カテゴリー別アーカイブ: 資産運用

株式投資家必見!情報収集に欠かせないTwitterアカウント10選 | ZUU online

情報収集が命取りともなる株式投資。とは言え、実際に周囲の投資家がどのような経済情報を収集して投資に役立てているのか見えにくい部分も多い。SNSが世に広まるまでは、そうした情報は公にされることは少なかったが、今や個人でもSNSを通して世に発信できる時代。そこで今回は、株式投資をする際に、フォローしておき…

引用元の詳しい内容はこちら

楽天市場のSPUの条件に「楽天証券で500円以上のポイント投資で+1倍」が追加 – 神経内科医ちゅり男のブログ

おはようございます。
最近、楽天証券の攻勢が続いています。
2018年9月30日から、楽天スーパーポイントで投信積立で可能になるというニュースが発表されたのが2週間前です。
www.churio807.com
また、楽天カードを利用して投信積立をすると、購入金額の1.0%分の楽天スーパーポイントが還元されるというニュースが発表さ…

引用元の詳しい内容はこちら

割安株をどう見つけるか PERは指標として不十分、PEGレシオ活用を | マネーポストWEB

株式投資は安く購入して高く売却すれば利益が出る。誰もがわかっていることだが、割安株を見つける方法に画一的な手法はなく、苦労している投資家も多いはずだ。10年で元本を60倍にした個人投資家兼USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)マーケターの秋山哲氏は、著書『お金からの解放宣言』(かんよう出版)で、割安…

引用元の詳しい内容はこちら

【楽天証券】楽天カードで投信積立をすると1.0%のポイント還元サービスが開始 – 神経内科医ちゅり男のブログ

おはようございます。
楽天証券で、楽天カードを利用して投信積立をすると購入額の1.0%相当のポイントが還元されるサービスが開始されます。
prtimes.jp
www.rakuten-sec.co.jp
開始時期は2018年10月27日からで、ポイントが付与される上限は月に5万円までのようです。
投信積立メインで資産運用をしている方にとっては朗…

引用元の詳しい内容はこちら

インデックス投資家は注意!「情報技術」からフェイスブックやグーグルが除外? | ZUU online

2017年以降の米国の株式市場では、IT関連企業が株価上昇を牽引し、米国株式に良好なパフォーマンスをもたらしてきた。フェイスブック、アマゾン、ネットフリックス、グーグル(アルファベット)の頭文字をとった「FANG銘柄」、さらにアップルを加えた「FAANG銘柄」といった造語も登場した。
この恩恵を得たいと「情報技…

引用元の詳しい内容はこちら

【株式投資】 2018年7月の取引銘柄と収支公開 : 理系男子の流儀

お世話になっております。
「理系男子の流儀」管理人の「やな」です。
先月に引き続き「2018年7月の取引銘柄と収支」を公開いたします。
なお、購入株式の選び方などは以下の記事でシリーズで解説しています。
需要が確認できましたので、今月第3回の解説を投稿する予定です。
【第2回】 あなたもできる資産運用 「運用…

引用元の詳しい内容はこちら

あまりに楽観論渦巻く米国株投資 – たぱぞうの米国株投資

あまりに楽観論渦巻く米国株投資
今年に入ってポジション100%で米国株を持っている
キャッシュポジションあるいは他のポジションはゼロである
株式投資歴が10年以下である
悲観論ばかりでもできない米国株投資
あまりに楽観論渦巻く米国株投資
米国株投資が日本株投資に比べれば簡単なのは理由があります。米国株式…

引用元の詳しい内容はこちら

金の卵を産むニワトリと資産運用 – たぱぞうの米国株投資

金の卵を産むニワトリを養うために
毎年追加資金を投入し、種銭を増やし、資産運用をコツコツと行う。家や車のような大きな消費財にお金を使うよりは株が欲しい。そして資産を殖やしたい。長期投資家というのはこういう思考で行動しているのではないでしょうか。
私も多分に漏れずそうでした。半年前に生まれて初めてま…

引用元の詳しい内容はこちら

ETF「マーケットメイク」制度がスタート!流動性はどのように変化したか? | 東証マネ部!

これまで複数回にわたって紹介してきた、ETFマーケットメイク制度。7月2日、ついに制度がスタートした。ETFはコストメリットのある商品だが、これまで流動性のある銘柄は一部に限られていた。この制度は、「マーケットメイクにより流動性を高めることで、投資家がより売買をしやすくし、もっと活用してもらえるようにし…

引用元の詳しい内容はこちら

銀行から投資信託を買うのはやはり危険だった【金融庁が統計資料を公開】 |

銀行が売る投資信託は地雷商品だった・・・
いくつか資料がありますので順番にみていきましょう。
かなりひどい内容です。
銀行で投資信託を買った顧客の半数弱がマイナス
まずは主要行等9行、地域銀行20行が販売した投資信託の顧客別損益別の比率を表した資料からみていきましょう。
半数強の顧客の運用損益率がプラ…

引用元の詳しい内容はこちら