カテゴリー別アーカイブ: 雑感

MMTが、こんなにも「エリート」に嫌われる理由 | 国内政治 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

前回記事「MMT『インフレ制御不能』批判がありえない理由」で、インフレ率との関係をていねいに解説した中野剛志氏。著書『富国と強兵 地政経済学序説』でいち早く日本にMMT(現代貨幣理論)を紹介した同氏が、今回は「そもそも貨幣とは何か」という視点から解説する。 MMTはなぜ嫌われているのか MMT(現代貨幣理論)は…

引用元の詳しい内容はこちら

10年後に地方銀行の6割赤字 日銀試算、人口減響き収益悪化 | 共同通信

日銀は10年後に国内で営業する地方銀行の約6割で、純損益が赤字になるとの試算を公表した。人口減少などを背景に貸出残高の伸びが縮小し、特段の措置を講じない限り収益悪化が止まらないという。日銀は警戒を強め「金融機関間の統合・提携や、他業態との連携も有効な選択肢となり得る」と提言している。 4月の「金融シス…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀のREIT購入もう必要ない、不動産融資に影響-宮野谷前理事 – Bloomberg

前日本銀行理事の宮野谷篤氏は、金融機関の不動産向け融資がバブル期並みの過熱サインを示したことついて、日銀による不動産投資信託(J-REIT)購入が投資行動に影響を及ぼした可能性があるとして、REIT購入はもう必要ないとの見方を示した。 22日のインタビューで、日銀のREIT購入が安全資産からリスク資…

引用元の詳しい内容はこちら

東証、最上位「プレミアム」市場を創設 1部の上場・降格基準を厳格化 – 毎日新聞

2部とジャスダックは統合し「スタンダード」市場に 東京証券取引所は、東証1部の上場・降格基準を厳格化し、日本経済をけん引する「プレミアム」市場と位置付ける改革案を固めた。中堅・新興企業向け3市場のうち、東証2部とジャスダックは統合して一般の上場企業が所属する「スタンダード」市場とする。 東証改革を議論…

引用元の詳しい内容はこちら

レオパレス、改修工事回避を検討 外壁不備で認定取り直し | 共同通信

賃貸アパート大手のレオパレス21が、施工不良が発覚した外壁の改修工事を回避する方向で検討していることが28日、分かった。925棟で耐火や防火に関する国の認定に合わない不備が発覚したが、安全性は確保されているとして、工事をせずに認定を取得したい考え。国は耐火や防火試験の結果などを踏まえ、申請内容に問題がな…

引用元の詳しい内容はこちら

レオパレス、改修工事回避を検討 外壁不備で認定取り直し | 共同通信

賃貸アパート大手のレオパレス21が、施工不良が発覚した外壁の改修工事を回避する方向で検討していることが28日、分かった。925棟で耐火や防火に関する国の認定に合わない不備が発覚したが、安全性は確保されているとして、工事をせずに認定を取得したい考え。国は耐火や防火試験の結果などを踏まえ、申請内容に問題がな…

引用元の詳しい内容はこちら

ゴーン容疑者の捜査で司法取引 特捜部に日産社員協力か:朝日新聞デジタル

東京地検特捜部は19日、日産自動車(本社・横浜市)の代表取締役会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者(62)を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで逮捕し、発表した。両容疑者は、ゴーン会長の報酬を約50億円少なく有価証券報告書に記載した疑いがある…

引用元の詳しい内容はこちら

金融所得の増税見送りへ 株価への影響考慮 政府・与党:朝日新聞デジタル

株式の配当などの金融所得への課税について、政府・与党は来年度の税制改正での増税を見送る方針を固めた。現状では、金融資産の多い富裕層ほど所得税の実質的な負担が軽くなることが課題になっていたが、株価への影響などを考えて見送ることにした。 所得税は現在、所得が多いほど税負担が重くなるよう、所得に応じて5…

引用元の詳しい内容はこちら