カテゴリー別アーカイブ: 経営

「オマエの家族皆殺し」スルガ銀、上司による壮絶な恫喝:朝日新聞デジタル

スルガ銀行(静岡県沼津市)のシェアハウスなど不動産投資向け融資で資料改ざんなどの不正が横行し、役員や支店長、多くの行員が関与したことが第三者委員会の調査で明らかになった。高収益の裏で無理なノルマが課され、不正が蔓延(まんえん)していた。創業家出身の岡野光喜会長(73)らは退任し、有国三知男取締役…

引用元の詳しい内容はこちら

調査報告書 (公表版) 2018 年 9 月 7 日 スルガ銀行株式会社 第三者委員会 2018 年 9 月 7 日 スルガ銀行株式会社 御中 スルガ銀行株式会社 第三者委員会 委員長 中 村 直 人 委 員 仁 科 秀 隆

引用元の詳しい内容はこちら

071300014

慶応義塾大学と連携した地域おこし研究所の発足など、鹿児島相互信用金庫は超地域密着・超顧客密着を掲げ、地元に根差した経営を続けてきたと思っています。預積み金残高も九州の信金でトップクラスで、低金利にあえぐ地方の信金も多い中、まずまずの業績を上げてきました。
行政からもこうした経営体制に激励の声を頂い…

引用元の詳しい内容はこちら

社員の「やる気偏差値」を算出 投資家などに提供 | NHKニュース

社員の「やる気」を指標化し、投資家などに公表しようという取り組みを東京の経営コンサルティング会社が始めました。
それによりますと「やる気」の指標化は、社員に会社の組織風土や制度、職場環境などおよそ130の質問をし、「満足度」と「期待度」を5段階で評価してもらい、結果を偏差値として算出します。
「満足度…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀行の「ザルぶり」、不動産業界では周知の事実だった | DOL特別レポート | ダイヤモンド・オンライン

DOL特別レポート
内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。
バックナンバー一覧
「提携企業、物件担保評価、投資家の与信。スルガ銀行は、どれもザルだった。『三ザル』ですよ。スルガの乱脈融資で不動産投資のマーケットは荒れて…

引用元の詳しい内容はこちら

スティーブン・ローチの見たQEの5つの教訓 – himaginaryの日記

AEIセミナーでの昨日紹介したケビン・ウォーシュ(Kevin Warsh)の講演の後には、元モルスタアジア会長で現イェール大・シニアフェローのスティーブン・ローチが登壇している。ローチもウォーシュと同様、QEにやや懐疑的な立場を示しており*1、以下の5つの論点を挙げている。
QEの効果
QE1は、雇用の最大化と物価の安定…

引用元の詳しい内容はこちら

中国のシェア自転車はなぜ失速したのか~投資偏重「中国的経営」の限界

次世代中国 一歩先の大市場を読む
中国のシェア自転車はなぜ失速したのか
~投資偏重「中国的経営」の限界
2018年08月30日
利益をあげる方法は後で考える
中国で一世を風靡し、日本をはじめ世界各国にも展開されている中国のシェア自転車が急速に輝きを失っている。事実上、どこからでも乗れ、乗り捨て自在の圧倒的な便…

引用元の詳しい内容はこちら

海外投資ファンドは、本当にハゲタカなのか?面接を受けてみたら…

ハフポスト日本版の読者の皆様、はじめまして。時国司(ときくに・つかさ)と申します。
ハフポストへの寄稿のお話をいただき、とても光栄で、嬉しく思っています。せっかく貴重な機会を頂いたので、是非読んで下さった方に有益な情報や視点をご提供していきたいと思います。
主な内容としては、世界の金融センターであ…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀行、不適切融資へなぜ暴走? 3つのポイント  :日本経済新聞

シェアハウス投資に絡んだスルガ銀行の不正融資をめぐり、第三者委員会の調査概要が分かりました。同委は8月末にも詳しい中身を公表する方針です。シェアハウスにとどまらず、アパートやマンションといった投資用不動産融資で審査資料の改ざんなどの不適切な行為がまん延していました。
(1)過剰なノルマで職員を駆り…

引用元の詳しい内容はこちら

スルガ銀行、不適切融資へなぜ暴走? 3つのポイント  :日本経済新聞

シェアハウス投資に絡んだスルガ銀行の不正融資をめぐり、第三者委員会の調査概要が分かりました。同委は8月末にも詳しい中身を公表する方針です。シェアハウスにとどまらず、アパートやマンションといった投資用不動産融資で審査資料の改ざんなどの不適切な行為がまん延していました。
(1)過剰なノルマで職員を駆り…

引用元の詳しい内容はこちら