カテゴリー別アーカイブ: 金融庁

“老後2000万円” 報告書まとめた担当局長退任へ 金融庁 | NHKニュース

金融庁の幹部人事が発表され、老後の資産形成に関して「およそ2000万円が必要になる」などとした審議会の報告書を取りまとめた担当局長が退任することになりました。局長クラスは、定年を延長して引き続き務めるケースもあるということですが、今回は定年を理由に退任するということです。 三井局長は「老後に2000万円が…

引用元の詳しい内容はこちら

「年金2,000万円不足問題」の火付け役になった朝日新聞の自殺行為 | 文春オンライン

さっきスポーツ報知を見ていたら、ラサール石井が年金問題で与太話を飛ばす堀江貴文に文句を言っているという素敵なニュースに接し、素晴らしい昼下がりのひとときを送りました。 こういうときほど「あっ、共倒れしないかな」って思っちゃいますよね。 本当のことを言うにもタイミングがあるだろう それにしても、どうも…

引用元の詳しい内容はこちら

老後資金2000万円問題「年金は預貯金よりも得ですか?」:日経ビジネス電子版

テレビ東京アナウンサー・西野志海と日経ビジネス編集委員・山川龍雄が、世間を騒がせている時事問題をゲストに直撃する動画シリーズ。第1回のテーマは、老後資金2000万円問題。飯田泰之・明治大学准教授は、社会保障制度の持続性が懸念される中で、「年金を納めない人は結局、大損する」と明言する。その理由とは。 西…

引用元の詳しい内容はこちら

昨今の年金問題の発生源を探してみたら、なんだこりゃ案件だった: 極東ブログ

6月3日に発表された金融庁審議会の報告書が火元になって、老後の生活費は年金では足りず、老後の30年間のためには各人が二千万円の蓄えが必要だ、という話題になり、国は国民の生活を守らないのかうんぬんプンスカ、という話題になっている。そしてさらに、有識者に報告書作成を依頼する立場の麻生金融担当相が、これじ…

引用元の詳しい内容はこちら

“スマホ使って給料前払い”広がる アルバイト確保に効果 | NHKニュース

スマートフォンを活用して給料を前払いで受け取れるサービスが広がっています。アルバイトを集めやすくなることが背景ですが、従業員に手数料がかかる場合があるため、金融庁は利用のしかたには注意も必要だとしています。 このうち、都内の飲食店はアルバイトの確保が課題になっていましたが、サービスを導入したところ…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後に約2000万円必要” 麻生氏「表現が不適切だった」 | NHKニュース

麻生副総理兼金融担当大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で、高齢夫婦の世帯の赤字が老後30年間続くとするとおよそ2000万円必要になるなどとした、金融庁の審議会の指針について「一定の前提で割りふった試算で表現が不適切だった」と述べました。 これについて野党側からは、政府の公的な責任を放棄しているなどと指摘…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後に約2000万円必要” 麻生氏「表現が不適切だった」 | NHKニュース

麻生副総理兼金融担当大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で、高齢夫婦の世帯の赤字が老後30年間続くとするとおよそ2000万円必要になるなどとした、金融庁の審議会の指針について「一定の前提で割りふった試算で表現が不適切だった」と述べました。 これについて野党側からは、政府の公的な責任を放棄しているなどと指摘…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後に約2000万円必要” 麻生氏「表現が不適切だった」 | NHKニュース

麻生副総理兼金融担当大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で、高齢夫婦の世帯の赤字が老後30年間続くとするとおよそ2000万円必要になるなどとした、金融庁の審議会の指針について「一定の前提で割りふった試算で表現が不適切だった」と述べました。 これについて野党側からは、政府の公的な責任を放棄しているなどと指摘…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後に約2000万円必要” 麻生氏「表現が不適切だった」 | NHKニュース

麻生副総理兼金融担当大臣は、7日の閣議のあとの記者会見で、高齢夫婦の世帯の赤字が老後30年間続くとするとおよそ2000万円必要になるなどとした、金融庁の審議会の指針について「一定の前提で割りふった試算で表現が不適切だった」と述べました。 これについて野党側からは、政府の公的な責任を放棄しているなどと指摘…

引用元の詳しい内容はこちら

高齢者を抱えた経済の山くだり、野村やMUFGなど老年学で対応模索 – Bloomberg

急速に高齢化が進む日本で、十数年後には高齢者に偏った約215兆円もの個人資産が凍結状態となるかもしれない。認知症の増加に伴い本人の意思確認が難しくなり、預貯金や有価証券などの資産を動かせなくなる恐れがあるためだ。危機感を持つ金融機関は、経済や株式市場への影響を回避する手立てを模索し始めている。
「も…

引用元の詳しい内容はこちら