カテゴリー別アーカイブ: 金融

「年金あてにせずマネーゲームと自己責任で2千万円貯蓄せよ」とする報告書の異常――麻生財務大臣が受け取り拒否しても「年金100年安心」などとした政府の失敗は消せない | 福祉国家構想研究会blog

「年金あてにせずマネーゲームと自己責任で2千万円貯蓄せよ」とする報告書の異常――麻生財務大臣が受け取り拒否しても「年金100年安心」などとした政府の失敗は消せない 金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」の報告書はひどい代物だが、主張は明快だ。高齢者の夫婦世帯の家計が月平均5万円の赤字で、貯蓄が…

引用元の詳しい内容はこちら

給与のデジタルマネー払い解禁は、銀行のビジネスモデルを破壊する懸念 – 銀行員のための教科書

会社から支払われる給与について、デジタルマネーで受け取ることができるようにする規制改革が議論されています。 これに対して銀行が警戒感を持ち、新規参入をけん制していると報道されています。 デジタルマネーでの給与受取ができるようになることは銀行にどのような影響を及ぼすのでしょうか。また、デジタルマネー…

引用元の詳しい内容はこちら

証券会社が勧めるけれど買ってはいけない投資信託5選 | Mocha(モカ)

6000本ほどあると言われる投資信託。しかし、どれを買ってもいいというわけではありません。中には、金融機関が儲かるばかりで顧客が損してしまう投資信託や、金融機関が「大人の事情」で販売したい投資信託もあります。証券会社に勤めていた私が、正直おすすめしない投資信託を5つピックアップしていきます。 買っては…

引用元の詳しい内容はこちら

投資とギャンブルは何が違うのか | ニッセイ基礎研究所

金融庁の報告書「高齢社会における資産形成・管理」いわゆる年金2,000万円不足問題をきっかけに、投資についての関心が高まっている。そのような中、「投資=ギャンブル」という声を耳にする機会があった。資産運用業に携わる筆者としては残念に思う反面、投資にはそう思われても仕方ない面も確かにあると思う。 人によ…

引用元の詳しい内容はこちら

投資とギャンブルは何が違うのか | ニッセイ基礎研究所

金融庁の報告書「高齢社会における資産形成・管理」いわゆる年金2,000万円不足問題をきっかけに、投資についての関心が高まっている。そのような中、「投資=ギャンブル」という声を耳にする機会があった。資産運用業に携わる筆者としては残念に思う反面、投資にはそう思われても仕方ない面も確かにあると思う。 人によ…

引用元の詳しい内容はこちら

「年金2,000万円不足問題」の火付け役になった朝日新聞の自殺行為 | 文春オンライン

さっきスポーツ報知を見ていたら、ラサール石井が年金問題で与太話を飛ばす堀江貴文に文句を言っているという素敵なニュースに接し、素晴らしい昼下がりのひとときを送りました。 こういうときほど「あっ、共倒れしないかな」って思っちゃいますよね。 本当のことを言うにもタイミングがあるだろう それにしても、どうも…

引用元の詳しい内容はこちら

自己破産するサラリーマンが続出する「不動産投資」のヤバすぎる真実(沖 有人) | マネー現代 | 講談社(1/6)

不動産投資はからくりに満ちている。誰でも儲かるように見せかけることができるので、騙される人が後を絶たない。例えば不動産投資のキャッシュフローは、誰でも初年度が最も儲かるようにできている。しかし、おおむね翌年からはマイナスになり、やがてローン返済にも困るようになる。そうなってからでは、もう遅い。い…

引用元の詳しい内容はこちら

老後資金2000万円問題「年金は預貯金よりも得ですか?」:日経ビジネス電子版

テレビ東京アナウンサー・西野志海と日経ビジネス編集委員・山川龍雄が、世間を騒がせている時事問題をゲストに直撃する動画シリーズ。第1回のテーマは、老後資金2000万円問題。飯田泰之・明治大学准教授は、社会保障制度の持続性が懸念される中で、「年金を納めない人は結局、大損する」と明言する。その理由とは。 西…

引用元の詳しい内容はこちら

やっちまった感が拭えないヤフーのPayPay戦略 – アゴラ

「PayPay銀行」「PayPay証券」誕生へ ヤフーとソフトバンク、自社名使わないワケ (アエラドット) あーあ、やっちゃったなというのが正直な感想だ。 PayPayみたいにお金の世界で最初にやらかしたサービスなんて信用できるわけないだろ。 Yahoo!が金融やりたいのは理解できる。 だけどずっとYahoo!が金融やらなかったのは…

引用元の詳しい内容はこちら

お金の基礎知識おすすめ本|深津 貴之 (fladdict)|note

この先生きのこるための基礎知識オススメ本。恐怖や不安の根源は「知らないこと」。まずは知識を得ることが大事。知識があれば、無用な恐怖や不安は減り、すべき行動が見えてくる。 経済政策はお金を配ることも大事だけど、知識と教育を配ることが一番大事だと思う。以下、自分が読んだ中から、とっかかりとしてオススメ…

引用元の詳しい内容はこちら