カテゴリー別アーカイブ: 銀行

三菱UFJ銀行、頭取に半沢氏 13人抜きで常務から昇格: 日本経済新聞

日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の三菱UFJ銀行の頭取に同行の取締役常務執行役員の半沢淳一氏(55)が昇格する人事を固めた。計13人いる副頭取や専務…

引用元の詳しい内容はこちら

三菱UFJ銀行、頭取に半沢氏 13人抜きで常務から昇格: 日本経済新聞

日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、傘下の三菱UFJ銀行の頭取に同行の取締役常務執行役員の半沢淳一氏(55)が昇格する人事を固めた。計13人いる副頭取や専務…

引用元の詳しい内容はこちら

COBOLのコードは未だに我々の金を握っており、バリバリ現役である – YAMDAS現更新履歴

www.wealthsimple.com この文章は、1969年にトロントの高校を出たばかりの、特に人生の目標もなかったトーマスの話から始まる。彼の父親は大工だったが、あいにく彼は不器用ときた。そこで母親が彼に新奇なものを勧めた。「コンピュータプログラミング……とかどう?」 トーマスはカナダの大きな銀行に入行し、1978年にプ…

引用元の詳しい内容はこちら

COBOLのコードは未だに我々の金を握っており、バリバリ現役である – YAMDAS現更新履歴

www.wealthsimple.com この文章は、1969年にトロントの高校を出たばかりの、特に人生の目標もなかったトーマスの話から始まる。彼の父親は大工だったが、あいにく彼は不器用ときた。そこで母親が彼に新奇なものを勧めた。「コンピュータプログラミング……とかどう?」 トーマスはカナダの大きな銀行に入行し、1978年にプ…

引用元の詳しい内容はこちら

巨大IT産業時代の終焉なのか―中国で重大な地殻変動が起きつつある(野口 悠紀雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

中国で重大な地殻変動が起きつつあるのかもしれない。共産党内部の権力抗争ではない。共産党と新しい民間新興勢力との衝突である。これは、長期的には中国の成長の阻害要因となり、米中バランスに本質的な影響を与える可能性がある。 アントの上場中止事件 共産党と新しい民間新興勢力との確執がはっきりした形で現れた…

引用元の詳しい内容はこちら

巨大IT産業時代の終焉なのか―中国で重大な地殻変動が起きつつある(野口 悠紀雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

中国で重大な地殻変動が起きつつあるのかもしれない。共産党内部の権力抗争ではない。共産党と新しい民間新興勢力との衝突である。これは、長期的には中国の成長の阻害要因となり、米中バランスに本質的な影響を与える可能性がある。 アントの上場中止事件 共産党と新しい民間新興勢力との確執がはっきりした形で現れた…

引用元の詳しい内容はこちら

やまもといちろう 公式ブログ – Kyash社、フィンテック時代の新しい銀行を標榜して前のめりに掛け声倒れとなる一部始終 – Powered by LINE

目下、霞が関やさいたまでは新たな暗号資産、海外税制からデジタル人民元まで、解決しなければならない問題が山積しているところに、とんでもない与太記事が流れてきてみんなで唖然としていたわけです。 この前、いろいろやらかした、Kyash社っていう会社さんなんですが。 残高に年利1%の利息提供 新たな形の銀行目指…

引用元の詳しい内容はこちら

「頭取は裸の王様だ」金融庁出身の副頭取が挑む地銀改革:朝日新聞デジタル

経済インサイド かつて地方銀行のお目付け役だった元金融庁幹部が、業績悪化に苦しむ南都銀行(奈良県)の副頭取に就き、改革のブレーンとして動いている。逆の立場でどんな手腕が発揮できるのか。まずは「お手並み拝見」と業界関係者の視線も集めている。 低迷する「敵なしの王様」 南都銀は奈良県内で預金、貸出金とも…

引用元の詳しい内容はこちら

「残高利息」サービスの内容見直しについて – Kyash PR

株式会社 Kyash(本社: 東京都港区、代表取締役: 鷹取 真一)は、12月1日(火)付で「残高利息」サービス(以下「本サービス」といいます。)についてご案内いたしましたが、各方面より大変多くの反響をいただき、当初想定していなかった混乱が生じる懸念があることなどを踏まえ、予定していた12月8日(火)からのサービスリ…

引用元の詳しい内容はこちら

Kyash、1%利息の「残高利息」公開中止、内容見直し – ITmedia ビジネスオンライン

Kyashは12月8日からのサービス開始を予定していた「残高利息」サービスのリリースをいったん中止し、名称と内容を見直すと発表した。「当初想定していなかった混乱が生じる懸念がある」と、理由について述べている。 フィンテック企業のKyash(東京都港区)は12月8日からのサービス開始を予定していた「残高利息」サービ…

引用元の詳しい内容はこちら