カテゴリー別アーカイブ: 記録

みんな必読の岩田規久男『日銀日記』 – こら!たまには研究しろ!!

先週,岩田規久男前日本銀行副総裁の『日銀日記』が発売されました.すでに入手済みの方も多いかと思いますが,改めて本当にお薦め♪ 金融政策のお勉強と同時代史,日銀の中で何が行われているか・・・・・・同時に学べる本です.現在の金融緩和政策に好意的な人はもちろん,批判的な人にも楽しめるんじゃないかしら. 就任当…

引用元の詳しい内容はこちら

官民ファンド経営陣へ高額報酬案 異例の年収1億円超も:朝日新聞デジタル

国内最大の官民ファンド、産業革新投資機構(JIC)が、田中正明社長ら経営陣に高額の「成功報酬制度」を導入することが明らかになった。固定給に加えて業績連動報酬を採り入れ、年によっては報酬が1億円を超す可能性がある。公的資金を原資とする官民ファンドが高額な報酬体系を設けることは論議を呼びそうだ。 JI…

引用元の詳しい内容はこちら

官民ファンド経営陣へ高額報酬案 異例の年収1億円超も:朝日新聞デジタル

国内最大の官民ファンド、産業革新投資機構(JIC)が、田中正明社長ら経営陣に高額の「成功報酬制度」を導入することが明らかになった。固定給に加えて業績連動報酬を採り入れ、年によっては報酬が1億円を超す可能性がある。公的資金を原資とする官民ファンドが高額な報酬体系を設けることは論議を呼びそうだ。 JI…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

東京の首相官邸で握手する、安倍晋三首相(右)と国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(2018年10月4日撮影)。(c)Eugene Hoshiko / POOL / AFP
【10月4日 AFP】来日中の国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は4日、根強い低インフレと成長の鈍化、急速な高齢…

引用元の詳しい内容はこちら

IMF専務理事、アベノミクスの見直しを要請 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

東京の首相官邸で握手する、安倍晋三首相(右)と国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事(2018年10月4日撮影)。(c)Eugene Hoshiko / POOL / AFP
【10月4日 AFP】来日中の国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)専務理事は4日、根強い低インフレと成長の鈍化、急速な高齢…

引用元の詳しい内容はこちら

日本経済を「復活」させた、リーマン・ショックの衝撃 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

<バブル崩壊後の「失われた20年」を運命論的に受け入れていた日本にとってリーマン・ショックは強力なカンフル剤だった>
時間は時に速さが変わり、数週間が数年のように感じられることがある。08年9月がまさにそうだった。米投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻をきっかけとしたパニックは瞬く間に国際金融システム全…

引用元の詳しい内容はこちら

原油価格が-7%の急落 中国経済の急ブレーキを恐れる声 中国人の「爆買い」が、懐かしい思い出になる日が来る? – Market Hack

今日、原油価格が-7%以上急落しました。
これは先週末に発表されたベーカーヒューズ北米オイルリグ・カウントが増えていたこと、イランとの核軍縮交渉が進捗するといずれイランの石油が国際市場に出回る事などを嫌気しています。それに加えて今日、ウォール街で囁かれていたことは中国経済の鈍化が、コモディティ市場に…

引用元の詳しい内容はこちら

アベノミクス・4月はロケットスタート – 経済を良くするって、どうすれば

4月の経済指標は極めて好調だ。2.2%成長を達成した1-3月期は、2次速報で上方修正が予想されており、4-6月期に入っても、その勢いは続いている。「雇用は増えても、消費は」と言われてきたが、消費中心の成長となっている。次は、物価上昇が見られるだろう。日本経済は、0% 台前半の成長力しかないと見限られていたが、大…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、金融緩和「新たな手法議論」 景気悪化に備え (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は22日、7月31日~8月1日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。先行きの景気悪化に備えて金融緩和の手法を議論し、参加者は利下げや量的緩和に加えた「新たな政策手法を議論する」と決めた。2%の物価目標を柔軟にして一時的なインフ…

引用元の詳しい内容はこちら

FRB、金融緩和「新たな手法議論」 景気悪化に備え (写真=AP) :日本経済新聞

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は22日、7月31日~8月1日に開いた米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。先行きの景気悪化に備えて金融緩和の手法を議論し、参加者は利下げや量的緩和に加えた「新たな政策手法を議論する」と決めた。2%の物価目標を柔軟にして一時的なインフ…

引用元の詳しい内容はこちら