カテゴリー別アーカイブ: 行政

相変わらず福岡市は地方経済最強と信じてている人ばかりです。 | 福岡大学経済学部教授 木下敏之の「九州経済論」

今回は、なかなか広がらない福岡市の実態のお話です。 ※私の講演を何度も聞いている方はスルーしてください。 久しぶりに福岡市内で企業向けの講演をしたのですが、 「福岡市はこれからも若者が増え続けていく」 と思い込んでいる人ばかりでした。 昨年、福岡市を礼賛する本が相次いで出版されました。 「福岡市は地方経…

引用元の詳しい内容はこちら

教育の公的支出割合 日本は最下位 OECD加盟国で | NHKニュース

教員の給与など、日本の教育費がGDP=国内総生産に占める割合は、OECD=経済協力開発機構の加盟国のなかで最も低い水準にあることがわかりました。 それによりますと、小学校から大学に至る教員の給与や教科書代など、国や自治体が負担する教育費がGDPに占める割合は2.9%で、35か国の平均の4%を下回り、最…

引用元の詳しい内容はこちら

125万人が忘れている「申請しないともらえない年金」をご存知ですか(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

もらい忘れる人、多数 年金は、繰り上げるか、繰り下げるかで将来もらえる額が大きく変わってくる。この時にカギとなるのが、特別支給の老齢厚生年金や加給年金、振替加算などの耳慣れない年金であった。 年金にはこうした細かい制度が無数に存在する。しかし、多くの人がこうした年金の申請を忘れがちだ。社会保険労務…

引用元の詳しい内容はこちら

キャッシュレス業者を集中検査へ 不正利用受け金融庁  :日本経済新聞

金融庁はキャッシュレス送金・決済を手がける資金移動業者を対象に、立ち入りを含めた集中検査を始める。不正利用が相次いでいることを受け、システムの安全性や利用者保護、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの内部管理体制が十分かどうかを重点的に点検する。不備が見つかれば行政処分を検討する。 2019事務年度…

引用元の詳しい内容はこちら

キャッシュレス業者を集中検査へ 不正利用受け金融庁  :日本経済新聞

金融庁はキャッシュレス送金・決済を手がける資金移動業者を対象に、立ち入りを含めた集中検査を始める。不正利用が相次いでいることを受け、システムの安全性や利用者保護、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの内部管理体制が十分かどうかを重点的に点検する。不備が見つかれば行政処分を検討する。 2019事務年度…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の「一帯一路」、中国の陰でアクセル全開 – WSJ

――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 *** 東方のある経済大国が、アジア新興国への金融支援で存在感を増している。いや、あの国ではない。 国際決済銀行(BIS)が今週公表したデータによると、対外融資で「ある通貨」が突出した伸びを示した。日本円だ。2019年1-3月期(第1四半期)に日本国外の円建て…

引用元の詳しい内容はこちら

スクープ「消えた年金問題」が再発か 日本年金機構が年金情報の入ったディスク大量紛失を隠蔽? (2019年7月19日) – エキサイトニュース

参議院議員選挙直前の年金記録問題再発なのでしょうか。 「第一次安倍内閣の2007年に社会保険庁の年金記録に誤りや不備が多いことが発覚し、2009年に社会保険庁は廃止されました。業務を引き継ぐために2010年に日本年金機構が設立されたものの、杜撰な体制は変わらず、データ紛失騒動が起きているようです。12年前の『消…

引用元の詳しい内容はこちら

スクープ「消えた年金問題」が再発か 日本年金機構が年金情報の入ったディスク大量紛失を隠蔽? (2019年7月19日) – エキサイトニュース

参議院議員選挙直前の年金記録問題再発なのでしょうか。 「第一次安倍内閣の2007年に社会保険庁の年金記録に誤りや不備が多いことが発覚し、2009年に社会保険庁は廃止されました。業務を引き継ぐために2010年に日本年金機構が設立されたものの、杜撰な体制は変わらず、データ紛失騒動が起きているようです。12年前の『消…

引用元の詳しい内容はこちら

金融庁の報告書が実はとんでもない軽挙のワケ | 政策 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

金融庁審議会の市場WG(ワーキンググループ)の報告書で世間は炎上しているようで――そのきっかけは、金融庁WG報告を次のように報道した朝日新聞の記事だったとのことである。 報告書案によると、年金だけが収入の無職高齢夫婦(夫65歳以上、妻60歳以上)だと、家計収支は平均で月約5万円の赤字。蓄えを取り崩しながら20…

引用元の詳しい内容はこちら

“老後2000万円” 報告書まとめた担当局長退任へ 金融庁 | NHKニュース

金融庁の幹部人事が発表され、老後の資産形成に関して「およそ2000万円が必要になる」などとした審議会の報告書を取りまとめた担当局長が退任することになりました。局長クラスは、定年を延長して引き続き務めるケースもあるということですが、今回は定年を理由に退任するということです。 三井局長は「老後に2000万円が…

引用元の詳しい内容はこちら