カテゴリー別アーカイブ: 財政政策

消費増税は「延期」ではなく「凍結」すべき、これだけの理由(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

統一地方選結果のインプリケーション 10連休という超大型連休を前に、にわかに政局が動き始めた。そのきっかけは、4月19日にDHCテレビのインターネット番組「虎ノ門ニュース」において、自民党の萩生田光一幹事長代理が、「6月日銀短観の結果如何では消費増税の再延期もあり得るし、その場合には国民に信を問う必要があ…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクスの「リフレ政策」は本当に失敗だったか…ひとつの分析(安達 誠司) | マネー現代 | 講談社(1/3)

日銀の物価安定目標 まだ少し先の話だが、5月25日に開催される金融学会で「中央銀行パネル」というセッションに参加することになった。 金融学会のコンセンサスは現状のリフレ政策には否定的で、「何の効果もなかった」と言いたい人も少なからずいると推測する。ただ、欠席裁判みたいな形で批判しあっても生産的ではない…

引用元の詳しい内容はこちら

フランスデモ、怒りの根底にある「庶民軽視・緊縮財政」の現代史(小田中 直樹) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

ここのところフランスを騒がせているのが「ジレ・ジョーヌ」と呼ばれる運動である。黄色いベスト(ジレ・ジョーヌ)を着用した人びとが、デモや道路封鎖をおこない、エマニュエル・マクロン政権批判を叫ぶ光景が、日本でもテレビから流れてくる。 これを受け、マクロン大統領は、最低賃金を月額100ユーロ(約1万3000円)…

引用元の詳しい内容はこちら

フランスデモ、怒りの根底にある「庶民軽視・緊縮財政」の現代史(小田中 直樹) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

ここのところフランスを騒がせているのが「ジレ・ジョーヌ」と呼ばれる運動である。黄色いベスト(ジレ・ジョーヌ)を着用した人びとが、デモや道路封鎖をおこない、エマニュエル・マクロン政権批判を叫ぶ光景が、日本でもテレビから流れてくる。 これを受け、マクロン大統領は、最低賃金を月額100ユーロ(約1万3000円)…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF最新レポートが教えてくれる、「日本の財政危機」というフェイク・ニュース (0)ページ | 世の中を見渡すニュースサイト New’s vision(ニューズヴィジョン)

「政府の借金は1090兆円近くで、国民一人当たり約860万円で危機的状況である」というマスコミや識者は多い。私が消費増税を反対し、また積極的な財政政策(もちろん金融緩和は大前提)を主張すると、「田中の言うようにすれば財政が破たんする」というトンデモな人たちを見かけて驚いてしまう。
たぶんその人たちは、最…

引用元の詳しい内容はこちら