カテゴリー別アーカイブ: money

「普通の投資」を始めよう – Chikirinの日記

「貯蓄から投資へ」と言われ続けて数十年。
未だに日本では「投資は怖い」と貯金しかしない人も多数いる一方、
人生一発逆転を狙って高レバレッジをかけたり、ものすごくボラティリティ(=価格変動幅)の高い商品に投機する人もいます。
定年後に退職金を(大手証券、大手銀行や郵便局、大手保険会社みたいな、ものすご…

引用元の詳しい内容はこちら

投信で損失、個人の半数 金融庁調査:日本経済新聞

投資信託を保有する個人投資家の半数近くが損失を抱えている――。金融庁が投信を販売する銀行に実施した調査で、こんな実態が明らかになった。過度な分配金や短期の売買で十分な運用収益を得られず、長期の資産形成に結びついていない。販売会社も改革に動きつつあるが、事態を重く見た金融庁は運用成績の共通指標などで…

引用元の詳しい内容はこちら

今年は円が最も安い通貨に―正真正銘の極端な通貨 – WSJ.com

最大の2極化通貨に対する賞があるなら、円は受賞確実だ。
ドイツ銀行の調査では、年末まで相場に大きな変動がないと仮定すると、円は過去6年の各年、対ドルで最も弱いか最も強い主要通貨のどちらかだったことになる。円は今年、ドル高と、何年にもわたる慢性的なデフレと低調な経済成長から脱するための日本の政策のおか…

引用元の詳しい内容はこちら

藤田華凰さんによるイケダハヤトさんが地銀に融資に微妙な対応をされた理由の推察 – Togetter

システムとセルフで事足りるなら、多分もうやってる。銀行は事業資金を借りたい社長から「印鑑って何ですか?(実話)」というレベルの人まで、本当に色んな人が来る。
知識レベルの高い人には到底理解できない、というか俄かには信じられないような現実が、そこにはあるんだよ。 twitter.com/ka2aki86/statu…

引用元の詳しい内容はこちら

Kyash Visaカードはなぜガソリンスタンドやホテルで使えないのか – Kyash Blog

Kyashサーバーエンジニアの井上です。
Kyash Visaカードは、実は一部店舗でご利用いただけません。
その理由をカード決済の仕組みと合わせてご説明します。
ちなみにサポートページで利用できない店舗を載せているので、こちらもご覧ください。
カード決済の流れ
カード決済の仕組みが大きく関係しているので、まずクレ…

引用元の詳しい内容はこちら

お金の話、借金の「連帯保証人」と「保証人」の違いって知ってる?「義務教育で教えるべき」「勉強になった」 – Togetter

銀行員10年→雇われ経営者2年→オーナーと決裂(クビ)→ニートの へんてこ経歴野郎。現在は転売・物販、不動産投資、アフィリエイトの三刀流で独立。学校や会社では教えてくれない世の中の仕組みや裏側、ライフハックをわかりやすく伝えます。熱しやすく冷めやすいですが、ご容赦あれ。 質問・相談お気軽にどうぞ。
借金の連…

引用元の詳しい内容はこちら

Kyash Visaカードはなぜガソリンスタンドやホテルで使えないのか – Kyash Blog

Kyashサーバーエンジニアの井上です。
Kyash Visaカードは、実は一部店舗でご利用いただけません。
その理由をカード決済の仕組みと合わせてご説明します。
ちなみにサポートページで利用できない店舗を載せているので、こちらもご覧ください。
カード決済の流れ
カード決済の仕組みが大きく関係しているので、まずクレ…

引用元の詳しい内容はこちら

「10歳の時、父が10万円を渡して言った。このお金は好きに使っていい。ただし毎月のお小遣いは君の持ち金の1%だ」 → 結果、数年後のお小遣い金額がとんでもない事にwwwww : は

国内最大級のエンタメブログ。ゲーム・アニメ・漫画・時事ネタなど、たくさんのネタを面白おかしく紹介します。
https://t.co/MeAGci99cP
私が10才の時、父がいきなり10万円を渡してこう言いました。
このお金は好きに使っていい、ただし毎月のお小遣いは君のもっているお金の1%だよ…
のモーメントが完成しました!
父の…

引用元の詳しい内容はこちら

父は楽しくお金の勉強を教えてくれました。色んな失敗もさせてもらいました。大人になった今、どうやってお金の教育をすればいいのか?そんな悩みをもった人に届けたい…

引用元の詳しい内容はこちら

家計から仮想通貨まで、お金の専門家に無料で相談できる「おかねアンサー」正式リリース | TechCrunch Japan

専門家に、スマホやウェブから気軽に相談できるサービスが日本でも増えている。中でも分野を絞った専門家による相談サイトとしては、草分け的な存在の「弁護士ドットコム」や医師相談サービスの「アスクドクターズ」、AIの通知との組み合わせで中小企業の課題に専門家が答える「SHARES(シェアーズ)」など、さまざまな…

引用元の詳しい内容はこちら