カテゴリー別アーカイブ: 資産運用

資産運用で1億円作るのにかかる時間は? – たぱぞうの米国株投資

資産運用で1億円を作るのにかかる時間 年月をかけ、できることを積み上げていけば、それなりの資産形成をすることができます。 これがどれぐらいのスピード感になるのか、図で示したいと思います。金融庁がシミュレーターを提供してくれていますので、それをもとに示します。米国株式指数の平均成長率である6.8%を使…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株ETFが良いのか、それとも米国株投資信託が良いのか。 – たぱぞうの米国株投資

米国株ETFが良いのか、それとも米国株投資信託が良いのか。 米国株ETFが良いのか、それとも米国株投資信託が良いのか。これは永遠のテーマかもしれませんね。今回はこの「米国株ETFが良いのか、それとも米国株投資信託が良いのか。」というテーマに関してのご質問をいただいています。 ETFと投資信託、どちらを購入すべ…

引用元の詳しい内容はこちら

米国株の見通しは暗いのか – たぱぞうの米国株投資

米国株の見通しは暗い? 米国はこの10年目覚ましい経済成長を遂げてきました。他の先進諸国が軒並み高齢化に苦しみ、そして産業の硬直化から逃れられない中、出色と言ってよいでしょう。その原動力になったのはIT産業に他なりません。 多くの期待を集め、ITバブルを引き起こしたのが2000年です。appleにしてもGoog…

引用元の詳しい内容はこちら

共働き家庭の資産運用術、基礎の基礎 – たぱぞうの米国株投資

共働き家庭の資産運用術 今は共働き家庭が珍しくありません。20年、30年前はさほど多くはなかったのですが、一般的に年収が頭打ちですから経済的な合理性はあります。また、十分ではないものの女性の働く環境が整ってきたことも大きいですね。 家庭によっては、男性が在宅で仕事をして、家事もこなし、女性が外で働…

引用元の詳しい内容はこちら

共働き家庭の資産運用術、基礎の基礎 – たぱぞうの米国株投資

共働き家庭の資産運用術 今は共働き家庭が珍しくありません。20年、30年前はさほど多くはなかったのですが、一般的に年収が頭打ちですから経済的な合理性はあります。また、十分ではないものの女性の働く環境が整ってきたことも大きいですね。 家庭によっては、男性が在宅で仕事をして、家事もこなし、女性が外で働…

引用元の詳しい内容はこちら

新しい投資信託への乗り換えを検討する – たぱぞうの米国株投資

新しい投資信託への乗り換えを検討する 質が良く、新しい投資信託が次から次へと出てきています。このような質の良い新発投資信託ラッシュは過去においてもあまり見られず、乗り換えようか迷う人が出てきていますね。 典型的な例としてはS&P500連動投資信託、あるいは全世界分散株式の投資信託などがそうですね。いずれ…

引用元の詳しい内容はこちら

金融所得の増税見送りへ 株価への影響考慮 政府・与党:朝日新聞デジタル

株式の配当などの金融所得への課税について、政府・与党は来年度の税制改正での増税を見送る方針を固めた。現状では、金融資産の多い富裕層ほど所得税の実質的な負担が軽くなることが課題になっていたが、株価への影響などを考えて見送ることにした。 所得税は現在、所得が多いほど税負担が重くなるよう、所得に応じて5…

引用元の詳しい内容はこちら

資産2億円でアーリーリタイア、その後の資産運用 – たぱぞうの米国株投資

アーリーリタイアするための基本的な考え方
アーリーリタイアの目安としては1億円ということがよく言われます。人によっては半分の5000万円という人もいます。これは、人それぞれ背景が違うからです。背景というのはズバリ言って4つです。
年齢
年間支出
年間収入
資産
年齢が上がれば資産や収入は少なくて済みま…

引用元の詳しい内容はこちら

【ひふみ投信大暴落で草www】クソダサい投資家がひふみ投信を損切りできない理由 : バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)

バフェット太郎です。
クソダサい投資家ほど「ひふみ投信」に投資すれば市場平均をアウトパフォームし続けることができると信じているものです。
しかし、200を超える銘柄に分散投資している「ひふみ投信」が長期にわたって市場平均をアウトパフォームし続けられる保障はどこにもなく、確率的に考えれば市場平均に連動す…

引用元の詳しい内容はこちら

2018年10月株式市場の下落と今後の見通し – たぱぞうの米国株投資

株式市場の下落
普段はあまりトレンドについて書かないのですが、1つの節目になりそうなので書いておきます。株式市場は結局、米国中心です。そのため、米国株が下げれば日本株もEU株も、そして新興国株も下げます。むしろ、米国株よりも大きく変動します。
また、公益株や生活必需品株がNasdaqのようなグロース株のボ…

引用元の詳しい内容はこちら