カテゴリー別アーカイブ: 経済

レオパレス21、急反発のかげであからさまな風説の流布が発生 : 市況かぶ全力2階建

レオパレスがサワガニ上げ来てるね。サワガニは好材料だって常識なのに。 — 無職宮(野生の皇族) (@musyokunomiya) 2019年2月19日 難民問題で揉めるレオパレス21、また新たなレオパレス伝説が加わる(2018/02/19) レオパレスが建築基準法違反の建物を是正するために入居者に「住み替え」のお願いをしているらしいけど…

引用元の詳しい内容はこちら

レオパレス21、急反発のかげであからさまな風説の流布が発生 : 市況かぶ全力2階建

レオパレスがサワガニ上げ来てるね。サワガニは好材料だって常識なのに。 — 無職宮(野生の皇族) (@musyokunomiya) 2019年2月19日 難民問題で揉めるレオパレス21、また新たなレオパレス伝説が加わる(2018/02/19) レオパレスが建築基準法違反の建物を是正するために入居者に「住み替え」のお願いをしているらしいけど…

引用元の詳しい内容はこちら

日銀、円高進行なら追加緩和も 衆院財務金融委で黒田総裁 | 共同通信

日銀の黒田東彦総裁は19日、衆院財務金融委員会で、円高進行により経済や物価に影響が及んだ場合「物価安定目標の達成のために必要になれば、追加緩和も検討していくことになると思う」と述べた。国民民主党の前原誠司元外相への答弁。 段階的な利上げを実施してきたFRBは、経済情勢が悪化すれば利下げにも動ける中立的…

引用元の詳しい内容はこちら

バブル崩壊後の日本がマシに見える中国のこれから 政治体制はそのまま、悲惨なディストピア時代へ(1/4) | JBpress(日本ビジネスプレス)

中国・新疆ウイグル自治区カシュガルで、夜市を巡回する警察官(2017年6月25日撮影、資料写真)。(c)JOHANNES EISELE / AFP〔AFPBB News〕 崩壊すると言われながら長い間崩壊しなかった中国経済がついに崩壊し始めた。一時は、「中国崩壊説の崩壊」などと揶揄されていたが、やはり不自然なことはどこかで限界に突き当た…

引用元の詳しい内容はこちら

インタビュー:脱デフレへ財政・金融協調を、増税撤回は不可欠=岩田前日銀副総裁 | ロイター

[東京 18日 ロイター] – 岩田規久男・前日銀副総裁は、ロイターとのインタビューに応じ、デフレ脱却には、10月に予定されている消費税率引き上げを撤回するとともに、国債発行を財源として若い世代に所得分配する財政拡大が不可欠と訴えた。財政と金融の協調によって財政資金を日銀がファイナンスし、お金が民間…

引用元の詳しい内容はこちら

また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ|日刊ゲンダイDIGITAL

「毎月勤労統計」の賃金偽装やGDPかさ上げなど、統計のインチキが相次いでいるが、まだまだ怪しい統計があった。安倍政権になって急増した「貯蓄ゼロ世帯」が、なぜか昨年、大幅に改善しているのだ。もちろんアベノミクスの成果ではない。本紙の取材でそのカラクリが明らかになった。 「金融広報中央委員会」(事務局…

引用元の詳しい内容はこちら

10-12月期GDP1次・2018年間はマイナス成長を記録 – 経済を良くするって、どうすれば

バレンタインデーに公表された10-12月期GDP成長率は、実質年率で+1.3%だった。前期の災害に伴う急落からのV字回復が期待されたが、半返しにとどまり、見た目とは違って、かなり重大な局面に至っている。実際、2018暦年の実質GDPは、前年10-12月期と比べ、わずかながらマイナスとなり、この1年間、まったく成長していない…

引用元の詳しい内容はこちら

日本の光通信速度、23位に転落 5Gの足かせに  :日本経済新聞

日本の通信環境が悪化している。日本経済新聞が各国の光回線など高速固定通信の速度を調べたところ、経済協力開発機構(OECD)加盟36カ国中、日本は2015年の7位から18年は23位に転落したことが分かった。大容量動画の普及に設備増強が追いつかず、夜は東南アジア主要国より遅い。次世代通信規格「5G」が始まれば、光回線…

引用元の詳しい内容はこちら

大塚家具どうにか倒産回避、約74億円の株券印刷で数年延命へ : 市況かぶ全力2階建

久美子 ヤマダ電機と「業務提携」すっけど「資本提携」は中国 — むつら (@mu2la) 2019年2月15日 2019/02/15 09:25 大塚家具 業務提携に関する基本合意のお知らせ https://www.idc-otsuka.jp/company/ir/ir.html 2019/02/15 09:25 大塚家具 第三者割当による新株式及び新株予約権の発行、業務・資本提携契約の締結並びに…

引用元の詳しい内容はこちら

レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り(毎日新聞) – Yahoo!ニュース

賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)の物件で施工不良が見つかった問題で、金融庁は物件所有者(オーナー)向けの融資が焦げ付く可能性がどの程度あるのかを把握するため、各金融機関を一斉調査する方針を固めた。レオパレスは補修工事費用や募集保留期間中の空室賃料を補償するとしているが、募集を再開…

引用元の詳しい内容はこちら