可能性(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

パウエル議長が引いたトリガー 「ついにFRBはやっちまったな」というのが筆者の素直な感想である。 FRBは12月18、19日のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げを決定し、政策金利であるFFレートは2.25~2.5%の水準となった。 トランプ政権の経済閣僚から再三の利上げ見送り要請があったにもかかわらず、パウエルFRB議長は…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株大暴落が「リーマンショック級」どころでは済まない可能性(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/4)

パウエル議長が引いたトリガー 「ついにFRBはやっちまったな」というのが筆者の素直な感想である。 FRBは12月18、19日のFOMC(連邦公開市場委員会)で利上げを決定し、政策金利であるFFレートは2.25~2.5%の水準となった。 トランプ政権の経済閣僚から再三の利上げ見送り要請があったにもかかわらず、パウエルFRB議長は…

引用元の詳しい内容はこちら

米国だけがもつ“経済の核兵器”、「ドル利用禁止」 ロシアなどに対する米国の経済制裁が効果的な理由とは(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

米国の対ロ経済制裁の主役はSDNリストだ。このリストに掲載された個人や団体は、在米金融機関に有する口座や資産が凍結される。つまり米ドルの利用が禁止される。この「ドルの利用が禁止される」という点につき、金融関係者にはそのインパクトの大きさが自明である一方、一般人にはその意味があまり理解されていないよう…

引用元の詳しい内容はこちら