カテゴリー別アーカイブ: 開発

ワークスアプリケーションズが人事関連事業を分割、投資会社に売却へ | 日経 xTECH(クロステック)

ワークスアプリケーションズは2019年6月21日、会社分割により主力事業である人事関連事業を売却すると発表した。ERP(統合基幹業務システム)パッケージ「COMPANY」と「HUE」の人事関連モジュールやそれに付帯するサポート事業などを投資会社に売却する。売却金額は明らかにしていない。 同社は2019年8月1日付で人事関連…

引用元の詳しい内容はこちら

日本ではまだ知名度が低いけど、近い将来「世界で覇権を取りそうなテクノロジーと企業」 | GetNavi web ゲットナビ

SOLIDWORKS  World 2019は、AI、VR、IoTなどの最先端テクノロジーを駆使したサービスや製品が展示されるイベント。本稿では同イベントを取材した著者が最先端のテクノロジーについて現場で見聞きするなかで「日本ではまだ知られていないものの今後グローバルに普及しそうな可能性を秘めている」と感じたテクノロジーを3…

引用元の詳しい内容はこちら

【令和バグ?】コンビニATMで振り込みしようとしたら画面に出てきた日付がまさかの平成元年「これはヤバい」 – Togetter

@RIORAO 2000年問題のバグかな?パソコンのタイマー1970年から19年の1989年。2000年からの19年の2019年と計算したらそんな感じ。令和年号対策のときにやっちゃったか?

引用元の詳しい内容はこちら

【令和バグ?】コンビニATMで振り込みしようとしたら画面に出てきた日付がまさかの平成元年「これはヤバい」 – Togetter

@RIORAO 2000年問題のバグかな?パソコンのタイマー1970年から19年の1989年。2000年からの19年の2019年と計算したらそんな感じ。令和年号対策のときにやっちゃったか?

引用元の詳しい内容はこちら

エンジニア転職市場の有効求人倍率は約7倍––激化する技術者採用のいま – ログミーTech

2019年3月19日、株式会社レクターが主催するイベント「エンジニア採用最前線」が開催されました。エンジニアの有効求人倍率は年々高まり、採用市場は激化しています。エンジニアの採用が難しくなる中、企業は今後どのように採用活動を進めていけばよいのか? トレンドの振り返りと今後の傾向について、気づきやナレッジ…

引用元の詳しい内容はこちら

エンジニア転職市場の有効求人倍率は約7倍––激化する技術者採用のいま – ログミーTech

2019年3月19日、株式会社レクターが主催するイベント「エンジニア採用最前線」が開催されました。エンジニアの有効求人倍率は年々高まり、採用市場は激化しています。エンジニアの採用が難しくなる中、企業は今後どのように採用活動を進めていけばよいのか? トレンドの振り返りと今後の傾向について、気づきやナレッジ…

引用元の詳しい内容はこちら

“京都の町並み”が急速に壊れつつあるワケ | プレジデントオンライン

京都の「町」が、外国資本の買い占めにあっている。中国の投資会社は町家が並ぶ一角を買い取り、そこを中国風の名前で再開発する計画を発表した。京都在住の東洋文化研究者アレックス・カー氏とジャーナリストの清野由美氏は「このままでは京都の最大の資産である『人々が暮らしをする町並み』が消えてしまう」と警鐘を…

引用元の詳しい内容はこちら

みずほFG、6800億円損失 今期純利益800億円に下方修正  :日本経済新聞

みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期の連結純利益が前期比86%減の800億円になる見通しだと発表した。従来の予想は1%減の5700億円だった。個人向け金融(リテール)部門で口座を管理する次期勘定系システムや店舗といった固定資産の減損損失など計6800億円を計上する。 低金利や人口減少で収益性が低下…

引用元の詳しい内容はこちら

みずほFG、6800億円損失 今期純利益800億円に下方修正  :日本経済新聞

みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期の連結純利益が前期比86%減の800億円になる見通しだと発表した。従来の予想は1%減の5700億円だった。個人向け金融(リテール)部門で口座を管理する次期勘定系システムや店舗といった固定資産の減損損失など計6800億円を計上する。 低金利や人口減少で収益性が低下…

引用元の詳しい内容はこちら

未来への投資怠る日本企業 研究開発、米に見劣り  :日本経済新聞

先進国でカネ余りが鮮明だ。QUICK・ファクトセットのデータによると日米欧の上場企業が持つ手元資金は2017年度で約470兆円になった。10年前より73%の増加だ。設備投資などにかつてほど資金を投じなくなっていることが原因だが、なかでも日本企業の慎重姿勢が目立つ。 18年10月下旬。山口県が地盤の給湯機器大手、長府製…

引用元の詳しい内容はこちら